映画「ダンケルク」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信は

映画「ダンケルク」吹き替えフル動画 洋画

「ダークナイト」「TENET テネット」のクリストファー・ノーラン監督による第二次世界大戦時のダンケルク撤退作戦を描く大作映画「ダンケルク」

映画「ダンケルク」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービス

映画「ダンケルク」吹き替えフル動画は、U-NEXT、TELASA、music.jpは無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で20万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT(吹替版/字幕版)

U-NEXTの詳細はこちら

TELASA(吹替版)

TELASAの詳細はこちら

music.jp(吹替版/字幕版)

映画「ダンケルク」吹き替えフル動画を無料で見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る20万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で70誌以上の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して人気コミックなど32万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「ダンケルク」吹き替えフル動画以外にも数多くのコンテンツを無料で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ上部の検索窓に「ダンケルク」と入力して検索すれば、作品の個別ページから「ダンケルク」を見ることができますよ。
吹き替え版/字幕版は再生時に切り替えることができます。

本ページの情報は2020年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

過去に一度、U-NEXTの無料お試しを利用したことがある方は

過去に一度、U-NEXTの無料お試しを利用したことがあると、残念ながら無料お試しをもう一度利用することはできません。
再登録をしても600円分のポイントはもらえませんし、1ヵ月利用した後でないと1,200円分のポイントはもらえません。

それでは、映画「ダンケルク」吹き替えフル動画を無料で見る方法はないのかというと、実はあります。
music.jpには30日間の無料お試し期間があり、お試し登録時に1,600ポイントがもらえるのです。

music.jpは映画のほかに音楽や電子コミックなども楽しめますし、30日以内に解約すれば料金は発生しませんので、映画「ダンケルク」吹き替えフル動画を無料で見たいという方はお試ししてみてはいかがでしょうか。

music.jp

映画「ダンケルク」の作品情報、トリビア、あらすじ

映画「ダンケルク」は「ダークナイト トリロジー」「インセプション」のクリストファー・ノーランが脚本・製作・監督を務めた作品です。
2017年に劇場公開されました。

主人公の兵士・トミーをオーディションで選ばれた新人であるフィン・ホワイトヘッドが演じるほか、同じく兵士役として”ワン・ダイレクション”のハリー・スタイルズが出演しています。

そのほか、「TENET テネット」のケネス・ブラナー、「ダークナイト トリロジー」のキリアン・マーフィー、「ダークナイト・ライジング」のトム・ハーディー、そして、声の出演としてノーラン監督作品の常連俳優であるマイケル・ケインなどが出演しています。

ノーラン監督は、本作ではストーリー以上に映像にこだわりを見せたといいます。
そのせいかもしれませんが、上映時間が120分以上であることが多いノーラン監督作品の中にあって、本作は106分と1番の短さとなっています。

ノーラン監督は本作について「戦争映画ではなく、兵士たちのサバイバルを描いたサスペンス映画」と語っています。

本作では海岸で救出を待つ兵士たちの過ごす”1週間”、兵士たちの救出のためにイギリスからフランスに向かう船の上での”1日”、そして、救出作戦を支援する戦闘機パイロットの”1時間”という、異なる時間の流れが並行して進み、物語の最後で一つになるという構成となっています。

本作には敵であるドイツ兵の姿が出てきませんが、これはダンケルクで救出を待つ兵士にとっては、航空機による攻撃、そして、船への潜水艦からの攻撃が主な危機だったからで、また、観客に周りの状況がよくわからないまま危機にさらされる戦場の兵士と同じ体験をさせようという狙いもあったといわれています。

ノーラン監督作品はBGMのボリュームが大きいことが特徴となっていますが本作も同様で、銃声や爆発音などが観客に戦場にいるかのような臨場感を感じさせます。

本作で描かれているダンケルク撤退作戦である”ダイナモ作戦”は、最終的には338,226人もの兵士をイギリスに連れ帰ることに成功しました。

これは、ヒトラーの命令によりドイツ軍の攻撃が休止した、作戦時にダンケルク周辺の海に霧がかかることが多くドイツ軍の航空機の攻撃の妨げとなった、通常は荒れることが多いドーバー海峡が作戦時は穏やかで小型船が航行できた、などの好条件が重なったためといわれています。

また、撤退作戦の前、周辺の海域にはドイツ軍が敷設した機雷がありましたが、作戦直前に新技術によって機雷を無効化することに成功しています。

撤退作戦を支援し自分が乗る機体の燃料が少ないにもかかわらず任務を続けたパイロットは、実際に同じように行動した実在の人物をモデルにしています。
その人物はドイツ兵から逃れて自力でイギリスに帰還したそうです。

兵士の救出に協力した遊覧船の船長であるミスター・ドーソンにも同じような経験をした実在の人物のモデルがいます。

映画「ダンケルク」のあらすじ

1940年5月、航空機や機甲部隊を活用する”電撃戦”でベルギー・オランダを占領したドイツ軍はフランスへ侵入。

イギリスは19万人を超える大兵力をフランスに派遣していたが、動きの早いドイツ軍に包囲され海岸に追いつめられてしまう。

そんななか、イギリス軍のトミー二等兵はフランス・ダンケルクの街でドイツ軍に銃撃されて仲間や武器を失いただひとり海岸にたどり着く。
海岸では多数のイギリス兵が撤退のため船に乗る順番を待っていた。
近くの列に並ぶトミーだったが、部隊が違うという理由で列から出されてしまう。

あてもなく海岸をさまよっていたトミーは、亡くなった仲間を砂浜に埋めている兵士と出会う。
ギブソンという名前らしいその兵士から水をもらったトミーは、彼と共に行動することにする。

負傷兵が優先的に船に乗れることを知ったふたりは、放置されていた負傷兵を担架に乗せて船に乗り込もうとする。
乗船待ちの兵士の列をかき分けてようやく船に乗り込むふたりだったが、負傷者でないふたりは乗せられないと言われ、船から降ろされてしまう。

そこでふたりは、桟橋の柱に隠れて船に乗り込むチャンスをうかがう。
だが、ドイツ軍の航空機が飛来して船を爆撃。
爆弾が命中した船は沈み、多くの兵士が海に投げ出される。

トミーとギブソンはアレックスという兵士を助け、その後、3人はようやく船に乗り込むことに成功する。

しかし、ホッとしたのも束の間、3人が乗った船はドイツ軍潜水艦の攻撃を受けて沈没。
命からがら脱出した3人は再びダンケルクの海岸に逆戻りすることになる。

イギリスでは遊覧船の船長であるドーソンが、息子のピーターと共に兵士救出のためダンケルクに向かうべく出航の準備をしていた。

そこへピーターの友人のジョージがやってきて、一緒に連れて行ってくれるようドーソンに頼む。
ドーソンは断るが、ジョージの熱意に負けて連れて行くことにする。

ドーソンたちはダンケルクに向かう途中で、乗っていた船を沈められたイギリス軍の軍人を助ける。
軍人は取り乱しており、ドーソンたちがダンケルクに向かうと知ると、「引き返せ」と言って暴れ出す。
その際にもみ合いとなり、ジョージが突き飛ばされて頭を強打する。

ピーターはジョージが危険な状態だと父に伝えるが、ドーソンは引き返すことなくダンケルクに向かう。

ダンケルク付近の空中では、ファリア、コリンズたちが操縦する英国空軍のスピットファイア戦闘機がイギリスの船を狙うドイツ軍機との空中戦を繰り広げていた。
やがて被弾したコリンズの機は墜落。

コリンズは海上に機を着水させるが、コクピットのキャノピーが開かずに溺れそうになる。
そこにたまたまドーソンの船が通りかかり、ピーターがキャノピーを叩き割ってコリンズを救い出す。

一方、トミーたちは座礁した商船を見つけたという兵士たちに出会う。
トミーたちは彼らと共に商船に乗り込み満潮を待ってダンケルクを脱出しようとするが、ドイツ軍の攻撃を受け・・・。

映画「ダンケルク」のスタッフ

監督:クリストファー・ノーラン
製作:エマ・トーマス、クリストファー・ノーラン
製作総指揮:ジェイク・マイヤーズ
脚本:クリストファー・ノーラン
撮影:ホイテ・ヴァン・ホイテマ
プロダクションデザイン:ネイサン・クロウリー
衣装デザイン:ジェフリー・カーランド
編集:リー・スミス
音楽:ハンス・ジマー

映画「ダンケルク」のキャスト※()内は日本語吹替版キャスト

トミー:フィオン・ホワイトヘッド(小野賢章)
ピーター:トム・グリン=カーニー(布施川一寛)
コリンズ:ジャック・ロウデン(近藤隆)
アレックス:ハリー・スタイルズ(増田俊樹)
ギブソン:アナイリン・バーナード
ウィナント大佐:ジェームズ・ダーシー(山岸治雄)
ジョージ:バリー・キオガン(新祐樹)
ボルトン中佐:ケネス・ブラナー(谷昌樹)
謎の英国兵:キリアン・マーフィ(内田夕夜)
ミスター・ドーソン:マーク・ライランス(原康義)
ファリアー:トム・ハーディ(宮内敦士)
マイケル・フォックス
ジョン・ノーラン
隊長の声:マイケル・ケイン(クレジットなし)

映画「ダンケルク」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
pandora ×
YouTube ×

調査した時点では映画「ダンケルク」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

今後アップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいなどの理由からです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「ダンケルク」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「ダンケルク」の関連作品

監督:クリストファー・ノーランのその他の作品

バットマン ビギンズ (2005)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル、リーアム・ニーソン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン、渡辺謙他
アメコミを代表する人気キャラである「バットマン」をクリストファー・ノーランの監督により映画化した「ダークナイト・トリロジー」の第1作。
幼い頃、犯罪者によって目の前で両親の命を奪われたブルース・ウェイン。
成長した彼はヒマラヤに本部を持つ秘密組織で心身を鍛え、犯罪者と対決するため故郷のゴッサムシティに戻り・・・。

ダークナイト (2008)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン他
「ダークナイト・トリロジー」の第2作。
バットマンに姿を変え、ゴッサムシティを犯罪者から守るブルース・ウェイン。
だが、ジョーカーと名乗る狂気の犯罪者が出現してゴッサムシティを混乱の渦に巻き込み・・・。

インセプション (2010)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、マリオン・コティヤール、マイケル・ケイン他
他人の夢に入り込みアイディアを盗み出す産業スパイのコブ。
彼は標的であったサイトーから、ライバル企業の後継者の心に、ある考えを植え付けるという危険な仕事を依頼されるが・・・。

ダークナイト ライジング (2012)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ケイン、アン・ハサ
「ダークナイト・トリロジー」第3作にして完結編。
ハービー・デント地方検事が命を落とした罪を背負い、ゴッサムシティから消えたバットマン。
だが、最凶のテロリスト・ベインの出現により、ブルース・ウェインは再びバットスーツをまとって戦うことに・・・。

TENET テネット (2020)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:ジョン・デヴィッド・ワシントン、ロバート・パティンソン、エリザベス・デビッキ、ケネス・ブラナー他
スパイである”名もなき男”に与えられたミッション。
それは、未来から送り込まれた武器の謎を解き、人類を滅亡から救うというものだった。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
映画「ダンケルク」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービスを調べてみたところ、U-NEXT、TELASA、music.jpという結果になりました。

なかでもU-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
お試しして1ヵ月以内に解約すれば無料ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました