映画「DEATH NOTE デスノート」2006年版フル動画を見れる動画配信は

映画「DEATH NOTE デスノート」2006年版フル動画 邦画

週刊少年ジャンプに連載された大場つぐみ原作・小畑健作画の大人気少年漫画、「DEATH NOTE」の実写映画版。
死神がわざと人間界に落とした人の命を奪う力を持つ”デスノート”を手に入れた天才大学生・夜神月が、その力に取りつかれていく様を描いたダークファンタジー作品です。

映画「DEATH NOTE デスノート」2006年版フル動画を見れる動画配信サービス

映画「DEATH NOTE デスノート」2006年版フル動画を見るのにU-NEXT、Hulu、dTVなら見放題作品となっていますので、月額料金以外の料金はかかりません。

ビデオパスは無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

なかでもU-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で14万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

Hulu

Huluの詳細はこちら

dTV

dTVの詳細はこちら

ビデオパス

TELASAの詳細はこちら

映画「DEATH NOTE デスノート」2006年版フル動画を見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る14万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイントを使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で70誌以上の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して人気コミックなど32万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「DEATH NOTE デスノート」2006年版フル動画以外にも数多くのコンテンツを無料で楽しむことができますよ。

U-NEXTの詳細はこちら

映画「DEATH NOTE デスノート」2006年版のあらすじ、スタッフ・キャスト

週刊少年ジャンプにて、3年間連載されていた大人気作品を映像化したものです。
本作と、後編として公開された「DEATH NOTE デスノート the Last name」の2作で完結となっています。

本作では、夜神月が正義の名のもとに数々の命を奪い、犯人を追う天才探偵Lとの攻防戦を繰り広げていく展開となります。
原作とは少し異なる部分も含みながらも、藤原竜也や松山ケンイチをはじめ、豪華俳優陣がマンガ「DEATH NOTE」の世界観を忠実に演じてくれているので、原作ファンも納得の仕上がりになっています。

もちろん、原作を読んだことがなくても楽しめる作品になっているので、映画を見てから改めてマンガを読んでみる、というのもおすすめです。

映画「DEATH NOTE デスノート」2006年版のあらすじ

死神リュークが、退屈しのぎに人間界にわざと落とした1冊のノート。
デスノートと呼ばれるそのノートは、そこに名前を書かれた者は命を失う、という恐ろしいものでした。

それを偶然にも発見して手にした大学生・夜神月(やがみらいと)は、半信半疑でテレビに映っていた指名手配犯の名前を書き込みます。
すると、翌朝、新聞でその犯人が心臓発作で死んだことを知り驚きます。

月は、このノートの力を使って、法では裁くことができない極悪人たちを、自分の手で始末していこうと考えます。

デスノートのルールは以下の通り。

①対象となる人物の顔を思い浮かべながら名前を書くと、その人間は命を失う(同姓同名は生きている)
②名前を書いて40秒以内に原因を書くとその通りに命を失う
③原因を書かない場合は、名前を書かれて40秒後に心臓発作で命を失う
④原因を書いた場合には、6分40秒、詳しい状況を書く時間が与えられる

月は、このノートと、持ち前の頭脳を活かして、次々と犯罪者を葬り去っていきます。
やがて、犯罪者が続々と心臓発作でこの世から消えていくことに気づいた人々は、ある人物が犯罪者を消してくれているとしてその謎の人物を「キラ」と呼び崇めるようになります。

月はノートの力に満足していましたが、ある日、ノートを拾った場所に行ってみると、そこには恐ろしい化け物が立っていました。

その化け物は死神「リューク」と名乗り、「人間にそのノートを与えるとどうなるのか興味があるから与えただけだ、そのノートはお前の好きに使え」と言います。
リュークの姿は、ノートに触ったことのある人間にしか見えないようで、月以外の人間にリュークのことは見えていないようでした。

その頃、犯罪者が続々と命を失うという謎の現象に、警察は混乱していました。
はじめは日本国内のみの出来事だったのですが、やがて海外の犯罪者にまでキラと思われる力は及んでいきます。

そこで、警察は、海外で数々の難事件を解決した探偵L(える)の力を借りることにします。
Lは初めて起きた事件が日本であることを知り、犯人は日本にいると特定、それを証明して見せると言います。

やがてLを中心としたキラ捜査本部が設けられることになります。
本部長は月の父親である夜神総一郎です。
総一郎は、我が子がキラであるとは夢にも思わず、キラの逮捕の全力を上げることになります。

その日の夜、Lの指導で、とある番組が放送されます。
それは、全世界同時放送と大々的に謳われ、Lの替え玉としてその日に極刑が執行される予定であった外国人が登場し、キラに宣戦布告をするという内容でした。

その放送を見ていた月は、怒りに任せてデスノートにそのテレビに映し出されていた名前を書き込みます。
やがて、その外国人はデスノートによって命を奪われることになるのですが、その放送は実は日本で限定的に放送されているもので、もちろん替え玉なのでLも命を失うことはありませんでした。

月はLに騙され、自分が日本にいること、名前と顔が分かれば殺せてしまうことを悟られてしまったのです。
Lはテレビに音声のみで登場し、「キラ、お前を死刑台に送ってやる」と挑発します。

しかし、月は音声のみ分かったところでLの命を奪うことはできません。
月は悔しがりながら、「僕が正義だ!」と呟きます。
リュークは、「この勝負見届けるぜ」と楽しそうに笑うのでした。

Lに危険を感じた月は、捜査本部長である父・総一郎に、捜査に協力させてほしいと訴えますが、総一郎は危険だとしてそれを拒否します。
すると月は、父親のパソコンに侵入し、Lの捜査状況等を盗み見るようになります。

そしてLが、殺人が起きている時間帯からキラは大学生であることを突き止めていることを把握します。
すると、月はデスノートを学校に持ち込み、犯罪者を葬る時間をバラバラにするようになります。

途端に事件が起きる時間がバラバラになったことで、Lは捜査本部の情報がキラに漏れていることを察します。
そこで、捜査本部とその家族に、極秘でFBIによる尾行をつけるようになります。

月は尾行に気づき、自分の部屋にまでカメラや盗聴器を仕掛けられている状況に苦戦しますが、死角を利用し、なんとかカメラで観られないようにして犯罪者の名前をノートに書き込むことに成功します。

何度か疑いの目を向けられた月でしたが、一旦疑いが晴れて、自由の身となることができました。

しかし、未だに月に疑いを持っていた捜査員ナオミが、しつこく付きまとってきたために、月はデスノートでナオミの命を奪います。
そして、自分の恋人である詩織をも葬ってしまうのです。

こうして、自分を疑う邪魔者や恋人の命を奪った月は、キラによって恋人の命を奪われ復讐に燃える男として父親に捜査本部に参加させてほしいと直訴し、晴れてLと初対面を果たすのでした。

一方その頃、人気アイドル・ミサは、ストーカー被害に悩まされていました。
ある日、ストーカーに「一緒に死のう」と追い詰められたとき、突然相手が心臓発作で倒れます。
驚いているミサの前に黒いノートが落ちるところで本作は終わります。

映画「DEATH NOTE デスノート」2006年版のスタッフ

監督:金子修介
企画:高橋雅奈、佐藤敦
製作指揮:高田真治
エグゼクティブプロデューサー:奥田誠治
プロデューサー:佐藤貴博、福田豊治、小橋孝裕
原作:大場つぐみ『DEATH NOTE』(集英社刊『週刊少年ジャンプ』連載)、小畑健(作画)
脚本:大石哲也
撮影:高瀬比呂志
美術:及川一
編集:矢船陽介
音楽:川井憲次
照明:渡邊孝一
録音:岩倉雅之

映画「DEATH NOTE デスノート」2006年版のキャスト

夜神月:藤原竜也
L/竜崎:松山ケンイチ
南空ナオミ:瀬戸朝香
秋野詩織:香椎由宇
FBI捜査官レイ:細川茂樹
弥海砂:戸田恵梨香
夜神粧裕:満島ひかり
夜神幸子:五大路子
佐伯警察庁長官:津川雅彦
ワタリ:藤村俊二
夜神総一郎:鹿賀丈史
(声の出演)
リューク:中村獅童

映画「DEATH NOTE デスノート」2006年版フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
pandora ×
YouTube ×

調査した時点では映画「DEATH NOTE デスノート」2006年版フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

今後アップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいなどの理由からです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「DEATH NOTE デスノート」2006年版フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「DEATH NOTE デスノート」2006年版の関連作品

監督:金子修介のその他の作品

DEATH NOTE デスノート the Last name (2006)
出演:藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香他
本作の後編として公開された作品です。
キャストはそのままで、キラとLの対決とその結末が描かれています。
こちらも、原作とは若干異なるストーリー展開となっています。

スキャナー 記憶のカケラをよむ男 (2015)
出演:野村萬斎、宮迫博之、安田章大他
物や場所に残る人の記憶や感情を読み取る超能力を持つ元お笑い芸人・仙石和彦は、女子高生から彼女が慕う失踪したピアノ教師の捜索を依頼され…。

出演:藤原竜也のその他の作品

ルパン三世 THE FIRST (2019)
監督:山崎貴
声の出演:栗田貫一、小林清志、浪川大輔、沢城みゆき、山寺宏一、藤原竜也他
「ルパン三世」初の3DCGアニメによる劇場版。
アルセーヌ・ルパンですら盗めなかった秘宝ブレッソン・ダイアリーを狙って争う秘密組織とルパンたちの姿を描く。

カイジ ファイナルゲーム (2019)
監督:佐藤東弥
出演:藤原竜也、福士蒼汰、関水渚他
東京オリンピック終了後に大不況に見舞われてしまった日本。
相変わらず金欠にあえいでいる伊藤カイジは、高額な賞金が用意されているという”若者救済ゲーム”に参加することになり…。

出演:松山ケンイチのその他の作品

聖☆おにいさん 第II紀 (2019)
監督:福田雄一
出演:松山ケンイチ、染谷将太、山田裕貴
中村光の人気マンガを原作とする作品。
バカンスのため地上に降臨し、東京・立川のアパートで普通の生活を楽しむイエスとブッダの姿を描く。

宮本から君へ (2019)
監督:真利子哲也
出演:池松壮亮、蒼井優、井浦新、松山ケンイチ他
新井英樹の人気マンガを原作とする作品。
文具メーカーの営業部員・宮本浩は失敗を重ねながら、なんとか仕事をこなせるようになる。
ある日、宮本は先輩の紹介で中野靖子と出会って付き合うようになり…。

タイトルとURLをコピーしました