映画「ハンターキラー 潜航せよ」吹き替えフル動画は無料で見れる?声優は?Dailymotionで見れる?

映画「ハンターキラー 潜航せよ」吹き替えフル動画 洋画

「ハンターキラー潜航せよ」は2018年公開のアメリカ映画。
原作はドン・キースとジョージ・ウォレスによる2012年発表の同名小説である。
監督は「裏切りの獣たち」のドノヴァン・マーシュ、製作には「ワイルド・スピード」シリーズのニール・H・モリッツが関わっている。

映画「ハンターキラー 潜航せよ」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービス

映画「ハンターキラー 潜航せよ」吹き替えフル動画は、U-NEXT、Hulu、dTV、Amazonプライムビデオは見放題なので、無料お試し期間に追加でレンタル料金を支払わなくても何度でも見ることができます。

TELASA、music.jpは無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で22万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT(吹替版/字幕版)

U-NEXTの詳細はこちら

Hulu(吹替版/字幕版)

Huluの詳細はこちら

dTV(吹替版/字幕版)

dTVの詳細はこちら

Amazonプライムビデオ(吹替版/字幕版)

Amazonプライムビデオの詳細はこちら

TELASA(吹替版/字幕版)

TELASAの詳細はこちら

music.jp(吹替版/字幕版)

映画「ハンターキラー 潜航せよ」吹き替えフル動画を無料で見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る22万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で149誌以上の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して人気コミックなど32万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「ハンターキラー 潜航せよ」吹き替えフル動画以外にも数多くのコンテンツを無料で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ下部の検索アイコンをタップすると移動する検索ページで「ハンターキラー 潜航せよ」と入力して検索すれば、作品の個別ページから「ハンターキラー 潜航せよ」を見ることができますよ。
吹き替え版/字幕版は再生時に切り替えることができます。

本ページの情報は2022年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

映画「ハンターキラー 潜航せよ」の作品情報・あらすじ

この映画はドン・キースと米海軍潜水艦の元艦長ジョージ・ウォレスが2012年に発表した「Final Bearing・The Hunter Killer Series」の第1巻を原作としており、シリーズは全6巻。
日本でも同タイトルでハヤカワ文庫からシリーズ6作が刊行されている。

「ジオストーム」「ザ・アウトロー」のジェラルド・バトラーが主演を務め、共演者には「ウィンストン・チャーチルヒトラーから世界を救った男」でアカデミー賞を受賞したゲイリー・オールドマンや「グリーンブック」の リンダ・カーデリーニらが名を連ねている。

また、2017年肺がんによって亡くなったスウェーデン人俳優ミカエル・ニクヴィストの遺作となっている。

何者かに撃沈されて消息を絶った米海軍の潜水艦「タンパベイ」の捜索に乗り出すというミリタリー系のサスペンス作。

潜水艦という狭い空間を舞台とした作品のため陰鬱な雰囲気のアクションという評価もあるが、潜水艦の作戦行動をサスペンスフルに描いた骨太アクションである。
アメリカ軍の協力により船内なども忠実に再現されているためリアリティも抜群である。

映画「ハンターキラー 潜航せよ」のあらすじ

北極海のヨーロッパ側の一部であるロシア・バレンツ海において米海軍原子力潜水艦タンパベイが何者かに撃沈され消息を絶つ。

アメリカ国防総省ペンタゴンはこの情報を受けてタンパベイの捜索を決定し、その任務には元海軍のジョー・グラスが当たることになった。
こうして”ハンターキラー”という異名持つ攻撃型原潜USSアーカンソー号はロシア海域に向かった。

グラスたちは大破したタンパベイと船員たちの遺体を深海で発見する。
調査を続けていると別の海底では沈んでしまったロシア原潜コーニクを見つけた。
船体に開いた穴はタンパベイの攻撃によるものではなく、コーニクが内部から爆発したことを意味していた。

そのとき、USSアーカンソー号の存在に気づいたロシアの潜水艦が氷山の影から魚雷を撃ち始める。
経験豊富な艦長・グラスの指示で無事にその攻撃をかわし、返り討ちにする。

静けさを取り戻した海の中。
沈んでいる、コーニクから音がすることに気づいた乗員たちは船内を捜索し、3人のロシア人生存者を捕虜としてUSSアーカンソー号に乗せた。

ひとりはその原潜の艦長・アンドロポフであった。
不可解なことに、アンドロポフは自分たちの船がタンパベイからの攻撃で沈んだと信じている様子である。
米軍に対して強い敵対心を抱く彼らに、グラスは敬意をもって接した。

その頃、米国では国家安全保障局がロシア国内でクーデターが計画されているという情報を得ていた。
海軍の特殊部隊ネイビーシールズの隊長、ビル・ビーマンはホール、ジョンストーン、マルティネリらを率いて極秘に調査することを命じられた。

ロシアに潜入したビーマンらは国防大臣ドゥロフがザカリン大統領の部下の命を奪って大統領を捕虜にし、海軍基地を占拠する現場を目撃する。
アンドロポフの乗っていたコーニクを爆破したのも、ドゥロフの企てたクーデターの一環だったのである。

情報を受けたペンタゴンは、タカ派のドゥロフの目的はアメリカ・ロシア間での開戦であると考えた。
合衆国統合参謀本部議長のドネガンは、武力行使によるクーデター鎮圧を大統領に進言するが、それは大規模な戦争に発展する可能性も秘めたものである。
海軍少将フィスクは戦争回避の為にザカリン大統領を救出すること提案した。

作戦成功のためにはUSSアーカンソー号はロシア軍に見つからないようにロシア海域を潜航しなければならない。
極めて難しい任務だった。

グラスはロシア海域を熟知しているアンドロポフ艦長に協力を頼むがタンパベイの攻撃によりに撃沈したと信じているアンドロポフは非協力的な態度であった。
だが、船内の写真を見せられ、ドゥロフが仕掛けた爆弾による内部からの爆発があったことを理解すると、協力してくれることになった。

極度の緊張感の中、”ハンターキラー”USSアーカンソー号は機雷原や探知機をかい潜り、ロシアの海底を進んでいくのだが…。

映画「ハンターキラー 潜航せよ」のスタッフ

監督:ドノヴァン・マーシュ
製作:ニール・H・モリッツ、トビー・ジャッフェ、ジェラルド・バトラー、アラン・シーゲル、タッカー・トゥーリー、マーク・ギル、ジョン・トンプソン、マット・オトゥール、レス・ウェルドン
製作総指揮:アヴィ・ラーナー、トレヴァー・ショート、ボアズ・デヴィッドソン、ヤリフ・ラーナー、ダグラス・アーバンスキー、ラティ・グロブマン、クリスタ・キャンベル、アーン・L・シュミット、ライアン・カヴァナー、ケン・ハルスバンド、ケヴィン・キング、クリスティーン・オタール
原作:ジョージ・ウォーレス、ドン・キース『ハンターキラー 潜航せよ』(早川書房刊)
脚本:アーン・L・シュミット、ジェイミー・モス
撮影:トム・マライス
プロダクションデザイン:ジョン・ヘンソン
衣装デザイン:キャロライン・ハリス
編集:マイケル・J・ドゥーシー
音楽:トレヴァー・モリス

映画「ハンターキラー 潜航せよ」のキャスト※()内は日本語吹き替え版キャスト

ジョー・グラス艦長:ジェラルド・バトラー(小原雅人)
チャールズ・ドネガン統合参謀本部議長:ゲイリー・オールドマン(安原義人)
ジョン・フィスク海軍少将:コモン(俊藤光利)
ジェーン・ノーキスト:リンダ・カーデリーニ(長尾歩)
アンドロポフ艦長:ミカエル・ニクヴィスト(牛山茂)
ビル・ビーマン:トビー・スティーヴンス(長野伸二)

映画「ハンターキラー 潜航せよ」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
pandora ×
YouTube ×

調査した時点では映画「ハンターキラー 潜航せよ」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

今後アップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいといった状態であることが多いからです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「ハンターキラー 潜航せよ」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「ハンターキラー 潜航せよ」の関連作品

監督:ドノヴァン・マーシュのその他の作品

裏切りの獣たち (2013)
監督:ドノヴァン・マーシュ
出演:スドゥモ・ムチャーリ、プレスリー・チュエニヤハエ、イスラエル・マコエ、フルビー・ンボヤ他
南アフリカ製作のクライムアクション。
強盗事件に加担することになった潜入捜査官の運命を描く。

出演:ジェラルド・バトラーのその他の作品

300 <スリーハンドレッド> (2007)
監督:ザック・スナイダー
出演:ジェラルド・バトラー、レナ・ヘディ、デヴィッド・ウェンハム他

ヒックとドラゴン (2010)
監督:クリス・サンダース、ディーン・デュボア
声の出演:ジェイ・バルシェル、ジェラルド・バトラー、アメリカ・フェレーラ他

エンド・オブ・ホワイトハウス (2013)
監督:アントワーン・フークア
出演:ジェラルド・バトラー、アーロン・エッカート、モーガン・フリーマン他

ヒックとドラゴン2 (2014)
監督:ディーン・デュボア
声の出演:ジェイ・バルシェル、ケイト・ブランシェット、ジェラルド・バトラー、アメリカ・フェレーラ他

ジオストーム (2017)
監督:ディーン・デブリン
出演:ジェラルド・バトラー、ジム・スタージェス、アビー・コーニッシュ他
未曾有の危機に立ち向かう人々の姿を描いたパニックアクション大作。
「インデペンデンス・デイ」の製作・脚本を手がけたディーン・デブリンが監督として初めてメガホンを取った。

ザ・アウトロー (2018)
監督:クリスチャン・グーデガスト
出演:ジェラルド・バトラー、パブロ・シュレイバー、オシェア・ジャクソン・Jr、カーティス・“50セント”・ジャクソン他
犯罪が多発するロサンゼルスを舞台に、刑事と強盗団が繰り広げる激しい攻防を描いたアクションサスペンス。

ヒックとドラゴン 聖地への冒険 (2019)
監督:ディーン・デュボア
声の出演:ジェイ・バルシェル、アメリカ・フェレーラ、ケイト・ブランシェット、ジェラルド・バトラー、クリステン・ウィグ他

エンド・オブ・ステイツ (2019)
監督:リック・ローマン・ウォー
出演:ジェラルド・バトラー、モーガン・フリーマン、ジェイダ・ピンケット・スミス他

出演:ゲイリー・オールドマンのその他の作品

ハンニバル (2001)
監督:リドリー・スコット
出演:アンソニー・ホプキンス、ジュリアン・ムーア、ゲイリー・オールドマン他

バットマン ビギンズ (2005)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル、リーアム・ニーソン、マイケル・ケイン 、ゲイリー・オールドマン他

ダークナイト (2008)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン他

ダークナイト ライジング (2012)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ケイン、アン・ハサウェイ

ロボコップ (2014)
監督:ジョゼ・パヂーリャ
出演:ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン他
87年の大ヒット作「ロボコップ」のリブート作品。
ロボット企業・オムニコープによってサイボーグ警官として蘇らせられてしまった殉職警官・マーフィ。
だが、彼は次第に生前の記憶を取り戻して…。

出演:コモンのその他の作品

ウォンテッド (2008)
監督:ティムール・ベクマンベトフ
出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジェームズ・マカヴォイ、モーガン・フリーマン、コモン他

ターミネーター4 (2009)
監督:マックG
出演:クリスチャン・ベイル、サム・ワーシントン、アントン・イェルチン、コモン他

スーサイド・スクワッド (2016)
監督:デヴィッド・エアー
出演:ウィル・スミス、ジャレッド・レトー、マーゴット・ロビー、コモン他

ジョン・ウィック:チャプター2 (2017)
監督:チャド・スタエルスキ
出演:キアヌ・リーヴス、コモン、ローレンス・フィッシュバーン他
「ジョン・ウィック」シリーズ第2作。
ロシアンマフィアに復讐を果たしたジョン・ウィックだったが、イタリアン・マフィアの計略により賞金首となって殺し屋たちから狙われることとなり…。

出演:リンダ・カーデリーニのその他の作品

グリーンブック (2018)
監督:ピーター・ファレリー
出演:ヴィゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリ、リンダ・カーデリーニ他
実話を基にした作品。
1960年代、仕事を探していたイタリア系アメリカ人のトニー・リップは、黒人ジャズピアニストのドクター・シャーリーの運転手を務めることになり…。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
映画「ハンターキラー 潜航せよ」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービスを調べてみたところ、U-NEXT、Hulu、dTV、Amazonプライムビデオ、TELASA、music.jpという結果になりました。

なかでもU-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
お試しして1ヵ月以内に解約すれば無料ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

動画配信サービス選びに迷っているなら

タイトルとURLをコピーしました