映画「TENET テネット」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信は

映画「TENET テネット」吹き替えフル動画 洋画

「ダークナイト トリロジー」「インセプション」のクリストファー・ノーラン監督が贈る「時間」をテーマにした超大作スパイアクション映画「TENET テネット」

映画「TENET テネット」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービス

映画「TENET テネット」吹き替えフル動画は、U-NEXT、TELASA、music.jpなら無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で20万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

TELASA

TELASAの詳細はこちら

music.jp

映画「TENET テネット」吹き替えフル動画を見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る20万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で70誌以上の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して人気コミックなど32万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「TENET テネット」吹き替えフル動画以外にも数多くのコンテンツを無料で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ上部の検索窓に「TENET テネット」と入力して検索すれば、作品の個別ページから「TENET テネット」を見ることができますよ。
吹き替え版/字幕版は再生時に切り替えることができます。

本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

過去に一度、U-NEXTの無料お試しを利用したことがある方は

過去に一度、U-NEXTの無料お試しを利用したことがあると、残念ながら無料お試しをもう一度利用することはできません。
再登録をしても600円分のポイントはもらえませんし、1ヵ月利用した後でないと1,200円分のポイントはもらえません。

それでは、映画「TENET テネット」吹き替えフル動画を無料で見る方法はないのかというと、実はあります。
music.jpには30日間の無料お試し期間があり、お試し登録時に1,600ポイントがもらえるのです。

music.jpは映画のほかに音楽や電子コミックなども楽しめますし、30日以内に解約すれば料金は発生しませんので、映画「TENET テネット」吹き替えフル動画を無料で見たいという方はお試ししてみてはいかがでしょうか。

music.jp

映画「TENET テネット」のあらすじ、スタッフ・キャスト

映画「TENET テネット」は、クリストファー・ノーランの「ダンケルク」以来、3年ぶりの監督作となる作品です。
イギリスでは2020年8月に、アメリカ・日本では2020年9月に劇場公開されました。

デンゼル・ワシントンの息子であり、「ブラック・クランズマン」に主演したジョン・デヴィッド・ワシントンが主役である”名もなき男”を演じています。

そのほか「トワイライト」シリーズで人気となりバットマン新作映画である「ザ・バットマン」に主演するロバート・パティンソン、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」のエリザベス・デビッキ、「イエスタデイ」のヒメーシュ・パテル、ノーラン監督の「ダンケルク」にも出演しているケネス・ブラナー、そして、ノーラン監督作品の常連俳優であるマイケル・ケインなどが出演しています。

ノーラン監督は20年前にすでに本作の構想を得ていたといい、6、7年に渡って脚本のブラッシュアップを行ってきたそうです。

本作の製作費は約2億ドルといわれ、70ミリのフィルムを使用するIMAXカメラによって世界7カ国に渡って撮影が敢行されました。

CGに頼らない映画作りで知られるノーラン監督は、本作でも本物のジャンボジェットを使った爆破シーンや、全長8キロの高速道路を封鎖して撮影されたカーチェイスシーンなど、本物の迫力を感じられる映像を作り上げています。

本作にはノーラン監督の「インターステラー」に製作総指揮として参加した物理学者のキップ・ソーンが制作に加わっています。

「TENET」は「主義、信条、原則」という意味の言葉で、前から読んでも後ろから読んでも同じ言葉となります。

さらに「TENET」は、約1世紀中頃に発見されたラテン語の回文「SATOR式」と深い関連があります。
「SATOR AREPO TENET OPERA ROTAS(農夫のアレポ氏は馬鋤を曳いて仕事をする」という文章を上から1行に1語ずつ書くと、上下左右の中央に「TENET」という言葉が現れるのです。

さらにこの回文を構成する5つの言葉はすべて映画の中の物事に関連しています。
「SATOR」はケネス・ブラナー演じる本作の悪役の名前で、「AREPO」は”名もなき男”がセイターに近付く足がかりとする贋作の絵画の作者の名前、「OPERA」は映画冒頭のテロ事件がキエフのオペラハウスで発生していて、「ROTAS」はセイターの所有する会社の名前となっています。

撮影現場で”名もなき男”を呼ぶときに、ノーラン監督は「ジョン・デヴィッド」と俳優の名前で呼んでいたそうです。
ちなみにジョン・デヴィッド・ワシントン自身も、「作品の詳細についてはまだ完全に理解できていない」と語っているそうです。

真偽のほどはわかりませんが、ロバート・パティンソン演じる”名もなき男”の相棒であるニールの正体は、エリザベス・デビッキ演じるキャットと深いつながりがある、という説があります。

映画「TENET テネット」のあらすじ

満席の観客が開演を待つウクライナのキエフ国立オペラ劇場。
ステージに踏み込んできた男はいきなり銃を撃って指揮者の命を奪う。

劇場内はパニックとなるが、まるで事件を予期していたかのように速やかに特殊部隊が到着し、テロの鎮圧を開始する。

劇場になだれ込む特殊部隊にまぎれて、ふたりの男が劇場の中に侵入。
男たちは劇場の中にいた仲間から荷物を受け取る。

そこでふたりは任務完了のはずだったが、ふたりのうちのひとりの男は、罪のない観客がテロ鎮圧作戦の巻き添えで命を落とすことを防ごうと劇場内に戻る。

時限爆弾を止めていた男は、特殊部隊の隊員からその行動をとがめられ撃たれそうになるが、その瞬間、突然現れた謎の男が特殊部隊隊員を撃って窮地を救う。
その時、助けられた男は銃痕から銃弾が銃に戻っていく不思議な現象を目撃する。

待機していた車に戻り劇場を後にしたふたりだったが、車を運転していたのはテログループの一味だった。

捕らえられたふたりは拷問を受け、任務の内容について明かすように迫られる。
ふたりのうちひとりは口を割るが、テログループによって命を奪われる。

オペラ劇場で観客を救おうとした”名もなき男”はかたくなに口を割ることを拒む。
ふと、相棒の手に自決用のカプセルがあるのを目にした”名もなき男”は、椅子に縛られたまま相棒のそばに倒れ込み、カプセルをくわえ取って飲み込むのだった。

目覚めた”名もなき男”は航行する船の上にいた。
“名もなき男”はフェイという男から、テストに合格したので新しい任務に就くように言われる。
フェイは任務のキーワードは「TENET」という言葉だと言い、また、人類を滅亡から救う任務だと教える。

交代する海上風力発電所の作業員にまぎれて陸に上がった”名もなき男”は、港に用意されていた車のナビに従って運転し、とある建物に着く。

そこで”名もなき男”を待っていたのは女性科学者のバーバラだった。
バーバラは拳銃の弾丸がテーブルの上から手の中に飛び上がる不思議な現象を”名もなき男”に見せる。

“名もなき男”がその銃弾を拳銃に装填して撃つと、撃ったはずの標的から弾丸が拳銃に戻ってくるのだった。
バーバラによれば、その弾丸は未来から送り込まれてきたものだという。

その弾丸の材質からインドの武器商人であるサンジェイ・シンが情報を持っていると考えた”名もなき男”はインドに飛ぶ。
インドで任務のサポート役であるニールと会い、共にサンジェイ・シンの屋敷に忍び込む”名もなき男”。

そこで、ビジネスを実際に仕切っているのはサンジェイの妻・プリヤであることを知り、プリヤからロシアの武器商人であるセイターが未来から送られてきた武器と関わっていることを聞かされる。

“名もなき男”は、セイターが現在拠点としているイギリスに飛び、セイターと接触しようとする。
英国情報部の関係者からセイターの妻であるキャサリン・“キャット”・バートンが絵画鑑定士であるという情報を得た”名もなき男”は、ゴヤの絵の鑑定を依頼するという名目でキャットの仕事場を訪れ・・・。

映画「TENET テネット」のスタッフ

監督:クリストファー・ノーラン
製作:エマ・トーマス、クリストファー・ノーラン
製作総指揮:トーマス・ヘイスリップ
脚本:クリストファー・ノーラン
撮影:ホイテ・ヴァン・ホイテマ
プロダクションデザイン:ネイサン・クロウリー
衣装デザイン:ジェフリー・カーランド
編集:ジェニファー・レイム
音楽:ルートヴィッヒ・ヨーランソン

映画「TENET テネット」のキャスト※()内は日本語吹替版キャスト

名もなき男:ジョン・デヴィッド・ワシントン(田村真)
ニール:ロバート・パティンソン(櫻井孝宏)
キャサリン・“キャット”・バートン:エリザベス・デビッキ(清水はる香)
プリヤ:ディンプル・カパディア(高島雅羅)
アイヴス:アーロン・テイラー=ジョンソン(小松史法)
マヒア:ヒメーシュ・パテル(藤田大助)
バーバラ:クレマンス・ポエジー(まつだ志緒理)
クロスビー:マイケル・ケイン(青森伸)
アンドレイ・セイター:ケネス・ブラナー(内田直哉)
フェイ:マーティン・ドノヴァン(伊藤和晃)
サンジェイ・シン:デンジル・スミス(加藤亮夫)
マックス:ローリー・シェパード(飯沼南実)
ボルコフ:ユーリー・コロコリニコフ(拝真之介)

映画「TENET テネット」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
pandora ×
YouTube ×

調査した時点では映画「TENET テネット」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

今後アップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいなどの理由からです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「TENET テネット」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「TENET テネット」の関連作品

監督:クリストファー・ノーランのその他の作品

バットマン ビギンズ (2005)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル、リーアム・ニーソン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン、渡辺謙他

ダークナイト (2008)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン他

インセプション (2010)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、マリオン・コティヤール、マイケル・ケイン他

ダークナイト ライジング (2012)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ケイン、アン・ハサウェイ、トム・ハーディ、モーガン・フリーマン他
クリストファー・ノーランが描く「バットマン」3部作である「ダークナイト トリロジー」の最後を飾る作品。
突如現れたテロリスト”ベイン”によってゴッサムシティは無政府状態と化す。
ブルース・ウェインは再びバットスーツを身にまといベインと対決するが…。

ダンケルク (2017)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:フィオン・ホワイトヘッド、トム・グリン=カーニー、ジャック・ロウデン他

出演:マイケル・ケインのその他の作品

キングスマン (2014)
監督:マシュー・ヴォーン
出演:コリン・ファース、マイケル・ケイン、タロン・エガートン他
マーク・ミラーとデイヴ・ギボンズによるコミックを原作とした作品。
貧しい家庭で母親の交際相手との対立という問題を抱えながら暮らす若者・エグジー。
ある日、今はなき父親を知る男が訪ねてきて、エグジーを”キングスマン”という組織のエージェントにスカウトし…。

出演:ヒメーシュ・パテルのその他の作品

イエスタデイ (2019)
監督:ダニー・ボイル
出演:ヒメーシュ・パテル、リリー・ジェームズ、エド・シーラン他
「トレインスポッティング」のダニー・ボイルが監督したファンタジー・コメディ作品。
ある日、売れないミュージシャンのジャックは交通事故に遭い、目覚めてみるとなぜか世界からビートルズの存在が消えてしまっていることに気付き…。

出演:ケネス・ブラナーのその他の作品

オリエント急行殺人事件 (2017)
監督:ケネス・ブラナー
出演:ケネス・ブラナー、ペネロペ・クルス、ウィレム・デフォー他

まとめ

いかがでしたでしょうか。
映画「TENET テネット」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービスを調べてみたところ、U-NEXT、TELASA、music.jpという結果になりました。

なかでもU-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
お試しして1ヵ月以内に解約すれば無料ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました