映画「十二人の死にたい子どもたち」フル動画を見れる動画配信は

映画「十二人の死にたい子どもたち」フル動画1 邦画

映画「十二人の死にたい子どもたち」フル動画を配信している動画配信サービス

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

ビデオパス

ビデオパスの詳細はこちら

dTV

dTVの詳細はこちら

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオの詳細はこちら

映画「十二人の死にたい子どもたち」フル動画を見るのに、U-NEXT、ビデオパスなら毎月支給されるポイントを使えば月額料金以外の料金はかかりません。
dTV、Amazonプライムビデオは月額料金のほかにレンタル料金として400~500円が必要となります。

映画「十二人の死にたい子どもたち」のストーリー、スタッフ・キャスト

映画「十二人の死にたい子どもたち」フル動画2

映画「十二人の死にたい子どもたち」はベストセラー作家・冲方丁の直木賞候補となった小説を原作とする作品で、2019年に劇場公開されました。
映画「トリック」「SPEC」の堤幸彦が監督を手掛け、自ら死を求めて集まった12人の若者たちの緊張感あふれる心理ドラマが展開されます。

映画「無限の住人」「BLEACH」の杉咲花、映画「不能犯」「OVER DRIVE」の新田真剣佑、映画「銀魂」シリーズ・「キングダム」の橋本環奈をはじめとして、人気若手俳優が多数出演しています。

映画「十二人の死にたい子どもたち」のストーリー

とある廃病院の一室に集まった12人の未成年者たち。
12人はそれぞれやむにやまれぬ理由から集団で安楽死をするつもりだった。

だが、12人が集まった部屋には、まだ死亡して間もないと思われる若者の死体があった。
13人目の彼はなぜこの部屋で死んでいるのか?
あるいは12人のうちの誰かに殺されたのか?

12人はこのまま計画を実行するのか、あるいは13人目を殺した人間を明らかにするのかで言い争う。
12人の計画の実行のためには、「全員一致」というルールがあったのだ。

果たして真相は?
そして、12人の計画は実行されるのか?

映画「十二人の死にたい子どもたち」のスタッフ

監督:堤幸彦
製作:今村司、池田宏之、瀬井哲也、谷和男、中部嘉人、安部順一、高橋誠、長坂信人
エグゼクティブプロデューサー:伊藤響
プロデューサー:飯沼伸之、小林美穂
脚本:倉持裕
撮影:斑目重友
美術:清水剛
編集:洲崎千恵子
音楽:小林うてな
照明:木村匡博
録音:渡辺真司

映画「十二人の死にたい子どもたち」のキャスト

杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、橋本環奈、吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗、とまん

映画「十二人の死にたい子どもたち」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ○
pandora ×
YouTube ×

調査した時点では映画「十二人の死にたい子どもたち」フル動画はDailymotionにアップロードされていました。

けれど、映画「十二人の死にたい子どもたち」フル動画をDailymotionで見るのはあまりおすすめはできません。
なぜならば、画質が悪いですし、本編が分割されていることに加えて、中国語字幕が入っていて非常に気になります。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「十二人の死にたい子どもたち」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「十二人の死にたい子どもたち」を観た人の口コミ

ツイッターで「十二人の死にたい子どもたち 映画」と検索すると以下のような口コミが見つかりました。

映画「十二人の死にたい子どもたち」原作小説について

映画「十二人の死にたい子どもたち」の原作小説は2015年~2016年にかけて「別冊文藝春秋」に連載された後、2016年に文藝春秋から単行本が刊行されました。
2018年には文庫化もされています。

この小説は冲方丁の少年時代の体験を基にして執筆されたものであり、作者初の長編ミステリー作品となりました。

熊倉隆敏によってマンガ化され、講談社「good!アフタヌーン」2017年7月号~2018年12月号まで連載されています。

U-NEXTなら、「十二人の死にたい子どもたち」小説・マンガを毎月支給されるポイントを利用して読むことができます。

U-NEXTの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました