映画「ジュラシック・ワールド」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信は

映画「ジュラシック・ワールド」吹き替えフル動画 洋画

現代によみがえった太古の恐竜が大暴れする大ヒットSF映画「ジュラシック・パーク」から続くシリーズ4作目「ジュラシック・ワールド」

映画「ジュラシック・ワールド」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービス

映画「ジュラシック・ワールド」吹き替えフル動画は、U-NEXT、Hulu、dTV、TELASA、Amazonプライムビデオは見放題なので、無料お試し期間に追加でレンタル料金を支払わなくても何度でも見ることができます。

music.jpは無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で20万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT(吹替版/字幕版)

U-NEXTの詳細はこちら

Hulu(吹替版/字幕版)

Huluの詳細はこちら

dTV(吹替版/字幕版)

dTVの詳細はこちら

TELASA(吹替版/字幕版)

TELASAの詳細はこちら

Amazonプライムビデオ(吹替版/字幕版)

Amazonプライムビデオの詳細はこちら

music.jp(吹替版/字幕版)

映画「ジュラシック・ワールド」吹き替えフル動画を無料で見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る20万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で70誌以上の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して人気コミックなど32万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「ジュラシック・ワールド」吹き替えフル動画以外にも数多くのコンテンツを無料で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ上部の検索窓に「ジュラシック・ワールド」と入力して検索すれば、作品の個別ページから「ジュラシック・ワールド」を見ることができますよ。
吹き替え版/字幕版は再生時に切り替えることができます。

本ページの情報は2020年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

映画「ジュラシック・ワールド」の作品情報、あらすじ、感想

映画「ジュラシック・ワールド(Jurassic World)」は2015年に公開されたSF映画です。
1993年に公開された「ジュラシック・パーク」、そのシリーズの第4作目であり、「ジュラシック・パーク」から22年後の世界が描かれています。

製作総指揮はスティーブン・スピルバーグが務め、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」などのクリス・プラットが主演しています。

映画「ジュラシック・ワールド」の舞台は恐竜のテーマパークです。
動物園のように恐竜と触れ合ったり、水族館のように水中ショーを観覧したり、世界中からたくさんの人が訪れる人気のテーマパークとなっています。

また、恐竜について「ジュラシック・パーク」では恐竜のDNAから再生する手法が描かれていましたが、「ジュラシック・ワールド」では複数の動物のDNAから新たな恐竜を設計し、生み出す手法が描かれています。

この手法により、テーマパークで人気が出る、より大きく、より凶暴な恐竜が人間の手によって作られます。

本作では、人間によって作られた実在しない迫力満点の恐竜たちを見ることができます。
今作も「ジュラシック・パーク」シリーズの醍醐味である人間と恐竜の命を懸けた捕獲劇、恐怖と興奮を心ゆくまで楽しめる作品となっています。

映画「ジュラシック・ワールド」のあらすじ

キャッチコピーは「the park is open」(あのテーマパークがついにオープンする)

ジュラシック・パークの悲劇から22年。
舞台となった島は恐竜のテーマパーク「ジュラシック・ワールド」として新たな活気を取り戻していました。

ある日、兄弟であるザックとグレイはジュラシック・ワールドを訪れます。
叔母でパークの運営責任者であるクレアを訪ねますが、多忙のため一緒に過ごすことができずにいました。

クレアはふたりをアシスタントに任せ、遺伝子操作によって作られた新種の恐竜「インドミナス・レックス」についてビジネスの話を進めます。
インドミナス・レックスはテーマパークの目玉となりうる最凶の恐竜として紹介されます。

そして恐竜の調教師であるオーウェンにインドミナス・レックスの飼育環境に問題はないか視察に向かわせます。

クレアとオーウェンはインドミナス・レックスの飼育エリアに向かいましたが、餌を用意しても、インドミナス・レックスの姿は無く、生体反応もありませんでした。

防壁の爪痕を調べに数人の職員が飼育エリアに入ると、インドミナス・レックスが現れ、職員は襲われてしまいます。
逃げようとする職員が外へ出られるゲートを開くと、タイミングを見計らっていたかのようにインドミナス・レックスはゲートの外に逃げ出しました。

こうしてインドミナス・レックスは自らの生体反応を隠し、脱走したように見せかけ、人間の行動を利用し飼育エリアを脱走したのです。

インドミナス・レックスのDNAを設計した博士を問い詰めると、様々な生物のDNAを組み込んだことにより、インドミナス・レックスは高い知能、多彩な戦闘能力があり、観光客向けではない怪物であることが分かりました。

その頃、何も知らないザックとグレイはアシスタントの元を離れ、ふたりで行動していました。
透明なカプセルを操縦するアトラクション「ジャイロスフィア」に乗って、パーク内の恐竜たちを間近で見て楽しむふたり。

やがて、何も知らないザックとグレイは、インドミナス・レックスの逃亡によって閉鎖された立ち入り禁止のエリアに入ってしまい…。

映画「ジュラシック・ワールド」の感想

子供の頃に見た「ジュラシック・パーク」。
その恐怖や興奮は大人になった今でも忘れることができません。

今回、「ジュラシック・ワールド」では人間によって設計されたより大きく、より凶暴となった恐竜たちが主役です。
初めて見るその姿に、大迫力の動きに、改めて夢中になって映画を見ました。

映画の冒頭に体長16メートルにも及ぶ恐竜「モササウルス」が、水中から飛び出し餌を食べるシーンがあります。
その光景は水族館のようで私たちもテーマパークに来た感覚にさせられ、一気に映画の世界に引き込まれます。

映画の途中で22年前のジュラシック・パークの建物が登場するシーンがあり、これも大人たちを童心に帰らせるポイントだと感じました。

改めて今作を見て、人間によって作られた架空の恐竜「インドミナス・レックス」とかつて実在していた「ティラノサウルス・レックス」が人間のせいで凶暴になり争う描写に、「オリジナルとレプリカの共存」と「人間の都合、責任」という深いテーマもあるように感じました。

凶暴な恐竜、温厚な恐竜、空を飛ぶ恐竜、水の中を泳ぐ恐竜、様々な恐竜を見ることができ、大人も子どもも一緒になって楽しめる、王道の恐竜映画だと思います。
次回作も楽しみです。

映画「ジュラシック・ワールド」のスタッフ

監督:コリン・トレヴォロウ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、トーマス・タル
キャラクター創造:マイケル・クライトン
原案:リック・ジャッファ、アマンダ・シルヴァー
脚本:リック・ジャッファ、アマンダ・シルヴァー、デレク・コノリー、コリン・トレヴォロウ
撮影:ジョン・シュワルツマン
プロダクションデザイン:エド・ヴァリュー
衣装デザイン:ダニエル・オーランディ
編集:ケヴィン・スティット
音楽:マイケル・ジアッキノ
テーマ曲:ジョン・ウィリアムズ

映画「ジュラシック・ワールド」のキャスト※()内は日本語吹替版キャスト

オーウェン:クリス・プラット(玉木宏)
クレア:ブライス・ダラス・ハワード(木村佳乃)
ホスキンス:ヴィンセント・ドノフリオ(石塚運昇)
グレイ:タイ・シンプキンス(松岡茉優)
ザック:ニック・ロビンソン(内山昂輝)
バリー:オマール・シー(安元洋貴)
ウー博士:B・D・ウォン(近藤浩徳)
マスラニ:イルファン・カーン(大塚芳忠)
カレン:ジュディ・グリア(魏涼子)
ビビアン:ローレン・ラプカス(たかはし智秋)
ハマダ:ブライアン・ティー(野沢聡)
スコット:アンディ・バックリー(根本泰彦)
ロウリー:ジェイク・ジョンソン(小川剛生)
ザラ:ケイティー・マクグラス(川庄美雪)
パドックの監視員:エリック・エデルスタイン(かぬか光明)
ジミー・ファロン(藤森慎吾)
ブラッド・バード
ミスター・DNA:コリン・トレヴォロウ(江原正士)

映画「ジュラシック・ワールド」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion (○)
pandora ×
YouTube ×

調査した時点では映画「ジュラシック・ワールド」フル動画はDailymotionにアップロードされていました。

ただし、本編が3分割されており、また、画面が拡大されていますので映画本来の映像を楽しむことはできません

今後、本来の映像が見れる動画がアップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいといった映画本編に集中できない要素が多数あるからです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「ジュラシック・ワールド」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「ジュラシック・ワールド」の関連作品

ジュラシック・パーク (1993)
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:リチャード・アッテンボロー、サム・ニール、ローラ・ダーン、ジェフ・ゴールドブラム他
マイケル・クライトンの小説を原作とする作品。
南米コスタリカの沖にある島では、琥珀の中に閉じ込められたDNAから復元した恐竜を見ることができるアミューズメントパーク”ジュラシック・パーク”が開園を間近に控えていた。
だが、事故によって凶暴な恐竜が解き放たれてしまい…。

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク (1997)
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:ジェフ・ゴールドブラム、リチャード・アッテンボロー、ジュリアン・ムーア他
シリーズ第2作。
倒産寸前となった”ジュラシック・パーク”運営会社の危機を救うため、恐竜を生け捕りにして見世物にする計画が立てられる。
生け捕りチームが島に乗り込むが…。

ジュラシック・パーク III (2001)
監督:ジョー・ジョンストン
出演:サム・ニール、ウィリアム・H・メイシー、ローラ・ダーン他
シリーズ第3作。
かつて”ジュラシック・パーク”が存在した島の近くにある島にパラセーリング中に事故に遭った少年が漂着。
救出チームが編成され、”ジュラシック・パーク”で恐竜に襲われたグラント博士も不本意ながら同行するが…。

ジュラシック・ワールド/炎の王国 (2018)
監督:J・A・バヨナ
出演:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ジャスティス・スミス、ジェフ・ゴールドブラム他
シリーズ第5作。
「ジュラシック・ワールド」の続編となる。
“ジュラシック・ワールド”での事件から3年後、島の火山活動により野生化した恐竜たちに絶滅の危機が迫る。
元責任者のクレアは監視員だったオーウェンとともに恐竜の救出のために島に向かうが…。

出演:ブライス・ダラス・ハワードのその他の作品

ターミネーター4 (2009)
監督:マックG
出演:クリスチャン・ベイル、サム・ワーシントン、アントン・イェルチン、ブライス・ダラス・ハワード他

ロケットマン (2019)
監督:デクスター・フレッチャー
出演:タロン・エガートン、ジェイミー・ベル、ブライス・ダラス・ハワード他
ロック界のレジェンドであるエルトン・ジョンの半生をミュージカル仕立てで描いた作品。
不仲な両親のもとで育った少年。
寂しい日々の中で音楽と出会って才能を開花させ、やがて世界的なスターとなるが、その心はいつも満たされることはなく…。

出演:ヴィンセント・ドノフリオのその他の作品

メン・イン・ブラック (1997)
監督:バリー・ソネンフェルド
出演:トミー・リー・ジョーンズ、ウィル・スミス、ヴィンセント・ドノフリオ他
地球人に姿を変えて地球で生活する異星人の監視を任務とする秘密組織MIB(メン・イン・ブラック)のエージェントの活躍を描く。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
映画「ジュラシック・ワールド」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービスを調べてみたところ、U-NEXT、Hulu、dTV、TELASA、Amazonプライムビデオ、music.jpという結果になりました。

なかでもU-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
お試しして1ヵ月以内に解約すれば無料ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました