実写映画「バービー」吹き替えフル動画はどこで見れる?無料お試しレンタル料金不要サブスクは?声優は?Dailymotionで見れる?

実写映画「バービー」吹き替えフル動画 洋画

アメリカ製ファッション・ドールとして知られる”バービー”をモチーフとした作品。
完璧な世界・バービーランドで暮らしていたバービーが人間世界にやってきて巻き起こす騒動を描く。
「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」のグレタ・ガーウィグが監督を務め、主演のマーゴット・ロビーのほか、ライアン・ゴズリング、アメリカ・フェレーラなどが出演した実写映画「バービー」

※本ページはプロモーションが含まれています

実写映画「バービー」吹き替えフル動画を無料お試しレンタル料金不要で見れる動画配信サブスク

実写映画「バービー」吹き替えフル動画は、U-NEXT、DMM TV、music.jpは無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で30万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT(吹替版/字幕版)

レンタル・ポイント利用でレンタル料金不要/無料お試し期間あり

U-NEXTの詳細はこちら

DMM TV(吹替版/字幕版)

レンタル・ポイント利用でレンタル料金不要/無料お試し期間あり

DMM TVの詳細はこちら

music.jp(吹替版/字幕版)

レンタル・ポイント利用でレンタル料金不要/無料お試し期間あり

実写映画「バービー」吹き替えフル動画を無料お試しレンタル料金不要で見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る30万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で190誌以上の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して週刊少年ジャンプや人気コミックなど97万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、実写映画「バービー」吹き替えフル動画以外にも見放題の音楽ライブの配信やUFC・K-1といった格闘技イベント、そして2023年6月30日に統合したParaviで配信されていた1万エピソード以上のTBSやテレビ東京のドラマ・バラエティ番組といった数多くのコンテンツを見放題で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ下部の検索アイコンをタップすると移動する検索ページで「バービー」と入力して検索すれば、作品の個別ページから実写映画「バービー」吹き替えフル動画を見ることができますよ。
吹き替え版/字幕版は再生時に切り替えることができます。

本ページの情報は2024年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

見逃し配信バナー

U-NEXTの詳細はこちら

過去に一度、U-NEXTの無料お試しを利用したことがある方は

過去に一度、U-NEXTの無料お試しを利用したことがあると、残念ながら無料お試しをもう一度利用することはできません。
再登録をしても600円分のポイントはもらえませんし、1ヵ月利用した後でないと1,200円分のポイントはもらえません。

それでは、実写映画「バービー」吹き替えフル動画を無料お試しレンタル料金不要で見る方法はないのかというと、実はあります。
DMM TVには30日間の無料お試し期間があり、お試し登録後、3ヵ月間毎月550ポイントのDMMポイントがもらえます。

DMM TVはアニメ5,200タイトル以上を含むエンタメ作品17万タイトル以上の作品を550円(税込)というリーズナブルな月額料金で楽しめますので、実写映画「バービー」吹き替えフル動画を無料お試しレンタル料金不要で見たいという方はお試ししてみてはいかがでしょうか。

DMM TVの詳細はこちら

実写映画「バービー」の作品情報・あらすじ

映画「バービー」は、世界的に人気のファッション・ドール「バービー」を題材にしたコメディ映画です。
主演はマーゴット・ロビー、監督はグレタ・ガーウィグという豪華な顔ぶれです。

本作ではマーゴット・ロビーがプロデューサーとしても参加し、グレタ・ガーウィグの脚本と演出によって、バービーの魅力を最大限に引き出しています。

マーゴット・ロビーが着用する衣装は、シャネルのアイテムが多数登場します。
シーンによって変わるバリエーション豊かなコーディネートに注目です。

バービーたちが住む世界はピンク色で統一されたキラキラな景観で、まるで夢のようです。
ピンクへのこだわりは制作の裏側にも及んでいて、毎週水曜日はピンク色を身につける日にしていたそうです。

この映画の撮影には、ピンク色の塗料が大量に使われました。
バービーランドのセットや衣装、小道具など、ほとんどすべてがピンク色で統一されています。
しかし、ピンク色の塗料は世界的に品薄状態で、撮影のために特別に注文しなければならなかったそうです。

この映画の公開直前に、原爆を絡めたファンアートが話題となりました。
このファンアートは、バービーと「オッペンハイマー」の主人公・オッペンハイマーがキノコ雲をバックにしているというもので、多くの人々から批判を受けました。
配給元のワーナー・ブラザースはこのファンアートについて謝罪し、関係者に対して厳重な注意を行ったと報じられました。

マーゴット・ロビー(バービー役):「撮影は四六時中女友だちと集まって楽しくやってるみたいだった」「本当に楽しくて最高! 」

ライアン・ゴズリング(ケン役):「バービーと一緒に現実世界を訪れたことで、自分の価値観やアイデンティティについて考えるきっかけになった。 この映画は、男性も女性も自分らしく生きることの大切さを伝えてくれると思う」

ケイト・マッキノン(変てこバービー役):「私は変てこバービーという役を演じましたが、彼女は本当に素敵なキャラクターです。 彼女はバービーランドの中でも一際個性的で、バービーに世界の秘密を教えてくれる存在です。 彼女は自分のスタイルに自信を持っていて、それがとても魅力的です」

エメラルド・フェネル(ミッジ役):「私はミッジというバービーの友人を演じましたが、彼女はバービーランドでは少し浮いている感じです。 彼女は妊娠しているのですが、バービーランドではそれが珍しいことなので、仲間外れにされてしまいます。 でも彼女はそれを気にせず、自分の人生を楽しんでいます。 彼女は母性と女性性の両方を持ち合わせた素敵なバービーだと思います」

この映画の撮影は、主にロンドンとロサンゼルスで行われました。
ロンドンでは、ワーナー・ブラザーズ・スタジオにバービーランドやドリームハウスのセットが作られました。
ロサンゼルスでは、ベニスビーチやマリブで人間界のシーンが撮影されました。
この映画のセットやロケ地には、ピンク色やミッドセンチュリー・モダンなど、バービーの世界観を表現するための工夫がたくさんされています。

実写映画「バービー」のあらすじ

バービーはすべてが完璧なバービーランドで暮らしていたが、ある日、自分が完璧でないことに気づく。
そこでバービーランドのはずれで暮らしている人間の世界のことを知るバービーに相談するが、「持ち主である人間に何か問題があるのかもしれない」と言われる。

そこで、バービーは人間世界に行ってみることにする。
バービーに思いを寄せるケンも、バービーのあとからこっそりついてくる。

バービーは自分の持ち主の女の子・サーシャと出会うことに成功するが、サーシャは中学生となってバービーに飽きてしまっていた。
そのことに大きなショックを受けてしまうバービー。

同じ頃、バービーが現実世界に現れたことは人々の話題となり、バービーの製造会社であるマテル社はバービーを会社に招く。

マテル社のCEOはバービーに会うと、箱に戻るように命じる。
箱に戻れば商品として出荷されることを知ったバービーはマテル社から逃走する。

サーシャとサーシャの母・グロリアに助けられたバービーは、思春期を迎えたサーシャにグロリアが悩まされていることを知る。

とりあえず、3人はバービーランドに向かうことにする。
すると、バービーランドは人間世界の男性優位社会を目にしたケンによって変えられてしまっていた。

ケンは人間世界のことを仲間のケンたちに話して回り、バービーに従属していたケンたちは男らしさに目覚める。
そんなケンたちにバービーたちはメロメロになってしまった。
バービーランドのこれまでの立場が逆転してしまっていたのだ…。

実写映画「バービー」のスタッフ

監督:グレタ・ガーウィグ
製作:デヴィッド・ハイマン、マーゴット・ロビー、トム・アカーリー、ロビー・ブレナー
製作総指揮:グレタ・ガーウィグ、ノア・バームバック、イノン・クライツ、リチャード・ディクソン、マイケル・シャープ、ジョシー・マクナマラ、コートニー・ヴァレンティ、トビー・エメリッヒ、ケイト・アダムズ
脚本:グレタ・ガーウィグ、ノア・バームバック
撮影:ロドリゴ・プリエト
プロダクションデザイン:サラ・グリーンウッド
衣装デザイン:ジャクリーン・デュラン
編集:ニック・フーイ
音楽:マーク・ロンソン、アンドリュー・ワイアット
音楽監修:ジョージ・ドレイコリアス
ナレーション:ヘレン・ミレン(榊原良子)

実写映画「バービー」のキャスト※()内は日本語吹き替え版声優

バービー:マーゴット・ロビー(高畑充希)
ケン:ライアン・ゴズリング(武内駿輔)
グロリア:アメリカ・フェレーラ(本田貴子)
サーシャ:アリアナ・グリーンブラット(早見沙織)
バービー:ケイト・マッキノン(朴璐美)
バービー:イッサ・レイ(斎賀みつき)
ルース:リー・パールマン(木村有里)
ケン:シム・リウ(小野大輔)
ケン:スコット・エヴァンズ(置鮎龍太郎)
ケン:キングズリー・ベン=アディル(諏訪部順一)
バービー:アレクサンドラ・シップ(沢城みゆき)
アラン:マイケル・セラ(下野紘)
マテル社CEO:ウィル・フェレル(内田直哉)
医者バービー:ハリ・ネフ(きそひろこ)
ノーベル物理学賞受賞バービー:エマ・マッキー(坂本真綾)
人魚バービー:デュア・リパ(LiLiCo)
判事バービー:アナ・クルーズ・ケイネ(恒松あゆみ)
弁護士バービー:シャロン・ルーニー(高橋里枝)
ミッジ:エメラルド・フェネル
ンクーティ・ガトワ
外交官バービー:ニコラ・コーグラン
記者バービー:リトゥ・アリヤ
アーロン・ディンキンス:コナー・スウィンデルズ(小田柿悠太)
マテル社のCFO:ジェイミー・デメトリウ
ケンメイド:ジョン・シナ

実写映画「バービー」フル動画をDailymotion、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
YouTube ×

調査した時点では実写映画「バービー」フル動画をDailymotion、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

今後アップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいといった状態であることが多いからです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

実写映画「バービー」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

実写映画「バービー」の関連作品

出演:マーゴット・ロビーのその他の作品

スーサイド・スクワッド (2016)
監督:デヴィッド・エアー
出演:ウィル・スミス、ジャレッド・レトー、マーゴット・ロビー他

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019)
監督:クエンティン・タランティーノ
出演:レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー他

スキャンダル (2019)
監督:ジェイ・ローチ
出演:シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、ジョン・リスゴー他

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey (2020)
監督:キャシー・ヤン
出演:マーゴット・ロビー、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ジャーニー・スモレット=ベル他

ザ・スーサイド・スクワッド ”極”悪党、集結(2021)
監督:ジェームズ・ガン
出演:マーゴット・ロビー、イドリス・エルバ、ジョン・シナ、ジョエル・キナマン他

アムステルダム (2022)
監督:デヴィッド・O・ラッセル
出演:クリスチャン・ベイル、マーゴット・ロビー、ジョン・デヴィッド・ワシントン、ロバート・デ・ニーロ他

バビロン (2022)
監督:デイミアン・チャゼル
出演:ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー、ディエゴ・カルバ他
1920年代のサイレント映画全盛期のハリウッド。
メキシコ移民のマニーは映画業界で働くことを夢見ていた。
業界人の豪華なパーティーでマニーが働いていると、ネリーという女が会場に入れろと言ってきて…。

出演:ライアン・ゴズリングのその他の作品

ラ・ラ・ランド (2016)
監督:デイミアン・チャゼル
出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド他
2016年のアカデミー賞で監督、主演女優など6部門を受賞した作品。
夢を抱いてLAへとやってきた男女の出会いと別れを描くミュージカル映画。

出演:アメリカ・フェレーラのその他の作品

ヒックとドラゴン (2010)
監督:クリス・サンダース、ディーン・デュボア
声の出演:ジェイ・バルシェル、ジェラルド・バトラー、アメリカ・フェレーラ他

ヒックとドラゴン2 (2014)
監督:ディーン・デュボア
声の出演:ジェイ・バルシェル、ケイト・ブランシェット、ジェラルド・バトラー、アメリカ・フェレーラ他

ヒックとドラゴン 聖地への冒険 (2019)
監督:ディーン・デュボア
声の出演:ジェイ・バルシェル、アメリカ・フェレーラ、ケイト・ブランシェット他
映画「ヒックとドラゴン」シリーズ第3作。
人間とドラゴンが共生していたバーク島だったが、ドラゴンが増えすぎたため、島のリーダーのヒックは新天地を求めて旅に出ることを決断する…。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
実写映画「バービー」吹き替えフル動画を無料お試しレンタル料金不要で見れる動画配信サブスクはどこかを調べてみたところ、U-NEXT、DMM TV、music.jpという結果になりました。

なかでもU-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
無料お試しして1ヵ月以内に解約すれば料金不要ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

見逃し配信バナー

U-NEXTの詳細はこちら

動画配信サービス選びに迷っているなら

タイトルとURLをコピーしました