映画ミッドウェイ2019吹き替えフル動画は無料で見れる?Dailymotionでは?

映画「ミッドウェイ」2019年版吹き替えフル動画 洋画

太平洋戦争のターニングポイントとなった激戦を「インデペンデンス・デイ」のローランド・エメリッヒが監督し、日米の実力派キャストを集めて描いた映画「ミッドウェイ」

映画「ミッドウェイ」2019年版吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービス

映画「ミッドウェイ」2019年版吹き替えフル動画は、U-NEXT、TELASA、music.jpは無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で20万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT(吹替版/字幕版)

U-NEXTの詳細はこちら

TELASA(吹替版/字幕版)

TELASAの詳細はこちら

music.jp(吹替版/字幕版)

映画「ミッドウェイ」2019年版吹き替えフル動画を無料で見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る20万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で70誌以上の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して人気コミックなど32万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「ミッドウェイ」2019年版吹き替えフル動画以外にも数多くのコンテンツを無料で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ上部の検索窓に「ミッドウェイ」と入力して検索すれば、作品の個別ページから「ミッドウェイ」を見ることができますよ。
吹き替え版/字幕版は再生時に切り替えることができます。

本ページの情報は2021年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

過去に一度、U-NEXTの無料お試しを利用したことがある方は

過去に一度、U-NEXTの無料お試しを利用したことがあると、残念ながら無料お試しをもう一度利用することはできません。
再登録をしても600円分のポイントはもらえませんし、1ヵ月利用した後でないと1,200円分のポイントはもらえません。

それでは、映画「ミッドウェイ」2019年版吹き替えフル動画を無料で見る方法はないのかというと、実はあります。
music.jpには30日間の無料お試し期間があり、お試し登録時に1,600ポイントがもらえるのです。

music.jpは映画のほかに音楽や電子コミックなども楽しめますし、30日以内に解約すれば料金は発生しませんので、映画「ミッドウェイ」2019年版吹き替えフル動画を無料で見たいという方はお試ししてみてはいかがでしょうか。

music.jp

映画「ミッドウェイ」2019年版の作品情報、あらすじ

映画「ミッドウェイ」は太平洋戦争中に大日本帝国海軍とアメリカ海軍の間で行われた「ミッドウェー海戦」を描いた作品で、日本では2020年9月に劇場公開されました。

「インデペンデンス・デイ」「GODZILLA」のローランド・エメリッヒが監督を務めています。
エメリッヒ監督は「戦争に勝者は存在せず敗者のみ。なぜならば双方に多数の死者が出るから。戦場で命をかけて使命を果たした兵士たちに作品を捧げたい」と語っています。

「アリータ・バトルエンジェル」のエド・スクライン、「美女と野獣」のルーク・エヴァンズ、「ダークナイト」のアーロン・エッカート、「ゾンビランド・ダブルタップ」のウディ・ハレルソン、「ワイアット・アープ」のデニス・クエイド、そして、日本からは豊川悦司、浅野忠信、國村隼といった多数の演技派俳優が実在の人物を演じています。

本作で描かれている「ミッドウェー海戦」は、真珠湾攻撃から破竹の勢いで勝利を重ねていた大日本帝国軍がアメリカ海軍に敗れ、空母4隻、航空機300機以上を失い、太平洋戦争の勝敗を決定づけたともいわれる戦いです。
本作の製作にあたっては、20年に渡るリサーチと最新の歴史研究が盛り込まれています。

本作はアメリカ海軍側の視点を中心に描かれますが、日本側の事情についても比較的多くの時間をかけて描写されています。
本作は戦争という大きな事件にかかわる様々な人の姿を描く群像劇といえます。

本作のストーリーは史実にかなり忠実なものとなっており、また、登場する艦船や航空機はアメリカ軍のものだけでなく日本軍のものもかなり実物に忠実なものとなっています。

エメリッヒ監督は「戦争映画は視覚効果がキモなので力を入れた」と語っています。
その言葉通り戦闘シーンはまるで戦場にいるかのような感覚があり、なかでも米軍の艦上爆撃機のコクピットからの視点で描かれるシーンは圧巻、との感想が多数見られました。

ちなみに同じタイトルで同じくミッドウェー海戦を描いた作品が、1976年に公開されています。
この作品には山本五十六役として三船敏郎が出演しています。

本作に登場するジョン・フォードは「駅馬車」などを監督し、アカデミー賞監督賞を受賞しています。
ジョン・フォードは実際にミッドウェーの米軍基地に滞在中、日本軍の攻撃に遭遇して負傷しています。

この時に撮影したドキュメンタリー映画「The Battle of Midway」は、アカデミー賞短編ドキュメンタリー映画賞を受賞しています。

本作はアメリカのメジャー映画会社の製作ではないインディペンデント作品で、中国資本も製作に参加しています。

中国資本が参加しているため、ドゥーリットル爆撃隊の描写に多くの時間をかけており、その後の日本軍の報復についての描写まであります。
観客からは必要な描写だったのか?という疑問の声が多数上がっていました。

映画「ミッドウェイ」2019年版のあらすじ

1937年、東京。
米海軍将校のエドウィン・レイトンは米国大使館付駐在武官の任期終了にともない帰国することになる。

レイトンと同じように帰国する駐在武官を送るパーティーが開催され、その席でレイトンは帝国海軍連合艦隊司令官である山本五十六と言葉を交わす。

山本が政府上層部に「アメリカと戦争しても勝てない」と具申したことをレイトンが案じると、山本はレイトンに「日本をあまり追いつめるな」と語る。

1941年、米海軍空母エンタープライズ艦載機のパイロットであるディック・ベストは、非常の際の訓練と称して危険な着艦を行い哨戒任務から外される。

ちょうどその頃、ハワイ・オアフ島の真珠湾にある米海軍太平洋艦隊基地に日本海軍の航空機が飛来し、米海軍艦艇に対し攻撃を開始する。

太平洋艦隊情報部に配属されていたレイトンは、日本軍襲来の知らせを受けて港に急ぐが、レイトンが見たものは撃沈された、あるいは行動不能となった多数の艦艇の姿だった。

米太平洋艦隊司令官・キンメルは、以前、レイトンから日本軍襲来の可能性を告げられていた。
キンメルは日本軍の攻撃を受け多数の艦艇を失った責任をとらされる形で司令官を解任される。

そして、ベストはエンタープライズで真珠湾に帰還。
家族は無事だったが、士官学校時代の友人が命を落としたことを知る。

一方、日本では山本が部下の山口多聞から、真珠湾攻撃を指揮した南雲忠一が第二次攻撃を行わなかったことは大きな失策で処分が必要と訴えられる。
だが、山本は陸軍に対抗するため海軍内の対立は避けたいと考え、南雲の失策を責めることはしなかった。

そして、アメリカではキンメルに代わり、チェスター・ニミッツが新たに太平洋艦隊司令官に任命される。
ニミッツはレイトンに対し、「山本の考えを読め」と指示。

その後、マーシャル諸島の日本軍基地への攻撃に成功したアメリカは、空母から大型爆撃機を飛び立たせ、日本本土を爆撃する作戦を実行。
ジミー・ドゥーリトルが率いる爆撃隊は日本本土への爆撃を成功させ、中国に飛び去る。

実際の被害は少なかったとはいえ、初めて本土への攻撃を許したことで日本は大きなショックを受ける。

このことにより、アメリカとの早期講和のためにはさらなる攻勢が必要と判断した山本は、ミッドウェイ群島攻略を目指すことにする。

その後、レイトンは通信の分析により、日本海軍の次の目標はミッドウェイと推測しニミッツに報告する。
だが、断片的な通信から導き出した推測のため軍上層部は信じかねていた。

そこで、レイトンはミッドウェイ基地で真水が不足しているという偽情報を流す。
その情報に日本軍は反応し、ニミッツはミッドウェイで日本軍を待ち伏せすることを決断する。

やがて、1942年6月、大日本帝国海軍は4隻の空母を中心とする艦隊によりミッドウェイ攻略を開始。
日本空母艦載機がミッドウェイの米軍基地に押し寄せ激しい攻撃を加える。

ドキュメンタリー映画撮影のため、ミッドウェイ基地に滞在していた映画監督のジョン・フォードはその光景を目にし撮影を行う。

日本軍の攻撃は成功するが、決定的な打撃を与えることができなかったため、艦隊を指揮する南雲は第二波の攻撃を命じる。

その頃、米海軍の潜水艦が日本艦隊を発見し攻撃を行う。
空母・飛龍に乗艦して作戦に参加していた山口は駆逐艦に潜水艦撃沈を命令。
米海軍潜水艦に爆雷攻撃を行い艦隊に戻る駆逐艦は、米軍偵察機に発見され・・・。

映画「ミッドウェイ」2019年版のスタッフ

監督:ローランド・エメリッヒ
製作:ハラルド・クローサー、ローランド・エメリッヒ
製作総指揮:マーク・ゴードン、マルコ・シェパード、ウェス・トゥーク、ピーター・ルオ、ハン・サンピン、クー・リーミン、ユー・ドン、ジェフリー・チャン、ブレント・オコナー、カーステン・ロレンツ、ウテ・エメリッヒ、アラステア・バーリンガム、ゲイリー・ラスキン
脚本:ウェス・トゥーク
撮影:ロビー・バウムガートナー
視覚効果監修:ピーター・G・トラヴァーズ
プロダクションデザイン:カーク・M・ペトルッチェリ
編集:アダム・ウルフ
音楽:トーマス・ワンカー、ハラルド・クローサー

映画「ミッドウェイ」2019年版のキャスト※()内は日本語吹替版キャスト

ディック・ベスト大尉:エド・スクライン(加瀬康之)
エドウィン・レイトン少佐:パトリック・ウィルソン(咲野俊介)
チェスター・ニミッツ大将:ウディ・ハレルソン(内田直哉)
ウェイド・マクラスキー少佐:ルーク・エヴァンス(桐本拓哉)
ジミー・ドゥーリトル中佐:アーロン・エッカート(志村知幸)
ブルーノ・ガイド兵曹:ニック・ジョナス(奈良徹)
山本五十六海軍大将:豊川悦司
山口多聞少将:浅野忠信
クラレンス・ディキンソン大尉:ルーク・クラインタンク(上田燿司)
南雲忠一中将:國村隼
ユージン・リンゼイ少佐:ダレン・クリス(最上嗣生)
キーアン・ジョンソン
アン・ベスト:マンディ・ムーア(清水はる香)
ウィリアム・ハルゼー中将:デニス・クエイド(菅生隆之)

映画「ミッドウェイ」2019年版フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
pandora ×
YouTube ×

調査した時点では映画「ミッドウェイ」2019年版フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

今後アップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいなどの理由からです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「ミッドウェイ」2019年版フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「ミッドウェイ」2019年版の関連作品

出演:エド・スクラインのその他の作品

デッドプール (2016)
監督:ティム・ミラー
出演:ライアン・レイノルズ、モリーナ・バッカリン、エド・スクライン他

アリータ:バトル・エンジェル (2019)
監督:ロバート・ロドリゲス
出演:ローサ・サラザール、クリストフ・ヴァルツ、ジェニファー・コネリー、エド・スクライン他
木城ゆきとによるマンガ「銃夢」の実写映画化作品。
荒廃した”アイアンシティ”でサイバー医師として暮らすイドは、ある日、クズ鉄の山から少女型サイボーグの頭部を発見し…。

出演:パトリック・ウィルソンのその他の作品

アクアマン (2018)
監督:ジェームズ・ワン
出演:ジェイソン・モモア、アンバー・ハード、ウィレム・デフォー、パトリック・ウィルソン他
DCコミックスを原作とする作品。
海底に存在するアトランティス王国の女王と人間の間に生まれたアクアマン。
ある日、アトランティス王国の王となった弟・オームが地上に進撃を開始したことを知り…。

出演:ウディ・ハレルソンのその他の作品

ゾンビランド:ダブルタップ (2019)
監督:ルーベン・フライシャー
出演:ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン他
「ゾンビランド」の続編。
ゾンビだらけの世界を家族のような絆で生き延びてきたコロンバス、タラハシー、ウィチタ、リトルロック。
だが、ある日、コロンバスとタラハシーが目覚めるとウィチタとリトルロックが姿を消しており…。

出演:ルーク・エヴァンスのその他の作品

ワイルド・スピード ICE BREAK (2017)
監督:F・ゲイリー・グレイ
出演:ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、ルーク・エヴァンス他
「ワイルド・スピード」シリーズ第8作。
テロリスト・サイファーの差し金によりファミリーを裏切らざるを得なくなってしまうドミニク。
ファミリーは懸命にドミニクを救おうとするが…。

出演:アーロン・エッカートのその他の作品

ダークナイト (2008)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン他
クリストファー・ノーランによる「バットマン」シリーズ第2作。
ゴッサムシティに突如現れた狂気の犯罪者・ジョーカーは瞬く間に悪党たちを従わせ、街を恐怖と混乱の渦に陥れ…。

出演:ニック・ジョナスのその他の作品

ジュマンジ/ネクスト・レベル (2019)
監督:ジェイク・カスダン
出演:ドウェイン・ジョンソン、ジャック・ブラック、ケヴィン・ハート、ニック・ジョナス他
「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」の続編。
前作で破壊されたはずのゲーム「ジュマンジ」だったが、スペンサーが密かに元通りにしたうえ起動させてしまっていた。
ゲームの世界に引き込まれたスペンサーを救うためマーサ、フリッジ、ベサニーもゲームの世界に飛び込むが…。

出演:豊川悦司のその他の作品

Love Letter (1995)
監督:岩井俊二
出演:中山美穂、豊川悦司、酒井美紀他

サムライマラソン (2018)
監督:バーナード・ローズ
出演:佐藤健、小松菜奈、森山未來、豊川悦司他

ラストレター (2019)
監督:岩井俊二
出演:松たか子、広瀬すず、庵野秀明、豊川悦司他

出演:浅野忠信のその他の作品

清須会議 (2013)
監督:三谷幸喜
出演:役所広司、大泉洋、小日向文世、浅野忠信他

出演:國村隼のその他の作品

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (2015)
監督:樋口真嗣
出演:三浦春馬、長谷川博己、水原希子、國村隼他

ちはやふる -上の句- (2016)
監督:小泉徳宏
出演:広瀬すず、野村周平、真剣佑、國村隼他

シン・ゴジラ (2016)
監督:庵野秀明、樋口真嗣
出演:長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾、國村隼他

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章 (2017)
監督:三池崇史
出演:山﨑賢人、神木隆之介、小松菜奈、國村隼他

DESTINY 鎌倉ものがたり (2017)
監督:山崎貴
出演:堺雅人、高畑充希、堤真一、國村隼他

マンハント (2017)
監督:ジョン・ウー
出演:チャン・ハンユー、福山雅治、國村隼他

アルキメデスの大戦 (2019)
監督:山崎貴
出演:菅田将暉、舘ひろし、浜辺美波、國村隼他

見えない目撃者 (2019)
監督:森淳一
出演:吉岡里帆、高杉真宙、大倉孝二、國村隼他

影裏 (2020)
監督:大友啓史
出演:綾野剛、松田龍平、筒井真理子、國村隼他

まとめ

いかがでしたでしょうか。
映画「ミッドウェイ」2019年版吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービスを調べてみたところ、U-NEXT、TELASA、music.jpという結果になりました。

なかでもU-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
お試しして1ヵ月以内に解約すれば無料ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました