映画マッドマックス 怒りのデス・ロード吹き替えフル動画は無料で見れる?声優は?Dailymotionで見れる?

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」吹き替えフル動画 洋画

前作から27年の時を経て公開された「マッドマックス」シリーズ第4作。
主役・マックスはメル・ギブソンから「ヴェノム」のトム・ハーディに交代し、より過激となった荒廃した社会の描写やド迫力のアクションが楽しめる映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービス

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」吹き替えフル動画は、U-NEXT、Hulu、Amazonプライムビデオは見放題なので、無料お試し期間に追加でレンタル料金を支払わなくても何度でも見ることができます。

TELASA、music.jpは無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で22万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT(吹替版/字幕版)

U-NEXTの詳細はこちら

Hulu(吹替版/字幕版)

Huluの詳細はこちら

Amazonプライムビデオ(吹替版/字幕版)

Amazonプライムビデオの詳細はこちら

TELASA(吹替版)

TELASAの詳細はこちら

music.jp(吹替版/字幕版)

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」吹き替えフル動画を無料で見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る22万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で150誌の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して人気コミックなど70万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」吹き替えフル動画以外にも数多くのコンテンツを無料で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ下部の検索アイコンをタップすると移動する検索ページで「マッドマックス 怒りのデス・ロード」と入力して検索すれば、作品の個別ページから「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を見ることができますよ。
吹き替え版/字幕版は再生時に切り替えることができます。

本ページの情報は2022年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の作品情報・あらすじ・感想

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」は、映画「マッドマックス」シリーズの第4作目です。
シリーズ第3作「マッドマックス/サンダードーム」から27年の時を経て公開されました。
オーストラリアとアメリカによって製作されています。

本作は「マッドマックス2」と同じく、ジョゼフ・キャンベルの「千の顔を持つ英雄」をテーマとしており、大規模な核戦争によって荒廃した世界を舞台に、元警官であるマックスの新たな戦いが描かれます。

監督は「マッドマックス」シリーズを手掛けてきたジョージ・ミラー。
1979年の「マッドマックス」で監督と脚本を担当して長編映画デビュー。
後にシリーズ化されて大ヒットを記録します。

本作の企画はジョージ・ミラーが長年温めていたものであり、一年の歳月を費やして完成させました。

出演はトム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、ヒュー・キース・バーンなど。

2015年に公開され、大ヒットを記録するだけでなく、第88回アカデミー賞で10部門のノミネート、最多となる6部門で受賞しています。

また、本作に関連して、前日譚を描いたコミックやテレビゲームも発表されています。

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のあらすじ

核兵器を用いた戦争によって壊滅的なダメージを受けた世界。

海は干上がり、見渡す限り砂漠が広がって、生き残った人々は残った物資と資源を求めて争いを繰り返して生きていた。
文明社会はすでに崩壊し、武力を頼りにする世界が構築されている。

元警官のマックスは、愛車であるインターセプターでひとり旅を続けていた。
過去に目の前で失われた、自分の力で守れなかった命が幻聴や幻聴として時折現れ、精神を苛まれながらも放浪の旅をしている。

道中、謎の集団に襲われたマックスは捕まってしまい、インターセプターは破壊され、自由を奪われたうえ男たちに連れ去られてしまう。

“シタデル”という砦に連れ込まれたマックスは髪を切られ、背には入れ墨を施されて、血液を必要としている人々に輸血するため生かされたまま拘束される。
幻覚に苛まれたタイミングで逃げ出そうとしても失敗してしまった。

シタデルはイモータン・ジョーが首領として独裁社会を築いていた。
“ウォーボーイズ”というスキンヘッドに全身を白塗りした男たちを従えて、好戦的な軍団を組織する一方、潤沢な地下水を独占し、農作物を作ることで支配力を高めている。

ウォーボーイズは独自の教義により、イモータン・ジョーのために戦って死ぬことを至上の幸福としていた。

ジョーの部隊を率いる大隊長であるフュリオサはある時、ジョーから隣町のガスタウンで物資を回収するよう指示され、トレーラーに乗り込み、部隊を率いて出発する。

しかしその時、彼女はジョーが一族の子供を産ませるために監禁していた五人の妻を秘密裏に連れ出し、自らの出生地”緑の地”で匿うという計画を実行に移した。
フュリオサの意思により、トレーラーの進路は移動中に変更される。

監禁していたはずの妻である”ワイブズ”が消えていることに気付いたジョーは、フュリオサの裏切り、自らの妻と胎内に存在しているはずの我が子を奪われたことを知り、自ら大軍勢を率いて追跡を開始した。
援軍を用意した上で、広大な砂漠でフュリオサのトレーラーを追い詰めようとする。  

その時、ウォーボーイズのひとりであるニュークスは、放射能の影響で定期的に輸血を必要としているため、自らの車に”輸血袋”として人間を鎖で縛りつけて出撃する。
そして、輸血袋として連れ出されたマックスもこの戦いに巻き込まれることとなるのだった…。

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の感想

とにかく迫力ある映像のカーチェイスが目玉です。

独特の世界観が鮮やかに描かれ、多種多様な車両が登場するほか、登場人物の中にはギターから火を吹き出しながら演奏しているという奇抜な人もいます。  

ほとんどの時間が走りっぱなしで、その中でも登場人物の個性が色濃く描かれていて、体感ではあっという間に観終わってしまったのとは裏腹に、非常に見応えのある作品です。

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のスタッフ

監督:ジョージ・ミラー
製作:ダグ・ミッチェル、ジョージ・ミラー、P・J・ヴォーテン
製作総指揮:イアイン・スミス、グレアム・バーク、ブルース・バーマン
脚本:ジョージ・ミラー、ブレンダン・マッカーシー、ニコ・ラソウリス
撮影:ジョン・シール
プロダクションデザイン:コリン・ギブソン
衣装デザイン:ジェニー・ビーヴァン
編集:マーガレット・シクセル
音楽:ジャンキー・XL

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のキャスト

マックス:トム・ハーディ(AKIRA)
フュリオサ:シャーリーズ・セロン(本田貴子)
ニュークス:ニコラス・ホルト(中村悠一)
イモータン・ジョー:ヒュー・キース=バーン(竹内力)
スプレンディド:ロージー・ハンティントン=ホワイトリー(たかはし智秋)
ケイパブル:ライリー・キーオ(植竹香菜)
トースト:ゾーイ・クラヴィッツ(田村睦心)
ザ・ダグ:アビー・リー(大津愛理)
フラジール:コートニー・イートン(潘めぐみ)
リクタス:ネイサン・ジョーンズ(真壁刀義)
スリット:ジョシュ・ヘルマン(奈良徹)
人食い男爵:ジョン・ハワード(後藤哲夫)
武器将軍:リチャード・カーター(千葉繁)
iOTA
オーガニック・メカニック:アンガス・サンプソン(飯島肇)
ミス・ギディ(ばあや):ジェニファー・ヘイガン(沢田敏子)
バルキリー:メーガン・ゲイル(加藤有生子)
種を持つ老婆:メリッサ・ジャファー(巴菁子)
ジョイ・スミザース
コーパス・コロッサス:クエンティン・ケニハン(斎藤志郎)

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
pandora ×
YouTube ×

調査した時点では映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

今後アップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいといった状態であることが多いからです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の関連作品

監督:ジョージ・ミラーのその他の作品

ハッピー フィート2 踊るペンギンレスキュー隊(2011)
監督:ジョージ・ミラー
出演:イライジャ・ウッド、ロビン・ウィリアムズ、ハンク・アザリア他
ペンギンを主人公とした3DCGアニメーション映画「ハッピーフィート」の続編。
日本語吹き替え版には、劇団ひとりや鈴木福などの人気タレントが多く起用されている。

出演:トム・ハーディのその他の作品

ブラックホーク・ダウン (2001)
監督:リドリー・スコット
出演:ジョシュ・ハートネット、ユアン・マクレガー、トム・サイズモア、トム・ハーディ他

インセプション (2010)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、マリオン・コティヤール、トム・ハーディ、マイケル・ケイン他

ダークナイト ライジング (2012)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ケイン、アン・ハサウェイ、トム・ハーディ他

ダンケルク (2017)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:フィオン・ホワイトヘッド、トム・グリン=カーニー、ジャック・ロウデン、トム・ハーディ他

ヴェノム (2018)
監督:ルーベン・フライシャー
出演:トム・ハーディ、ミシェル・ウィリアムズ、リズ・アーメッド他

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ(2021)
監督:アンディ・サーキス
出演:トム・ハーディ、ウディ・ハレルソン、ナオミ・ハリス他
「ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース」の2作目で「ヴェノム」の続編。
監督は前作から変わってアンディ・サーキスに引き継がれ、トム・ハーディも脚本に参加している。

出演:シャーリーズ・セロンのその他の作品

ワイルド・スピード ICE BREAK (2017)
監督:F・ゲイリー・グレイ
出演:ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、ミシェル・ロドリゲス、シャーリーズ・セロン他

オールド・ガード(2020)
監督:ジーナ・プリンス=バイスウッド
出演:シャーリーズ・セロン、キキ・レイン、マティアス・スーナールツ他
人気を博した同名のグラフィック・ノベルを映画化した作品。
何世代にも渡って戦い続ける不死身の戦士たちを描いた内容。

ワイルド・スピード/ジェットブレイク (2020)
監督:ジャスティン・リン
出演:ヴィン・ディーゼル、ミシェル・ロドリゲス、ジョン・シナ、シャーリーズ・セロン他

出演:ニコラス・ホルトのその他の作品

X-MEN:ダーク・フェニックス (2019)
監督:サイモン・キンバーグ
出演:ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ニコラス・ホルト他

モンタナの目撃者(2021)
監督:テイラー・シェリダン
出演:アンジェリーナ・ジョリー、フィン・リトル、ニコラス・ホルト他
マイケル・コリータの小説を基にしたウェスタンスリラー映画。
ハンナ・フェイバーがコナー・キャサリーを守ろうとする一方、山火事は徐々に勢いを増す。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービスを調べてみたところ、U-NEXT、Hulu、Amazonプライムビデオ、TELASA、music.jpという結果になりました。

なかでもU-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
お試しして1ヵ月以内に解約すれば無料ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

動画配信サービス選びに迷っているなら

タイトルとURLをコピーしました