映画ボーン・アイデンティティー吹き替えフル動画が無料のサブスクは?声優は?Dailymotionで見れる?

映画「ボーン・アイデンティティー」吹き替えフル動画 洋画

「ボーン・アイデンティティー」は2003年に公開されたアメリカのアクション映画。
ロバート・ラドラムの小説「暗殺者」が原作となっており、それまでの記憶をなくした男が次々と現れる刺客を退けながら、自分が何者なのかを探る姿を描いています。

映画「ボーン・アイデンティティー」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サブスク

映画「ボーン・アイデンティティー」吹き替えフル動画は、U-NEXTは見放題なので無料お試し期間に追加でレンタル料金を支払わなくても何度でも見ることができます。

music.jpは無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で27万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT(吹替版/字幕版)

無料見放題

U-NEXTの詳細はこちら

music.jp(吹替版/字幕版)

レンタル・ポイント利用で無料

映画「ボーン・アイデンティティー」吹き替えフル動画を無料で見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る27万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で180誌以上の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して週刊少年ジャンプや人気コミックなど91万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「ボーン・アイデンティティー」吹き替えフル動画以外にも見放題の音楽ライブの配信やUFC・K-1といった格闘技イベント、そして2023年6月30日に統合したParaviで配信されていた1万エピソード以上のTBSやテレビ東京のドラマ・バラエティ番組といった数多くのコンテンツを無料で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ下部の検索アイコンをタップすると移動する検索ページで「ボーン・アイデンティティー」と入力して検索すれば、作品の個別ページから映画「ボーン・アイデンティティー」吹き替えフル動画を見ることができますよ。
吹き替え版/字幕版は再生時に切り替えることができます。

本ページの情報は2024年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

見逃し配信バナー

U-NEXTの詳細はこちら

映画「ボーン・アイデンティティー」の作品情報・あらすじ・感想

監督は「Mr.&Mrs.スミス」や「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のダグ・リーマン。
脚本はトニー・ギルロイです。
トニー・ギルロイは「ボーン」シリーズのうち、本作から4作目まで脚本を担当し、4作目の「ボーン・レガシー」では監督を担当しています。

本作のシリーズとして、2004年に「ボーン・スプレマシー」、2007年に「ボーン・アルティメイタム」、2012年に「ボーン・レガシー」、2016年に「ジェイソン・ボーン」が公開されています。

アメリカでは週末興行成績で初登場2位となり、興行収入は2.14億ドル。
日本でも同日公開の「ハリー・ポッターと秘密の部屋」を抑え、週末興行成績初登場1位を飾っています。

主人公ボーンを演じたのは「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」や「オーシャンズシリーズ」のマット・デイモン。
ジェレミー・レナーが主人公を演じたスピンオフ作品「ボーン・レガシー」を除いて、シリーズすべての作品で主人公を演じました。

また、ボーンと行動を共にするヒロインは「ラン・ローラ・ラン」のフランカ・ポテンテが演じています。

映画「ボーン・アイデンティティー」のあらすじ

マルセイユ沖で遭難していた男が漁船に引き揚げられ救助される。

漁船の船医が銃で撃たれていた男を手当てしていると、男が目を覚ます。
男は自分が何者であるか思い出せなかった。
手がかりは、皮膚に埋め込まれた、チューリッヒ銀行の貸金庫の番号が記されたマイクロカプセルのみ。

傷が癒えるまで漁船で世話になった男は記憶を取り戻すため、スイスにあるチューリッヒ銀行へと向かう。

男はスイスに到着し公園で野宿をしていると、警官に声をかけられる。
警官に公園を追い出されそうになったその時、無意識に体が反応し、男は警官2名を昏倒させ、拳銃まで奪い取っていた。
人と戦うことが体に染みついていることに驚く男。

翌日、チューリッヒ銀行に向かい、マイクロチップに示された貸金庫を開けてみると、そこには「パリ在住のジェイソン・ボーン」と記されたパスポートとその他違う名前が記された偽造パスポート、札束、拳銃が保管されていた。

自分が「ジェイソン・ボーン」だということが分かった男は、自分の身元を詳しく調べてもらうため、アメリカ領事館に向かう。
しかし、昨日警官を昏倒させたボーンは、警備員にマークされており、警備員に追われてしまう。

たまたま領事館に居合わせたドイツ人女性・マリーに、大金と交換にパリまで車に乗せてくれるよう交渉する。
マリーは承諾し、パリまでボーンを送ることとなる。

同じ頃、スイスのチューリッヒ銀行からCIAのトレッドストーン本部へ、ボーンが銀行に現れたことが通報された。
ボーンはCIAの要員で、アフリカの亡命独裁者ウォンボシの暗殺に失敗し、逆にCIAから命を狙われることになってしまったのだった。

ボーンの行方を追っていたCIAのコンクリンは、ボーンの目的地を推測して、暗殺者たちにボーンを葬るよう命じる。

パリにたどりついたボーンとマリーは、ボーンのパスポートの住所欄にあったアパートを訪れる。
アパートにあるものから何か記憶を取り戻せないかと探っていると、突然、刺客がアパートを襲撃。

応戦したボーンは、機関銃やナイフを使って攻撃してくる刺客の動きを封じることに成功する。
自分を狙う訳を刺客から聞き出そうとするが、目を離した隙に刺客はアパートから飛び降り自ら命を絶ってしまう。

刺客の持ち物を調べると、ボーンとマリーの写真が見つかり、自分たちが指名手配されていることにふたりは気づく。
ただボーンを車に乗せただけのマリーも指名手配されていることに、マリーはショックを受ける。

ボーンといることで危険な目にあったマリーだったが、ひとりで逃げても指名手配されている以上、安全ではないと考えたマリーは、ボーンと行動を共にすることを決める…。

映画「ボーン・アイデンティティー」の感想

「スパイ映画」というと、「ミッション:インポッシブル」や「007」のような、「派手なスパイアイテムに美女」を連想する方も多いと思いますが、この「ボーン・アイデンティティー」はこれまでのスパイ映画とは一味違った「無骨な」スパイ映画です。

目新しいスパイアイテムは一切登場せず、主人公ボーンは、そのあたりに落ちている日常的な道具を使って戦います。

ただの紐がボーンにとっては武器になり、アイテムを使わずとも、機転を利かせることで相手を欺くボーンの闘い方は非常に斬新で、戦闘シーンが訪れると「次はどんな闘い方をするのだろう」と視聴者をワクワクさせてくれます。

またアクション要素に絡めて、サスペンス要素も強いこの作品。
主人公ボーンはそれまでの記憶がない状態で、ボーンが何者であるかをボーンと視聴者が一緒に探っていくストーリーは、最後まで緊張感が続き、ストーリー展開から目が離せません。

派手なシーンはないものの、ひとつひとつのシーンが丁寧に作りこまれたスパイ映画となっています。

また「ボーン・アイデンティティー」をはじめとする、すべての「ボーン」シリーズでエンディングテーマとして使用されているモービーの「Extreme Ways」もこの映画の魅力のひとつです。
印象的なイントロが「ボーン・アイデンティティー」の世界観とマッチしており、作品のエンディングを盛り上げる重要な枠割を担っています。

映画「ボーン・アイデンティティー」のスタッフ

監督:ダグ・リーマン
製作:パトリック・クローリー、リチャード・N・グラッドスタイン、ダグ・リーマン
製作総指揮:ロバート・ラドラム、フランク・マーシャル
原作:ロバート・ラドラム『暗殺者』新潮文庫刊
脚本:トニー・ギルロイ、ウィリアム・ブレイク・ヘロン
撮影:オリヴァー・ウッド
編集:サー・クライン
音楽:ジョン・パウエル

映画「ボーン・アイデンティティー」のキャスト※()内は日本語吹き替え版声優

ジェイソン・ボーン:マット・デイモン(平田広明)
マリー・クルーツ:フランカ・ポテンテ(湯屋敦子)
テッド・コンクリン:クリス・クーパー(菅生隆之)
教授:クライヴ・オーウェン(楠大典)
ウォード・アボット:ブライアン・コックス(糸博)
ニクワナ・ウォンボシ:アドウェール・アキノエ=アグバエ(藤本譲)
ダニー・ゾーン:ガブリエル・マン(宮本充)
リサーチ#1:ウォルト・ゴギンズ(伊藤健太郎)
リサーチ#:2ジョシュ・ハミルトン(後藤敦)
ニコレット”ニッキー”・パーソンズ:ジュリア・スタイルズ(沢海陽子)
ジャンカルロ:オルソ・マリア・グエリーニ(福田信昭)
イーモン:ティム・ダットン(相沢まさき)

映画「ボーン・アイデンティティー」フル動画をDailymotion、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
YouTube ×

調査した時点では映画「ボーン・アイデンティティー」フル動画をDailymotion、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

今後アップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいといった状態であることが多いからです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「ボーン・アイデンティティー」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「ボーン・アイデンティティー」の関連作品

監督:ダグ・リーマンのその他の作品

Mr.&Mrs. スミス (2005)
監督:ダグ・リーマン
出演:ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー、ヴィンス・ヴォーン他

オール・ユー・ニード・イズ・キル (2014)
監督:ダグ・ライマン
出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン他

バリー・シール アメリカをはめた男(2017)
監督:ダグ・リーマン
出演:トム・クルーズ、ドーナル・グリーソン、サラ・ライト、ジェシー・プレモンス、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、ローラ・カーク他
敏腕パイロットであるバリー・シールはCIAから勧誘され、パイロットとしてCIAの秘密任務に携わることとなる。
作戦の中で麻薬王であるパブロ・エスコバルと接触したバリーは、麻薬の運び屋として活動を始める。

出演:マット・デイモンのその他の作品

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち (1997)
監督:ガス・ヴァン・サント
出演:ロビン・ウィリアムズ、マット・デイモン、ベン・アフレック他

オーシャンズ11 (2001)
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツ、マット・デイモン他

アジャストメント (2011)
監督:ジョージ・ノルフィ
出演:マット・デイモン、エミリー・ブラント、アンソニー・マッキー他

インターステラー (2014)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、マット・デイモン他

オデッセイ (2015)
監督:リドリー・スコット
出演:マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ他

グレートウォール (2016)
監督:チャン・イーモウ
出演:マット・デイモン、ジン・ティエン、ペドロ・パスカル他

フォードvsフェラーリ (2019)
監督:ジェームズ・マンゴールド
出演:マット・デイモン、クリスチャン・ベイル、ジョン・バーンサル他

最後の決闘裁判 (2021)
監督:リドリー・スコット
出演:マット・デイモン、アダム・ドライヴァー、ジョディ・カマー他
エリック・ジェイガーによるノンフィクション『決闘裁判 世界を変えた法廷スキャンダル』を原作とする作品。
14世紀のフランスで実際に行われた騎士ジャン・ド・カルージュと従騎士のジャック・ル・グリによる決闘裁判を描く。

出演:ブライアン・コックスのその他の作品

RED/レッド (2010)
監督:ロベルト・シュヴェンケ
出演:ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、ジョン・マルコヴィッチ、ブライアン・コックス他

ピクセル (2015)
監督:クリス・コロンバス
出演:アダム・サンドラー、ケヴィン・ジェームズ、ミシェル・モナハン、ブライアン・コックス他
パトリック・ジーンによる短編映画を原作とする作品。
NASAが送った地球を紹介するメッセージを受け取った宇宙人が、宣戦布告と解釈して過去のアーケードゲームのキャラクターを使って地球に攻撃を開始する。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
映画「ボーン・アイデンティティー」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービスを調べてみたところ、U-NEXT、music.jpという結果になりました。

なかでもU-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
お試しして1ヵ月以内に解約すれば無料ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

見逃し配信バナー

U-NEXTの詳細はこちら

動画配信サービス選びに迷っているなら

タイトルとURLをコピーしました