映画オデッセイ吹き替えフル動画は無料で見れる?Dailymotionでは?

映画オデッセイ吹き替えフル動画 洋画

2015年に公開のSF映画。
アンディ・ウィアーの小説「火星の人」を原作にリドリー・スコットが監督を務める。
火星にひとり取り残されてしまった植物学者が、前向きに生き延びようとする姿と、何とかして彼を地球に帰還させようとする地球側の前代未聞の作戦を描いた作品。

映画「オデッセイ」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービス

映画「オデッセイ」吹き替えフル動画は、U-NEXTは見放題なので、無料お試し期間に追加でレンタル料金を支払わなくても何度でも見ることができます。

TELASA、music.jpは無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で20万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT(吹替版/字幕版)

U-NEXTの詳細はこちら

TELASA(吹替版)

TELASAの詳細はこちら

music.jp(吹替版/字幕版)

映画「オデッセイ」吹き替えフル動画を無料で見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る20万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で70誌以上の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して人気コミックなど32万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「オデッセイ」吹き替えフル動画以外にも数多くのコンテンツを無料で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ上部の検索窓に「オデッセイ」と入力して検索すれば、作品の個別ページから「オデッセイ」を見ることができますよ。
吹き替え版/字幕版は再生時に切り替えることができます。

本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

映画「オデッセイ」の作品情報、あらすじ、感想

「宇宙に取り残されてしまう映画=絶望的に切ない映画」というような根本的なイメージを180度ひっくり返してくれた作品です。

マッド・デイモン演じるワトニーが、目が覚めたらただひとり火星に取り残されていて、通信手段も食料も、水も電気もなく、八方ふさがりの窮地にさらされますが、明るく前向きなワトニーはそんな状況でも決してふさぎ込まず、前を向いて解決策を考えます。

エンジニアの経験と、植物学者としての経験をフルに活かし、まずは水・電気・空気を確保し、クルー達の排泄物を肥料として活用しジャガイモの栽培を成功させたり、更には通信機器まで回復させ地球と通信を出来るまでになります。

どうにかして生き延びようと前向きに奮闘するワトニーと、彼を見捨てて地球に戻ってしまったことを知ったクルー達とNASAが、ワトニーをどうにか助けようと奮闘する展開は、今までにないSF映画です。
SF作品をあまり観ない女性の方にもオススメの作品です。

映画「オデッセイ」のあらすじ

宇宙飛行士として有人火星探査ミッション「アレス3」に参加したエンジニア兼植物学者のマーク・ワトニー(マット・デイモン)は、他の5人のクルーと共に火星の地表探査の為、ヘルメス号で火星に到着しました。

しかし、クルー達が探査中に激しい嵐が起き、火星で調査するはずだった全ての作業を諦め、火星から脱出することを余儀なくされます。

激しい嵐の中、退避する為ヘルメス号へ向かうクルー達ですが、突然の激しい突風で飛ばされてきたアンテナがワトニーに直撃し、ひとり吹き飛ばされてしまします。

指揮官を務めるメリッサ・ルイスは行方が分からなくなってしまったワトニーを「死亡」と判断し、クルー達を乗せたヘルメス号は地球へ帰還してしまいます。

ところが、ワトニーはいくつもの奇跡が重なり生きていたのでした。
クルー達が地球へと帰還してしまい、地球との通信手段もないワトニーは、ひとり絶望の淵に立たされます。

しかし、いつも前向きで明るい性格のワトニーは決して諦めることなく、なんとかして生き延びてやろう、と行動を起こします。

ワトニーは植物学者の知識と経験を活かして、前回の探査調査のクルー達が残して行った物を利用し、生きていくために必要な水と電気、空気を確保します。

更に生のジャガイモを発見したワトニーは、火星の土と、クルー達の排泄物を肥料に「良質の土」を作り、ジャガイモの栽培を始め、収穫するまでに至ります。

ワトニーは次のクルーが到着するまでの4年間を生き延びなければならない為、エンジニアとしての経験も活かし、ソーラーパネルとローバーを作動させました。

NASAの人々もソーラーパネルが作動していることから、もしかしてワトニーがまだ生きているのではないかと考えるようになります。

しかし、食料などは足りてるはずはなく、通信が取れないNASAはワトニーの生存に確証が取れない為、地球に帰還したクルー達にはワトニー生存の可能性は伏せていました。

その後、ワトニーが生きていることを確信したクルーたち、そしてNASAは、ワトニーを救出するために過去に前例のない救出計画を実行しようとするのでした…。

映画「オデッセイ」の感想

マッド・デイモン演じるワトニーが一人火星に取り残され、絶望的な状況なのに明るく前向きで、知識と経験をフルに活用し、何とかして試行錯誤して生き延びようとする姿が、観ている側も応援したくなってしまう作品です。

ワトニーの生存を知ったクルーや、NASAも何とかしてワトニーを救出しようとする姿に静かな感動が湧き上がってきます。

SF作品になじみのない女性の方にもぜひオススメしたい作品でした。

映画「オデッセイ」のスタッフ

監督:リドリー・スコット
製作:サイモン・キンバーグ、リドリー・スコット、マイケル・シェイファー、アディッティア・スード、マーク・ハッファム
製作総指揮:ドリュー・ゴダード
原作:アンディ・ウィアー『火星の人』(早川書房刊)
脚本:ドリュー・ゴダード
撮影:ダリウス・ウォルスキー
プロダクションデザイン:アーサー・マックス
衣装デザイン:ジャンティ・イェーツ
編集:ピエトロ・スカリア
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

映画「オデッセイ」のキャスト※()内は日本語吹替版キャスト

マーク・ワトニー:マット・デイモン(神奈延年)
メリッサ・ルイス:ジェシカ・チャステイン(林真里花)
アニー・モントローズ:クリステン・ウィグ(加藤有生子)
テディ・サンダース:ジェフ・ダニエルズ(郷田ほづみ)
リック・マルティネス:マイケル・ペーニャ(石上裕一)
ベス・ヨハンセン:ケイト・マーラ(白川万紗子)
ミッチ・ヘンダーソン:ショーン・ビーン(磯部勉)
クリス・ベック:セバスチャン・スタン(浜田賢二)
アレックス・フォーゲル:アクセル・ヘニー(志賀麻登佳)
ビンセント・カプーア:キウェテル・イジョフォー(志村知幸)
ブルース・ン:ベネディクト・ウォン(魚建)
ミンディ・パーク:マッケンジー・デイヴィス(東條加那子)
リッチ・パーネル:ドナルド・グローヴァー(岡井克升)
ティム・グライムズ:ニック・モハメッド(あべそういち)
チュー・タオ:チェン・シュー(髙梨愛)
グオ・ミン:エディ・コー(佐々木省三)
マイク・ワトキンス:エンゾ・シレンティ(上田燿司)
ブレンダン・ハッチ:ジョナサン・アリス(佐藤晴男)
リョーコ:ナオミ・スコット

映画「オデッセイ」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
pandora ×
YouTube ×

調査した時点では映画「オデッセイ」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

今後アップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいなどの理由からです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「オデッセイ」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「オデッセイ」の関連作品

監督:リドリー・スコットのその他の作品

エイリアン (1979)
監督:リドリー・スコット
出演:トム・スケリット、シガーニー・ウィーヴァー、ジョン・ハート他
1979年公開のリドリー・スコットの出世作。
搭乗員7人を乗せたノストロモ号は、地球へ帰還する途中に知的生命体からの物と思われる信号を受信し、発信源の小惑星に探索に向かいます。
搭乗員が船外に降り立ち調査に向かいますが、得体のしれない宇宙船を見付け、その中には化石化した宇宙人と、卵のような物体を多数発見します。
すると、突然、卵に近づいた搭乗員の体に卵の中から何かが飛び出し寄生してしまいます。
一方、船内に残った通信士のリプリー(シガニー・ウィーバー)も受信した信号は救助を求める信号ではなく、警告を示す信号だったことを解明します。

出演:マット・デイモンのその他の作品

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち (1997)
監督:ガス・ヴァン・サント
出演:ロビン・ウィリアムズ、マット・デイモン、ベン・アフレック他
大学の教授ジェラルド・ランボーは、数学の難問をいとも簡単に解いてしまうアルバイトの青年ウィル・ハンティングの才能を開花させようと奮闘します。
しかし、ウィルは傷害事件を度々起こしては鑑別所に入ることを繰り返していました。
諦めきれないランボーはウィルを更生させる為に様々なカウンセラーに見せて、ウィルが正しい道を歩み、自身の才能を活かせるように導いてゆきます。

ボーン・アイデンティティー (2002)
監督:ダグ・リーマン
出演:マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、クリス・クーパー他
元CIAの工作員ジェイソン・ボーンは、背中を銃弾で撃たれ、自分の名前も経歴も記憶を全て失って地中海で漂流していました。
かすかな手掛かりを頼りに、自分の記憶を辿って行きますが、同時にCIAも行方不明の工作員としてボーンの行方を探し殺害しようとします。
自身の記憶を呼び起こし、巨大な陰謀の隠蔽を阻止するためにボーンは闘いを挑みます。
「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」の全三部作。

フォードvsフェラーリ (2019)
監督:ジェームズ・マンゴールド
出演:マット・デイモン、クリスチャン・ベイル、ジョン・バーンサル他

出演:ジェシカ・チャステインのその他の作品

X-MEN:ダーク・フェニックス (2019)
監督:サイモン・キンバーグ
出演:ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ジェシカ・チャステイン他

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。 (2019)
監督:アンディ・ムスキエティ
出演:ジェームズ・マカヴォイ、ジェシカ・チャステイン、ビル・ヘイダー他
スティーヴン・キングの小説を原作とする作品。
田舎町デリーに再び”ペニーワイズ”が出現。
ルーザーズ・クラブのメンバーは27年前の誓いに従ってデリーに集まるが…。

出演:クリステン・ウィグのその他の作品

ヒックとドラゴン (2010)
監督:クリス・サンダース他
声の出演:ジェイ・バルシェル、ジェラルド・バトラー、アメリカ・フェレーラ、クリステン・ウィグ他

ヒックとドラゴン2 (2014)
監督:ディーン・デュボア
声の出演:ジェイ・バルシェル、ケイト・ブランシェット、ジェラルド・バトラー、クリステン・ウィグ他

ヒックとドラゴン 聖地への冒険 (2019)
監督:ディーン・デュボア
声の出演:ジェイ・バルシェル、アメリカ・フェレーラ、ケイト・ブランシェット、クリステン・ウィグ他
クレシッダ・コーウェルの児童文学を原作とする「ヒックとドラゴン」シリーズ第3作にして完結編。
ドラゴンが増えて手狭になったバーク島を出て新天地を探すヒックたちの冒険とドラゴンハンターとの戦いを描く。

出演:ショーン・ビーンのその他の作品

白雪姫と鏡の女王 (2012)
監督:ターセム・シン・ダンドワール
出演:ジュリア・ロバーツ、リリー・コリンズ、アーミー・ハマー、ショーン・ビーン他
グリム童話「白雪姫」を原作とする作品。
幼い頃、国王である父親が亡くなり、継母の女王によって城の中に閉じ込められて育った白雪姫。
18歳になった姫は城の女中たちから女王の横暴を知らされ…。

出演:ベネディクト・ウォンのその他の作品

ジェミニマン (2019)
監督:アン・リー
出演:ウィル・スミス、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、クライヴ・オーウェン、ベネディクト・ウォン他

出演:マッケンジー・デイヴィスのその他の作品

ターミネーター:ニュー・フェイト (2019)
監督:ティム・ミラー
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、マッケンジー・デイヴィス他

出演:ナオミ・スコットのその他の作品

チャーリーズ・エンジェル (2019)
監督:エリザベス・バンクス
出演:クリステン・スチュワート、ナオミ・スコット、エラ・バリンスカ他

まとめ

いかがでしたでしょうか。
映画「オデッセイ」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービスを調べてみたところ、U-NEXT、TELASA、music.jpという結果になりました。

なかでもU-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
お試しして1ヵ月以内に解約すれば無料ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました