映画アトミック・ブロンド吹き替えフル動画を無料視聴できるサブスクは?声優は?Dailymotionで見れる?

映画「アトミック・ブロンド」吹き替えフル動画 洋画

冷戦末期の1989年、あるミッションを遂行するためにベルリンにやってきたMI6の女スパイが次々と襲ってくる刺客と闘いを繰り広げる。
「ブレット・トレイン」のデヴィッド・リーチが監督を務め、主演のシャーリーズ・セロンのほか、ジェームズ・マカヴォイ、ジョン・グッドマン、ティル・シュヴァイガー、ビル・スカルスガルドなどが出演した映画「アトミック・ブロンド」

映画「アトミック・ブロンド」吹き替えフル動画を無料視聴できる動画配信サブスク

映画「アトミック・ブロンド」吹き替えフル動画は、U-NEXT、Hulu、Amazonプライムビデオは見放題なので、無料お試し期間に追加でレンタル料金を支払わなくても何度でも見ることができます。

music.jp、DMM TVは無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で29万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT(吹替版/字幕版)

無料見放題

U-NEXTの詳細はこちら

Hulu(吹替版/字幕版)

無料見放題

Huluの詳細はこちら

Amazonプライムビデオ(吹替版/字幕版)

無料見放題

Amazonプライムビデオの詳細はこちら

music.jp(吹替版/字幕版)

レンタル・ポイント利用で無料

DMM TV(吹替版/字幕版)

レンタル・ポイント利用で無料

DMM TVの詳細はこちら

映画「アトミック・ブロンド」吹き替えフル動画を無料で見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る29万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で190誌以上の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して週刊少年ジャンプや人気コミックなど94万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「アトミック・ブロンド」吹き替えフル動画以外にも見放題の音楽ライブの配信やUFC・K-1といった格闘技イベント、そして2023年6月30日に統合したParaviで配信されていた1万エピソード以上のTBSやテレビ東京のドラマ・バラエティ番組といった数多くのコンテンツを無料で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ下部の検索アイコンをタップすると移動する検索ページで「アトミック・ブロンド」と入力して検索すれば、作品の個別ページから映画「アトミック・ブロンド」吹き替えフル動画を見ることができますよ。
吹き替え版/字幕版は再生時に切り替えることができます。

本ページの情報は2024年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

見逃し配信バナー

U-NEXTの詳細はこちら

映画「アトミック・ブロンド」の作品情報・あらすじ

映画「アトミック・ブロンド」は、イギリスの女性スパイ・ロレーンが1989年のベルリンで機密情報の奪還と裏切り者の探索に挑むスパイアクション映画です。

本作には以下のような見どころがあります。

シャーリーズ・セロンが演じるロレーンは、美しくて強くてセクシーなキャラクターで、スタントなしで激しいアクションシーンに挑んでいます。
特に階段での格闘やカーアクションは息をのむ迫力です。

映画は東西ドイツの統一を目前にした冷戦末期の歴史的背景を反映しており、各国の諜報機関が入り乱れて騙し合いや命の奪い合いを繰り広げます。
真実も嘘も敵も味方もわからない状況下で、ロレーンがどうやって任務を遂行するかがスリリングです。

映画の色彩や音楽も魅力的です。
暗くてダークな世界観に彩りを添えるように、ロレーンの衣装やメイクは派手でオシャレです。
また、80年代のヒット曲が劇中で流れることで、時代感や雰囲気が盛り上がります。

シャーリーズ・セロンは、映画のために約3ヶ月間の激しいトレーニングを受けました。
その結果、彼女は8本の歯を折り、2本の歯を外科手術で抜く必要がありました。

映画の中でロレーンが着用している衣装は、すべて実際に1989年に流行していたものです。
デザイナーのシンディ・エヴァンスは、当時の雑誌や写真を参考にして、ロレーンのキャラクターに合ったスタイリッシュでセクシーな服を選びました 。

映画の中でロレーンとデルフィーヌのベッドシーンは、シャーリーズ・セロンとソフィア・ブテラが自分たちで考えて演じたものです。
監督のデヴィッド・リーチは、ふたりに自由にやってもらうことで、より自然で感情的なシーンになると考えました 。

この映画のロケ地は、主にハンガリーの首都ブダペストです。
ベルリン、ロンドン、パリのシーンの多くも、ブダペストで撮影されました。
1980年代のベルリンの街の質感を再現するために、ブダペストが選ばれたそうです。
他にも、ドイツのベルリンやイギリスのロンドンなどでも一部のシーンが撮影されました。

シャーリーズ・セロン(ロレーン役)は、自分の役柄について「彼女はとても複雑で、強い半面、脆くもあり、ズルいけれど、かわいらしいところもある。そんな彼女を演じることができたのはうれしいことだった。彼女は自分の感情を表すことはしないが、それでも観客に思い入れを持ってもらえるようにしたかった」と語っています。

ジェームズ・マカヴォイ(パーシヴァル役)は、自分の役柄について「彼はベルリン暮らしが長く、そこを自分の家のように感じている。でも、実際には根無し草だ。彼はスパイとしての自分が見えなくなってしまっている。だから、彼は自分の楽しみのため色々なことを仕掛ける。それを糧に彼は生きている」と語っています。

ソフィア・ブテラ(デルフィーヌ役)は、ロレーンとの関係について「私はロレーンとデルフィーヌの関係が愛おしかった。ふたりは互いに惹かれているけど、それ以上に信頼関係がある。ふたりは孤独な生活が長かったから、お互いの中に安らぎを感じている」と語っています。

映画「アトミック・ブロンド」のあらすじ

1989年、東西冷戦末期のベルリン。

イギリスの女性スパイであるロレーン・ブロートン(シャーリーズ・セロン)は、MI6に潜む二重スパイ・サッチェルの正体を暴くためにベルリンに派遣される。

彼女には同僚のガスコインが始末されて奪われた、西側諜報員の名前が記されたリストを取り戻すという任務も与えられていた。

現地でMI6のエージェント・パーシヴァル(ジェームズ・マカヴォイ)と連絡を取るロレーンだが、彼は不信感を抱かせる言動を繰り返す。
また、ロレーンはフランスの新米スパイ・デルフィーヌ(ソフィア・ブテラ)と出会い、恋仲になる。

ロレーンはリストを持ったKGBのバクティンが闇市場で売りさばこうとしていることを突き止める。
彼女はバクティンを追跡し、激しいカーチェイスの末に葬るが、リストは既にパーシヴァルに奪われていた。

パーシヴァルはリストを手に入れるためにガスコインの命を奪い、バクティンを利用したことが明らかになる。
彼はさらに、リストを暗記した東ドイツの警察官・スパイグラス(エディ・マーサン)を西ドイツに亡命させる作戦に加わるが、その裏でKGBに情報を流していた。

ロレーンとスパイグラスはベルリンの壁崩壊直前の混乱に乗じて脱出を試みるが、KGBや警察の追撃を受ける。
階段での激しい格闘や銃撃戦の末になんとか逃げ切ったふたりだが、パーシヴァルが現れてスパイグラスに銃弾を撃ち込む。

ロレーンはパーシヴァルと対峙し、彼がサッチェルなのだと感じる。
しかし、パーシヴァルは自分がサッチェルではなく、サッチェルはロレーンだと主張する。

彼はロレーンに協力するよう持ちかけるが、拒否されて銃撃戦となる。
最終的にロレーンはパーシヴァルを葬り、リストを奪還する。

ロレーンは任務完了後にMI6本部で尋問される。
彼女は自分がサッチェルではなく、パーシヴァルがサッチェルだったことを証明する。

しかし、実は彼女は本当にサッチェルであり、CIAやKGBと裏で繋がっていた。
彼女は自分の正体を隠すためにパーシヴァルやデルフィーヌ(彼女もKGBのスパイだった)の命を奪い、リストも偽物だったことが明らかになる。

彼女はCIAのカーツフェルド(ジョン・グッドマン)と共謀しており、彼に本物のリストを渡す。
カーツフェルドはロレーンにCIAへ所属することを勧めるが、彼女はそれを断る。

彼女は自分の信念に従ってスパイとして生きることを決意するのだった…。

映画「アトミック・ブロンド」のスタッフ

監督:デヴィッド・リーチ
製作:エリック・ギター、ピーター・シュウェリン、ケリー・マコーミック、シャーリーズ・セロン、A・J・ディックス、ベス・コノ
製作総指揮:ニック・マイヤー、マーク・シャバーグ、ジョー・ノーゼマック、スティーヴン・V・スカヴェリ、イーサン・スミス、デヴィッド・ギロッド、カート・ジョンスタッド
原作:アントニー・ジョンストン(作)/サム・ハート(画)
脚本:カート・ジョンスタッド
撮影:ジョナサン・セラ
プロダクションデザイン:デヴィッド・ショイネマン
衣装デザイン:シンディ・エヴァンス
編集:エリザベット・ロナルズドッティル
音楽:タイラー・ベイツ
音楽監修:ジョン・フーリアン

映画「アトミック・ブロンド」のキャスト※()内は日本語吹き替え版声優

ローレン・ブロートン:シャーリーズ・セロン(本田貴子)
デヴィッド・パーシヴァル:ジェームズ・マカヴォイ(内田夕夜)
エメット・カーツフェルド:ジョン・グッドマン(楠見尚己)
時計屋:ティル・シュヴァイガー(岩城泰司)
スパイグラス:エディ・マーサン(蓮岳大)
デルフィーヌ・ラサール:ソフィア・ブテラ(鷄冠井美智子)
C:ジェームズ・フォークナー
メルケル:ビル・スカルスガルド(駒田航)
ジェームズ・ガスコイン:サム・ハーグレイヴ
バクティン:ヨハネス・ヨハネソン(藤井隼)
エリック・グレイ:トビー・ジョーンズ(後藤哲夫)
ブレモヴィッチ:ローランド・ムーラー(金尾哲夫)
検視官:バルバラ・スコヴァ

映画「アトミック・ブロンド」フル動画をDailymotion、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
YouTube ×

調査した時点では映画「アトミック・ブロンド」フル動画をDailymotion、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

今後アップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいといった状態であることが多いからです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「アトミック・ブロンド」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「アトミック・ブロンド」の関連作品

監督:デヴィッド・リーチのその他の作品

デッドプール2 (2018)
監督:デヴィッド・リーチ
出演:ライアン・レイノルズ、ジョシュ・ブローリン、モリーナ・バッカリン他

ワイルド・スピード/スーパーコンボ (2019)
監督:デヴィッド・リーチ
出演:ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、イドリス・エルバ他

ブレット・トレイン (2022)
監督:デヴィッド・リーチ
出演:ブラッド・ピット、ジョーイ・キング、アーロン・テイラー=ジョンソン他
伊坂幸太郎による小説『マリアビートル』を原作とする作品。
裏の仕事に復帰したレディバグは、日本の新幹線”ゆかり号”に乗り込みある手荷物を持ち去る、という仕事を請け負うが…。

出演:シャーリーズ・セロンのその他の作品

マッドマックス 怒りのデス・ロード (2015)
監督:ジョージ・ミラー
出演:トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、ゾーイ・クラヴィッツ他

ワイルド・スピード ICE BREAK (2017)
監督:F・ゲイリー・グレイ
出演:ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、ミシェル・ロドリゲス、シャーリーズ・セロン他

スキャンダル (2019)
監督:ジェイ・ローチ
出演:シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビー他
実話を基にした作品。
FOXニュースのベテラン女性キャスター、グレッチェン・カールソンは、長年にわたるセクハラでロジャー・エイルズCEOを訴えるが…。

ワイルド・スピード/ジェットブレイク (2020)
監督:ジャスティン・リン
出演:ヴィン・ディーゼル、ミシェル・ロドリゲス、ジョン・シナ、シャーリーズ・セロン他

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス (2022)
監督:サム・ライミ
出演:ベネディクト・カンバーバッチ、エリザベス・オルセン、キウェテル・イジョフォー、シャーリーズ・セロン他

出演:ジェームズ・マカヴォイのその他の作品

ウォンテッド (2008)
監督:ティムール・ベクマンベトフ
出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジェームズ・マカヴォイ、モーガン・フリーマン他

X-MEN:ダーク・フェニックス (2019)
監督:サイモン・キンバーグ
出演:ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。 (2019)
監督:アンディ・ムスキエティ
出演:ジェームズ・マカヴォイ、ジェシカ・チャステイン、ビル・ヘイダー他
スティーヴン・キングによる小説を原作とする作品。
田舎町デリーに再び恐怖のピエロ・ペニーワイズが出現。
ルーザーズ・クラブの面々は27年前の誓いに従ってデリーに帰ってくるが…。

出演:ジョン・グッドマンのその他の作品

キングコング:髑髏島の巨神 (2017)
監督:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ
出演:トム・ヒドルストン、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・グッドマン他

バッド・ウェイヴ (2017)
監督:マーク・カレン
出演:ブルース・ウィリス、ジョン・グッドマン、ジェイソン・モモア他
ロサンゼルスのヴェニスビーチで私立探偵を開業するスティーブは、ドラッグ・ディーラーのスパイダーの依頼を引き受けざるを得なくなり…。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
映画「アトミック・ブロンド」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービスを調べてみたところ、U-NEXT、Hulu、Amazonプライムビデオ、music.jp、DMM TVという結果になりました。

なかでもU-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
お試しして1ヵ月以内に解約すれば無料ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

見逃し配信バナー

U-NEXTの詳細はこちら

動画配信サービス選びに迷っているなら

タイトルとURLをコピーしました