映画「悪人伝」吹き替えフル動画はどこで無料で見れる?声優は?Dailymotionで見れる?

映画「悪人伝」吹き替えフル動画 洋画

「悪人伝」は2019年に公開された韓国映画です。  
警察とやくざが手を組んで連続殺人犯を追うバイオレンスアクション作品です。

映画「悪人伝」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービス

映画「悪人伝」吹き替えフル動画は、U-NEXT、Hulu、dTV、Amazonプライムビデオは見放題なので、無料お試し期間に追加でレンタル料金を支払わなくても何度でも見ることができます。

music.jpは無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で22万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT(吹替版/字幕版)

U-NEXTの詳細はこちら

Hulu(吹替版/字幕版)

Huluの詳細はこちら

dTV(吹替版/字幕版)

dTVの詳細はこちら

Amazonプライムビデオ(吹替版/字幕版)

Amazonプライムビデオの詳細はこちら

music.jp(吹替版/字幕版)

映画「悪人伝」吹き替えフル動画を無料で見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る22万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で150誌の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して人気コミックなど70万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「悪人伝」吹き替えフル動画以外にも数多くのコンテンツを無料で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ下部の検索アイコンをタップすると移動する検索ページで「悪人伝」と入力して検索すれば、作品の個別ページから映画「悪人伝」吹き替えフル動画を見ることができますよ。
吹き替え版/字幕版は再生時に切り替えることができます。

本ページの情報は2022年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

見逃し配信バナー

U-NEXTの詳細はこちら

映画「悪人伝」の作品情報・あらすじ・感想

監督はイ・ウォンテ、主演は「新感染 ファイナル・エクスプレス」で一躍スターとなったマ・ドンソク。

カンヌ国際映画祭ミッドナイトスクリーニング部門の正式上映作品に選ばれ、本国韓国では観客動員数300万人を超える大ヒットとなりました。

ハリウッドでもシルヴェスター・スタローン製作によるリメイクが決定しています。

マ・ドンソクの圧倒的な肉体に加え、やくざ同士の抗争や警察内部の汚職、無差別連続殺人犯の残虐さなど、様々な要素がストーリーに盛り込まれています。

連続殺人犯を追う中でそれぞれの思惑と欲望がぶつかり合い、刑事とやくざ、殺人犯の三つ巴のスリリングな関係が観客を物語に引き込んでいく快作となっています。

映画「悪人伝」のあらすじ

ある雨の夜、やくざの組長チャン・ドンスの車が後ろから追突される。

損害が軽微だったためドンスは相手の男を咎めず車に戻ろうとするが、突然背後からナイフで刺され、懸命に反撃するもその場で力尽き、病院に搬送される。
何とか一命をとりとめたドンスは、自分を刺した相手への復讐を誓う。

一方、この頃、韓国では殺人事件が多発していた。
これらを同一犯によるものと考えている刑事チョン・テソクは、ドンスの事件がこれらの手口と似ていることから、これも一連の事件だと睨む。

そこでテソクは犯人の貴重な目撃情報を持つドンスに捜査協力を求めるが、ドンスはこれを拒絶する。

ドンスは自分の事件の裏には対立するやくざ組織が絡んでいると考え、独自に犯人を追い詰めるべく、自分の手下に指示を出す。

そんな時、また殺人事件が発生するが、偶然にもドンスの手下が犯人の車と凶器であるナイフを入手する。
ドンスはその車をテソクに渡す代わりに、なんと警察に協力を依頼する。

自分達だけで犯人を見つけることに限界を感じていたドンスは、警察の科学捜査を利用することを思いついたのだ。

信じがたい協力依頼に戸惑うテソクだったが、何としても連続殺人犯をつかまえるために、ドンスの依頼を渋々受けることを決める。

犯人の車を警察が調べている頃、ドンスと対立しているやくざ組織の組長ホ・サンドが殺害される。
この殺害に使われた凶器は、ドンスの手下が犯人の車と共に入手したナイフだった。

すぐさまテソクはドンスのもとに行く。
サ・ホンド殺害は自分が指示したとあっさり認めるドンスだったが、同時にテソクとのやりとりを一部始終録画していることを話し、ふたりはもう後戻りできない関係であることをテソクに認めさせる。

その後、殺人事件の捜査から外されたテソクは、ある誘拐事件の担当になる。
その誘拐事件で身代金の引き渡し場所に指定された飲食店で、誘拐犯が飲んだ焼酎の空き瓶を鑑定した結果、その誘拐犯はカン・ギョンホという人物であることがわかる。

テソクはギョンホの自宅を捜索し、ギョンホが写った写真を見つけるが、なんとその顔はドンスが作成した犯人の似顔絵と酷似していた。

ギョンホこそ連続殺人犯であると確信したテソクは、自分の部下、そしてドンスの手下と共に、写真をもとに一気に犯人を見つけ出そうと動き出す。

ドンスはギョンホがカラオケ店に身を隠していることを知り、カラオケ店に殴り込んでギョンホをつかまえ、自分のアジトへ連れていく。

アジトでギョンホを殺そうとしたドンスのところにテソクが車で突入し、ドンスを跳ね飛ばしたテソクは、そのままギョンホを警察に連行する。

ギョンホを罪に問うには証拠が足りないことに気づいたテソクは、ドンスに犯人の目撃証人として法廷で証言するよう持ち掛ける。

ギョンホを横取りされたドンスはテソクを殴るが、ホ・サンド殺害指示の他に違法賭博の罪などの弱味をテソクに突き付けられる。
そこで、ある条件をもとにドンスは証言台に立つことを了承した。

ドンスの証言によりギョンホの極刑が確定。

一方、ドンスはテソクの働きかけにより、ホ・サンド殺害などの重罪はまぬがれ、違法賭博の軽罪だけで刑務所に収監される。

そして、刑務所で死刑囚として過ごすギョンホのところへ、ドンスが復讐の笑みを浮かべて姿をあらわす。
そう、ドンスが証言との交換条件にテソクに求めたのは、「自分をギョンホと同じ刑務所に入れること」だったのだ…。

映画「悪人伝」の感想

この作品のコンセプトは、「悪人ふたりがもっと悪いやつをつかまえる」。
まさに、「敵の敵は味方」ということでしょう。

ただ、この作品が面白いのは、刑事とやくざが手を組むには組むが、お互いに利用しようと思っているため、どこまで相手を信じているのか観客にも最後まで分からないところです。

最初は反目しあっていたふたりが、共通の目的(連続殺人犯)を追いかけるために手を組み、少しずつお互いを認めていく。

しかし、連続殺人犯をつかまえた時に、やはり元の警察とやくざの関係に戻ってしまう。
そして、裁判になってまたふたりが協力するという、2転3転の「不安定な」関係がこの作品に緊張感を与えています。

その緊張感を与えているのは、やはりマ・ドンソクの力が大きいでしょう。

彼は単なる肉体派俳優ではなく、知性や残虐さ、ユーモアなど様々な面を演じる力を持っています。
やくざ組織のボスなので暴力的な面も当然ありますが、警察をうまく利用する一面があったり、バス停で見知らぬ女の子に自分の傘を渡したりと、幅の広いキャラクターを見事に演じています。

一見、ちょっとありえないような設定の作品ですが、マ・ドンソクをはじめとする役者陣の熱演と、巧みなストーリー運び、見どころあるアクションによって最後までとても楽しめました。

映画「悪人伝」のスタッフ

監督:イ・ウォンテ
脚本:イ・ウォンテ
撮影:パク・セスン
音楽:チョ・ヨンウク

映画「悪人伝」のキャスト※()内は日本語吹き替え版キャスト

チャン・ドンス:マ・ドンソク(小山力也)
チョン・テソク:キム・ムヨル(上住谷崇)
殺人鬼:キム・ソンギュ(宮崎遊)
アン・ホボン班長:ユ・スンモク(大下昌之)
ペ・スノ刑事:キム・ユンソン
オ・ヒジュン
クォン・オソン:チェ・ミンチョル(大泊貴揮)
アン・スンポン

映画「悪人伝」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
pandora ×
YouTube ×

調査した時点では映画「悪人伝」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

今後アップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいといった状態であることが多いからです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「悪人伝」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「悪人伝」の関連作品

出演:マ・ドンソクのその他の作品

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016)
監督:ヨン・サンホ
出演:コン・ユ、マ・ドンソク、キム・スアン他
国際的に評価された韓国製ゾンビ映画。
マ・ドンソクを一躍スターに押し上げた作品でもある。

ファイティン!(2018)
監督:キム・ヨンワン
出演:マ・ドンソク、クォン・ユル、ハン・イェリ他
マ・ドンソクが主演し、その肉体を生かした本格的アームレスリング映画。

エターナルズ(2021)
監督:クロエ・ジャオ
出演:ジェンマ・チャン、リチャード・マッデン、マ・ドンソク他
マーベル・コミックを原作としたアメリカのスーパーヒーロー映画。
「ノマドランド」でアカデミー賞を受賞したクロエ・ジャオの監督作。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
映画「悪人伝」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービスを調べてみたところ、U-NEXT、Hulu、dTV、Amazonプライムビデオ、music.jpという結果になりました。

なかでもU-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
お試しして1ヵ月以内に解約すれば無料ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

見逃し配信バナー

U-NEXTの詳細はこちら

動画配信サービス選びに迷っているなら

タイトルとURLをコピーしました