映画「ラ・ラ・ランド」吹き替えフル動画は無料で見れる?Dailymotionでは?

映画「ラ・ラ・ランド」吹き替えフル動画 洋画

ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが主演を務め、デイミアン・チャゼルが監督した本格的なミュージカル作品。
2016年のアカデミー賞で監督賞・主演女優賞・撮影賞など6部門を受賞した映画「ラ・ラ・ランド」

映画「ラ・ラ・ランド」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービス

映画「ラ・ラ・ランド」吹き替えフル動画は、U-NEXT、Hulu、dTV、Amazonプライムビデオは見放題なので、無料お試し期間に追加でレンタル料金を支払わなくても何度でも見ることができます。

music.jpは無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で21万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT(吹替版/字幕版)

U-NEXTの詳細はこちら

Hulu(吹替版/字幕版)

Huluの詳細はこちら

dTV(吹替版/字幕版)

dTVの詳細はこちら

Amazonプライムビデオ(吹替版/字幕版)

Amazonプライムビデオの詳細はこちら

music.jp(吹替版/字幕版)

映画「ラ・ラ・ランド」吹き替えフル動画を無料で見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る21万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で70誌以上の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して人気コミックなど32万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「ラ・ラ・ランド」吹き替えフル動画以外にも数多くのコンテンツを無料で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ上部の検索窓に「ラ・ラ・ランド」と入力して検索すれば、作品の個別ページから「ラ・ラ・ランド」を見ることができますよ。
吹き替え版/字幕版は再生時に切り替えることができます。

本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

映画「ラ・ラ・ランド」の作品情報・あらすじ・感想

2016年アメリカ製作、上映時間126分。
第89回アカデミー賞で史上最多14ノミネートされ、6部門で栄冠を勝ち取ったミュージカル映画。

プロミュージシャンを目指しジャズ・ドラムを学んだ経歴を持つデイミアン・チャゼルが監督・脚本を務め、史上最年少でアカデミー賞監督賞を受賞した。

過去の名作ミュージカル映画への、監督デイミアンの溢れんばかりの愛が散りばめられた本作品。
そのこだわりは、35ミリフィルムで撮影されていること、画面サイズを昔ながらのミュージカル映画で数多く使用されていた「2.55 : 1」としたことにも表れている。

クラシック映画へのオマージュも随所に見られ、どれくらい見つけられるかという視点で見直すのも面白い。
往年のミュージカル映画を愛する者には、懐かしい作品に対する監督のリスペクトをたくさん見つけることができる。

実際にロサンゼルスのフリーウェイを2日間封鎖して撮影されたという、オープニングで100人のダンサーが躍るシーンは圧巻だ。

映画「ラ・ラ・ランド」のあらすじ

夢を追う若者が集まるチャンスの街、ロサンゼルスのハイウェイで渋滞にハマってしまった女優を目指すミア(エマ・ストーン)は、車内でオーディションのセリフの練習をしていた。

車列が進み出したことに気づかないミアに対して、後ろの車はクラクションを鳴らし抜き去っていく。
後続車の若い男に中指を立てて怒りをぶつけるミア。

数々のオーディションに落ちてばかりのミアは、気晴らしに出かけたパーティーからの帰り道で、バーから聞こえるジャズピアノの演奏に惹かれて店に入る。

そこでピアノを弾いていたのは、自分を追い抜いていった男セバスチャン(ライアン・ゴズリング)だった。
彼はジャズピアニストを目指しているのに、誰も聴いていない店でポップスばかり弾かされて嫌気がさしていた。

そこでクビを覚悟でジャズを弾いていたのだ。
声をかけようとしたミアを無視して、セバスチャンは店を飛び出した。

後日、別のパーティーでセバスチャンがバンドの一員として演奏しているところで、ミアと遭遇する。
ふたりは仲良くなり、お互いの夢を語りあう。

同棲を始めるふたりだが、セバスチャンはR&Bのバンドでツアー旅行に周り、ミアは落ち続けるオーディションにうんざりして自ら戯曲を書いて一人芝居を上演して忙しくなる。
お互いすれ違っていくふたり、永遠の愛を誓いながら離れ離れの生活に。

ミアは、大作映画に抜擢され売れっ子の女優になり、結婚し子供ももうける。
夫とともに出かけたミアは、偶然立ち寄ったライブハウスでセバスチャンに会う。

そこは、セバスチャンの店だった。
彼もまたジャズピアニストとしてジャズの店を出すいう夢を叶えていた。
自然と別れてしまって以来のふたりの出会いだった。

セバスチャンは何も言わずふたりの思い出の曲を演奏する。
ミアはセバスチャンと進んだかもしれないもう一つの道を想像するのだった…。

映画「ラ・ラ・ランド」の感想

オープニングで大渋滞の高速道路を100人を超えるダンサーが歌い踊るシーンは、さあ、ミュージカルの始まりだ!と宣言するようで、ミュージカルファンは心が躍るシーンであるでしょう。

ミュージカルに馴染みがなく、この作品で初めてミュージカルに触れた方は、うわー、ミュージカルっぽい、と衝撃を受ける圧巻のシーンです。

オープニングで大渋滞する高速道路で、夢を求めて若い男女が歌い躍るシーンは、ミアがこれから目指す華やかな世界で夢を叶える!という思いを表しています。
しかし、大渋滞が暗示するように、夢を追うものは多いが成功への出口は狭い、ということなのです。

ラストにもミアは、高速道路で渋滞にはまりますが、スッと一般道に降りてしまいます。
これは、女優として成功し夢を掴んだ彼女は、もう渋滞する道を走る必要はないという意味にも取れます。

夢を追う若いふたりが、お互いに刺激しあいながら夢を掴んでいくロマンティックな展開を期待してこの作品を鑑賞すると、必ず消化不良を起こします。

この作品は、夢を叶えるためにはどうするべきかを学ぶリアリティに近いストーリーだからです。
だから、みんなが求めるハッピーエンドにはなりません。

夢を叶えて成功し、恋愛もうまくいくなんてことは、現実ではそう簡単なことではありません。
みんなが求めるわかりやすいハッピーエンドではありませんが、実際にはふたりとも夢を叶えているのでちゃんとしたハッピーエンドなのです。

ラストにミアが夫と共に偶然入ったジャズクラブが、セバスチャンのクラブだという演出は素敵です。
ふたりが視線を交わし、何も言わずにお互いを認めて出ていくシーンは、痺れます。

夢を叶えるために犠牲にしたものがあるなら、その犠牲に見合う成功をしなければいけない。
その覚悟無くして成功はあり得ない、という強い監督のメッセージを感じました。

ただ、幸せを感じる瞬間は人それぞれなので、自分が幸せを感じれる日々を送れたらいいなとも思いました。

映画「ラ・ラ・ランド」のスタッフ

監督:デイミアン・チャゼル
製作:フレッド・バーガー、ジョーダン・ホロウィッツ、ゲイリー・ギルバート、マーク・プラット
製作総指揮:マイケル・ビューグ
脚本:デイミアン・チャゼル
撮影:リヌス・サンドグレン
プロダクションデザイン:デヴィッド・ワスコ
衣装デザイン:メアリー・ゾフレス
編集:トム・クロス
振付:マンディ・ムーア
作詞:ベンジ・パセック、ジャスティン・ポール
作曲:ジャスティン・ハーウィッツ
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ
音楽監修:スティーヴン・ギジッキ
エグゼクティブ音楽プロデューサー:マリウス・デヴリーズ

映画「ラ・ラ・ランド」のキャスト※()内は日本語吹き替え版キャスト

セバスチャン(セブ):ライアン・ゴズリング(内田夕夜)
ミア:エマ・ストーン(武田華)
キース:ジョン・レジェンド(祐仙勇)
ローラ:ローズマリー・デウィット(山賀晴代)
ケイトリン:ソノヤ・ミズノ(石井未紗)
ビル:J・K・シモンズ(壤晴彦)
グレッグ:フィン・ウィットロック(橘潤二)
アレクシス:ジェシカ・ロース(熊谷海麗)
トレイシー:キャリー・ヘルナンデス(村松妙子)
デヴィッド:トム・エヴェレット・スコット
ミアの母親:ミーガン・フェイ
ハリー:デイモン・ガプトン
カルロ:ジェイソン・フュークス
ジョシュ:ジョシュ・ペンス(堀総士郎)
ヴァレット:トレヴァー・リサウアー

映画「ラ・ラ・ランド」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
pandora ×
YouTube ×

調査した時点では映画「ラ・ラ・ランド」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

今後アップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいといった状態であることが多いからです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「ラ・ラ・ランド」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「ラ・ラ・ランド」の関連作品

監督:デイミアン・チャゼルのその他の作品

セッション (2014)
監督:デイミアン・チャゼル
出演:マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、ポール・ライザー他
2014年アメリカ公開。上映時間106分。
ジャズドラマーになろうとしている19歳の青年は、アメリカ最高峰の音楽学校で凄まじいスパルタ指導を行う教師と出会い…。

ファースト・マン (2018)
監督:デイミアン・チャゼル
出演:ライアン・ゴズリング、クレア・フォイ、ジェイソン・クラーク他
2018年アメリカ公開。上映時間141分。
史上初めて月面を歩いた宇宙飛行士がNASAで行ったミッションについて実話を元に描いた作品。

出演:エマ・ストーンのその他の作品

ゾンビランド:ダブルタップ (2019)
監督:ルーベン・フライシャー
出演:ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーン他
2009年の「ゾンビランド」の続編。
家族のような絆でゾンビだらけの世界を生き延びてきたコロンバス、タラハシー、ウィチタ、リトルロックの4人。
だがある日、ウィチタ、リトルロックは隠れ家を出ていってしまい…。

出演:J・K・シモンズのその他の作品

ターミネーター:新起動/ジェニシス (2015)
監督:アラン・テイラー
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、ジェイソン・クラーク、エミリア・クラーク、J・K・シモンズ他

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム (2019)
監督:ジョン・ワッツ
出演:トム・ホランド、サミュエル・L・ジャクソン、ゼンデイヤ、J・K・シモンズ他
師と仰ぐアイアンマンを失ったピーター・パーカー/スパイダーマン。
心の傷の癒えぬ中、学校の友人たちとヨーロッパ旅行に出かけたピーターは、旅先で新たな敵と戦うことになり…。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
映画「ラ・ラ・ランド」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービスを調べてみたところ、U-NEXT、Hulu、dTV、Amazonプライムビデオ、music.jpという結果になりました。

なかでもU-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
お試しして1ヵ月以内に解約すれば無料ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

動画配信サービス選びに迷っているなら

タイトルとURLをコピーしました