映画「ボーン・スプレマシー」吹き替えフル動画はどこで見れる?無料お試しレンタル料金不要のサブスクは?声優は?Dailymotionで見れる?

映画「ボーン・スプレマシー」吹き替えフル動画 洋画

ロバート・ラドラムによる小説を原作とする「ボーン・アイデンティティー」の続編となる作品。
過去の記憶を失い次々と襲ってくる刺客を撃退したジェイソン・ボーンが、追跡を続けるCIAと対決する。
「ジェイソン・ボーン」シリーズを第4作まで手がけたポール・グリーングラスが監督を務め、主演のマット・デイモンのほか、フランカ・ポテンテ、ジョーン・アレン、ブライアン・コックス、ジュリア・スタイルズなどが出演した映画「ボーン・スプレマシー」

※本ページはプロモーションが含まれています

映画「ボーン・スプレマシー」吹き替えフル動画を無料お試しレンタル料金不要で見れる動画配信サブスク

映画「ボーン・スプレマシー」吹き替えフル動画は、U-NEXT、Lemino、TELASAは見放題なので無料お試し期間に追加でレンタル料金を支払わなくても何度でも見ることができます。

music.jpは無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で30万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT(吹替版/字幕版)

見放題/無料お試し期間あり

U-NEXTの詳細はこちら

Lemino(吹替版/字幕版)

見放題/無料お試し期間あり

Leminoの詳細はこちら

TELASA(吹替版/字幕版)

見放題/無料お試し期間あり

TELASAの詳細はこちら

music.jp(吹替版/字幕版)

レンタル・ポイント利用でレンタル料金不要/無料お試し期間あり

映画「ボーン・スプレマシー」吹き替えフル動画をレンタル料金不要見放題で見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る30万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で190誌以上の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して週刊少年ジャンプや人気コミックなど97万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「ボーン・スプレマシー」吹き替えフル動画以外にも見放題の音楽ライブの配信やUFC・K-1といった格闘技イベント、そして2023年6月30日に統合したParaviで配信されていた1万エピソード以上のTBSやテレビ東京のドラマ・バラエティ番組といった数多くのコンテンツを見放題で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ下部の検索アイコンをタップすると移動する検索ページで「ボーン・スプレマシー」と入力して検索すれば、作品の個別ページから映画「ボーン・スプレマシー」吹き替えフル動画を見ることができますよ。
吹き替え版/字幕版は再生時に切り替えることができます。

本ページの情報は2024年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

見逃し配信バナー

U-NEXTの詳細はこちら

映画「ボーン・スプレマシー」の作品情報・あらすじ

映画「ボーン・スプレマシー」は記憶喪失の元CIA工作員ジェイソン・ボーンの活躍を描いたサスペンス・アクション映画です。
「ボーン・アイデンティティー」の続編で、監督はポール・グリーングラス、主演はマット・デイモンです。

ボーンが自分を追うCIAとの知恵比べや、過去の記憶との葛藤を見せるドラマチックなストーリー、また、ボーンが魅せる頭脳明晰で身体能力の高いアクションシーン・特に圧巻の迫力であるモスクワでのカーチェイス、といった見どころがあります。
そして、ボーンの恋人マリーの死や、ネスキー夫妻の真相など、感動的な場面も多くあります。

本作は原作小説とはほとんど関係がなく、映画オリジナルのストーリーです。
原作ではボーンは中国の暗殺者に狙われるという展開でしたが、映画ではロシアの暗殺者に変更されました。

マット・デイモンはボーンの役を演じるために、ボクシングやクラヴ・マガなどの格闘技のトレーニングを受けました。
また、カーチェイスのシーンでは、自ら運転することもありました。

マリー役のフランカ・ポテンテは、前作「ボーン・アイデンティティー」でボーンの恋人となりましたが、本作では序盤で亡くなってしまいます。
これは、シリーズ第3作の原作となる小説での展開を前倒ししたものです。

ボーンがベルリンでニッキーと会うシーンでは、実際にベルリンのアレクサンダー広場で撮影されましたが、そこには多くの観光客やファンが集まり撮影を妨げることもありました。
そのため、監督のポール・グリーングラスはカメラを隠して撮影することも試みました。

本作はインド、ベルリン、ナポリ、モスクワなどで撮影されましたが、主にベルリンでのロケが多かったようです。
モスクワで繰り広げられるカーチェイスシーンは、実際にモスクワで撮影されたものと、ベルリンで撮影されたものが混ざっています。
そのほかのロケ地には以下のような場所があります。

  • インドのゴアで暮らしていたボーンとマリーの隠れ家は、パロレムビーチという場所で撮影されました。
  • ベルリンでのエージェント殺害事件の現場は、アレクサンダー広場という場所で撮影されました。この場所は、ベルリンの繁華街で、世界時計という有名な時計台があります。
  • ボーンがニッキーと会った場所は、ベルリン東駅という駅で撮影されました。
  • ボーンがネスキーの娘イレーナに会った場合は、モスクワの集合住宅で撮影されました。

マット・デイモンは、ボーン役について「彼は自分の過去に向き合わなければならない。彼は自分が何者なのか、自分がしたことに責任を持たなければならない。それはとても重い負担だ」と語っています。

フランカ・ポテンテは、マリー役について「彼女はボーンと一緒にいることで、自分の人生を変えた。彼女は彼を愛しているし、彼も彼女を愛している。だから、彼女は彼を支えることを選んだ」と語っています。

ジョアン・アレンは、ランディ役について「彼女はとても聡明で、自分の仕事に誇りを持っている。彼女はボーンを追うことに熱心だが、彼に対しても敬意を持っている。彼女は彼の能力を認めているし、彼の過去を知りたいと思っている」と語っています。

カール・アーバンは、キリル役について「彼はボーンのライバルであり、彼と同じくらいのスキルを持っている。彼はボーンを殺すために雇われたが、彼に対しても尊敬の念を抱いている。彼はボーンとの対決を楽しんでいる」と語っています。

映画「ボーン・スプレマシー」のあらすじ

ボーンは恋人のマリーとインドのゴアで隠れて生活していたが、ロシアの暗殺者キリルに襲われ、マリーを失ってしまう。
キリルはボーンを罠にはめるために、ベルリンで起きたCIAエージェント殺害事件の犯人に仕立てていた。

ボーンはなぜ自分をCIAが追うのかを知るために、ヨーロッパに向かう。
途中、自分がかつて所属していたトレッドストーン計画の元メンバーと対峙したり、一部の記憶を取り戻したりする。

ベルリンでボーンは、ニッキーという元同僚を呼び出して拘束し、CIAのウォード・アボットが黒幕らしいこと、自分がCIAエージェント殺害事件の犯人として追われていることを聞き出す。
そして、ボーンは自分が7年前にロシアの政治家・ネスキーとその妻の命を奪ったことを思い出す。

ボーンはアボットのいるホテルに潜入してアボットと対峙し、彼がトレッドストーン計画の責任者であり、ネスキー殺害の指示者であり、2千万ドルの横領者であり、ボーンを始末しようとした張本人であることを暴く。

ボーンはアボットの自白を録音し、彼に銃を渡して去る。
その後、アボットはその銃で自ら命を絶つ。

ボーンはモスクワを訪れてネスキーの娘・イレーナに会い、自分が両親の命を奪ったことを告白し、謝罪する。
その後、襲撃してきたキリルとのカーチェイスの末に彼を倒す。

ボーンはニューヨークを訪れ、ランディに再び電話をかける。
ランディは、ボーンの本名や出生地を教える。
「会おう」というランディの誘いに応えず、ボーンはいずこかへと去っていく。

映画「ボーン・スプレマシー」のスタッフ

監督:ポール・グリーングラス
製作:パトリック・クローリー、フランク・マーシャル、ポール・L・サンドバーグ
製作総指揮:マット・ジャクソン、ダグ・リーマン、ヘンリー・モリソン、ティエリー・ポトク、ジェフリー・M・ワイナー
原作:ロバート・ラドラム『殺戮のオデッセイ』(角川文庫刊)
脚本:トニー・ギルロイ、ブライアン・ヘルゲランド
撮影:オリヴァー・ウッド
編集:リチャード・ピアソン、クリストファー・ラウズ
音楽:ジョン・パウエル

映画「ボーン・スプレマシー」のキャスト※()内は日本語吹き替え版声優

ジェイソン・ボーン:マット・デイモン(平田広明)
マリー:フランカ・ポテンテ(湯屋敦子)
パメラ・ランディ:ジョーン・アレン(小山茉美)
アボット:ブライアン・コックス(糸博)
ニッキー:ジュリア・スタイルズ(沢海陽子)
キリル:カール・アーバン(根本泰彦)
ダニー:ガブリエル・マン(宮本充)
ジャーダ:マートン・ソーカス(内田直哉)
トム・クローニン:トム・ギャロップ(古澤徹)
テディ:ジョン・ベッドフォード・ロイド(仲野裕)
グレツコフ:カレル・ローデン(内田直哉)
キム:ミシェル・モナハン(田村聖子)
イーサン・サンドラー
ショーン・スミス
コンクリン:クリス・クーパー(クレジットなし)(菅生隆之)

映画「ボーン・スプレマシー」フル動画をDailymotion、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
YouTube ×

調査した時点では映画「ボーン・スプレマシー」フル動画をDailymotion、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

今後アップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいといった状態であることが多いからです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「ボーン・スプレマシー」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「ボーン・スプレマシー」の関連作品

ボーン・アイデンティティー (2002)
監督:ダグ・リーマン
出演:マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、クリス・クーパー他
ロバート・ラドラムによる小説「暗殺者」を原作とする作品。
地中海で漂流していて漁船に救助された男はそれまでの記憶を失っていた。
男は自分の身元につながると思われる貸金庫の番号からスイスを訪れるが…。

出演:マット・デイモンのその他の作品

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち (1997)
監督:ガス・ヴァン・サント
出演:ロビン・ウィリアムズ、マット・デイモン、ベン・アフレック他

オーシャンズ11 (2001)
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツ、マット・デイモン他

アジャストメント (2011)
監督:ジョージ・ノルフィ
出演:マット・デイモン、エミリー・ブラント、アンソニー・マッキー他

インターステラー (2014)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン他

オデッセイ (2015)
監督:リドリー・スコット
出演:マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ他

グレートウォール (2016)
監督:チャン・イーモウ
出演:マット・デイモン、ジン・ティエン、ペドロ・パスカル他

フォードvsフェラーリ (2019)
監督:ジェームズ・マンゴールド
出演:マット・デイモン、クリスチャン・ベイル、ジョン・バーンサル他

最後の決闘裁判 (2021)
監督:リドリー・スコット
出演:マット・デイモン、アダム・ドライヴァー、ジョディ・カマー、ベン・アフレック他
エリック・ジェイガーによるノンフィクション『決闘裁判 世界を変えた法廷スキャンダル』を原作とする作品。
中世フランス。
ジャン・ド・カルージュとジャック・ル・グリは友人であったが、長年のうちに遺恨を重ねる。
そして、ジャックがジャンの妻に横恋慕したことでふたりの対立は決定的となり…。

ソー:ラブ&サンダー (2022)
監督:タイカ・ワイティティ
出演:クリス・ヘムズワース、クリスチャン・ベイル、テッサ・トンプソン、マット・デイモン他

出演:ジュリア・スタイルズのその他の作品

ハスラーズ (2019)
監督:ローリーン・スカファリア
出演:コンスタンス・ウー、ジェニファー・ロペス、ジュリア・スタイルズ他

エスター ファースト・キル (2022)
監督:ウィリアム・ブレント・ベル
出演:イザベル・ファーマン、ジュリア・スタイルズ、ロッシフ・サザーランド他
2009年の「エスター」の前日譚となる作品。
オルブライト家は4年間行方不明だった娘のエスターが発見されたという知らせを受け…。

出演:ミシェル・モナハンのその他の作品

Mr.&Mrs. スミス (2005)
監督:ダグ・リーマン
出演:ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー、ヴィンス・ヴォーン、ミシェル・モナハン他

M:i:Ⅲ(2006)
監督:J・J・エイブラムス
出演:トム・クルーズ、フィリップ・シーモア・ホフマン・ヴィング・レイムス、ミシェル・モナハン他

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル (2011)
監督:ブラッド・バード
出演:トム・クルーズ、ポーラ・パットン、サイモン・ペッグ、ジェレミー・レナー、ミシェル・モナハン他

ピクセル (2015)
監督:クリス・コロンバス
出演:アダム・サンドラー、ケヴィン・ジェームズ、ミシェル・モナハン他

ミッション:インポッシブル/フォールアウト (2018)
監督:クリストファー・マッカリー
出演:トム・クルーズ、ヘンリー・カヴィル、ヴィング・レイムス、ミシェル・モナハン他
「ミッション:インポッシブル」シリーズ第6作となる作品。
イーサン・ハントと仲間たちは、同時核爆発テロを阻止しようとするが…。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
映画「ボーン・スプレマシー」吹き替えフル動画を無料お試しレンタル料金不要で見れる動画配信サービスを調べてみたところ、U-NEXT、Lemino、TELASA、music.jpという結果になりました。

なかでもU-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
お試しして1ヵ月以内に解約すれば無料ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

見逃し配信バナー

U-NEXTの詳細はこちら

動画配信サービス選びに迷っているなら

タイトルとURLをコピーしました