映画「ドライブ・マイ・カー」フル動画はどこで無料で見れる?Dailymotion・pandoraで見れる?

映画「ドライブ・マイ・カー」フル動画 邦画

村上春樹の短編小説を濱口竜介が監督を務めて映画化。
アカデミー賞国際長編映画賞をはじめとする海外の映画賞を多数受賞し、大きな話題となった映画「ドライブ・マイ・カー」

映画「ドライブ・マイ・カー」フル動画を無料で見れる動画配信サービス

映画「ドライブ・マイ・カー」フル動画は、U-NEXT、TELASA、music.jpは無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で22万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

TELASA

TELASAの詳細はこちら

music.jp

映画「ドライブ・マイ・カー」フル動画を無料で見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る22万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で150誌の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して人気コミックなど70万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「ドライブ・マイ・カー」フル動画以外にも数多くのコンテンツを無料で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ下部の検索アイコンをタップすると移動する検索ページで「ドライブ・マイ・カー」と入力して検索すれば、作品の個別ページから映画「ドライブ・マイ・カー」フル動画を見ることができますよ。

本ページの情報は2022年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

見逃し配信バナー

U-NEXTの詳細はこちら

過去に一度、U-NEXTの無料お試しを利用したことがある方は

過去に一度、U-NEXTの無料お試しを利用したことがあると、残念ながら無料お試しをもう一度利用することはできません。
再登録をしても600円分のポイントはもらえませんし、1ヵ月利用した後でないと1,200円分のポイントはもらえません。

それでは、映画「ドライブ・マイ・カー」フル動画を無料で見る方法はないのかというと、実はあります。
music.jpには30日間の無料お試し期間があり、お試し登録時に1,600ポイントがもらえるのです。

music.jpは映画のほかに音楽や電子コミックなども楽しめますし、30日以内に解約すれば料金は発生しませんので、映画「ドライブ・マイ・カー」フル動画を無料で見たいという方はお試ししてみてはいかがでしょうか。

music.jp

映画「ドライブ・マイ・カー」の作品情報・あらすじ

妻を亡くした俳優が、他者との関わりの中から自分を見つめなおし、再生を図る物語。
世界的に知られる作家・村上春樹の短編小説集『女のいない男たち』の中のひとつである『ドライブ・マイ・カー』の実写映画化作品です。
日本アカデミー賞を受賞し、海外でも高い評価を得た話題作です。

2021年の日本アカデミー賞では作品賞のほか多数の部門で受賞し、海外ではカンヌ国際映画祭の脚本賞、ゴールデン・グローブの外国映画賞、そして、アカデミー賞の国際長編映画賞のほか多数の賞を獲得した話題の作品です。
特に日本映画がカンヌの脚本賞を受賞したのは今作が初めてであり、大変大きな話題となりました。

『きのう何食べた?』でおなじみの西島秀俊さんが主演を務め、そのほかには三浦透子さん、霧島れいかさん、岡田将生さんなどが出演し素晴らしい演技を見せてくれます。

映画「ドライブ・マイ・カー」のあらすじ

とある日の明け方。
俳優であり演出家も務める家福(西島秀俊さん)が、元女優の妻、音(霧島れいかさん)と話しています。

音は現在脚本家として活躍しており、今家福と話していたのは彼女が書いた新しい脚本の内容でした。
脚本の内容は、ある女子高生が、片想いしているヤマガという男子の家に忍び込み、彼の部屋の中に自分が来た証を密かに残していくというものです。

ストーリーの説明は移動中でも続き、家福は車を走らせながら彼女の言葉に耳を傾けます。
「次第に彼女の行動はエスカレートしていってしまう」と言い残して音は打合せに出かけてしまいました。

夜になり音は家福の舞台である『ゴドーを待ちながら』を観るため劇場にやってきます。
音は俳優の高槻(岡田将生さん)を家福に紹介します。
高槻は音が脚本を執筆したドラマに出演しているといいます。

ある日、家福は仕事でロシアに行くことになります。
しかし、空港についてみると、天候不良でフライトがキャンセルになっていました。

仕方なく家に帰る家福でしたが、自宅に戻ると音が見知らぬ男と浮気をしていました。
音に知られないよう再び外出し、ホテルに泊まる家福。

夜はホテルから音に電話をかけ、ウラジオストクにいると話すのでした。
そして、そのあと何事もなかったかのように家に帰ります。

かつて夫妻の間には子供がいましたが、その子は20年ほど前に亡くなってしまいました。
ふたりはその後、子供を作ることを望まず、仲良く過ごしてきたのでした。
子供の法事があったある日、音は家福に言いました。「あなたでよかった」と。

ある日、仕事のため家を出る家福に、音が「今晩帰ったら少し話せる?」と尋ねます。
家福はなんとなく嫌な予感がするもののそのまま仕事へ向かいました。

その夜遅くに帰宅する家福ですが、音の姿がありません。
音を探してみると、暗い家の中で、くも膜下出血で亡くなっている音を発見します。

その後、家福は舞台『ワーニャ伯父さん』を演じますが、そのセリフはあまりに自分の今の状態にぴったりで、家福は上演中に舞台を去ってしまいます。

2年の月日が経過します。
家福は広島で国際演劇祭に参加していました。

彼はセリフを車の中で覚えるのが日課となっていましたが、緑内障を発症しているために自分で運転することをやめ、専属ドライバーを雇うことになりました。

ドライバーの名前は渡利みさき(三浦透子さん)といいました。
寡黙で丁寧な運転をする彼女は、家福からの信頼を寄せられていました。

ある日家福が、自身が演出する演劇のオーディション会場へ向かうと高槻の姿を発見します。
実は家福のオーディション情報をネットで見つけ出し、参加していたのです。

今回の演劇は多言語演劇であり、オーディションには手話を使う役者や韓国人など、様々な役者が顔を揃えました。

オーディションの結果、高槻が主役を演じることが決まります。
主演は家福とばかり思っていた高槻は困惑します。

その後、ふたりは語り合うことになりますが、高槻の女性関係が激しいことを知り、家福は複雑な気持ちになります。
音には複数の恋人がおり、そのうちのひとりが高槻であろうと思っていたからです。

そして高槻もまた、家福に複雑な感情を抱いていました。
そして家福に「自分はあなたに嫉妬している」と言います。
しかし、音に導かれてここにいることができていると現状に感謝している様子です。

ふたりが話していると、見知らぬ男がやってきてシャッターを切ったように見えました。
高槻は男に向かっていこうとしますが家福がなだめます。

この男はその後も高槻を狙って執拗に隠し撮りをしようとしてくるのですが、このことが物語を大きく動かす鍵となっていきます。

ある日、家福はみさきに、どうして運転がうまいのかを尋ねました。
実はみさきには水商売をしている母親がおり、みさきは母親を乗せて中学生の頃から運転をしていたと言います。

後部座席で眠る母親の邪魔をしないようにしないと蹴られるため、気づかぬうちに運転がうまくなっていたというわけだったのです。

複雑な事情を抱える登場人物たち。
果たして彼らの未来はどうなっていくのでしょうか…?

映画「ドライブ・マイ・カー」のスタッフ

監督:濱口竜介
プロデューサー:山本晃久
原作:村上春樹『ドライブ・マイ・カー』(短編小説集『女のいない男たち』所収/文春文庫刊)
脚本:濱口竜介、大江崇允
撮影:四宮秀俊
美術:徐賢先
編集:山崎梓
音楽:石橋英子
照明:高井大樹
録音:伊豆田廉明
リレコーディングミキサー:野村みき

映画「ドライブ・マイ・カー」のキャスト

家福悠介:西島秀俊
渡利みさき:三浦透子
家福音:霧島れいか
高槻耕史:岡田将生
パク・ユリム
ジン・デヨン
ソニア・ユアン
アン・フィテ
ペリー・ディゾン
安部聡子

映画「ドライブ・マイ・カー」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
pandora ×
YouTube ×

調査した時点では映画「ドライブ・マイ・カー」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

今後アップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいといった状態であることが多いからです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「ドライブ・マイ・カー」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「ドライブ・マイ・カー」の関連作品

監督:濱口竜介のその他の作品

寝ても覚めても (2018)
監督:濱口竜介
出演:東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史他
濱口監督が初めて手がけた商業映画作品。
カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品されています。
柴崎友香さんの同名小説を実写化した作品です。
ふたりの男性の間で揺れ動く女性の恋心を細かく描いています。
東出昌大さん、唐田えりかさんが主演です。

出演:西島秀俊のその他の作品

クリーピー 偽りの隣人 (2016)
監督:黒沢清
出演:西島秀俊、竹内結子、川口春奈他

空母いぶき(2019)
監督:若松節朗
出演:西島秀俊、佐々木蔵之介、佐藤浩市他

任侠学園 (2019)
監督:木村ひさし
出演:西島秀俊、西田敏行、伊藤淳史他

サイレント・トーキョー (2020)
監督:波多野貴文
出演:佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊他
秦建日子による小説を原作とする作品。
クリスマスイブ。
東京・渋谷のハチ公前広場を爆破するという予告が行われる。
警察の必死の捜査もむなしく、爆弾は見つからず…。

出演:三浦透子のその他の作品

悪の教典 (2012)
監督:三池崇史
出演:伊藤英明、二階堂ふみ、染谷将太、三浦透子他

ロマンスドール (2019)
監督:タナダユキ
出演:高橋一生、蒼井優、浜野謙太、三浦透子他
タナダユキによる小説を自ら監督も務めて映画化した作品。
ラブドール製造会社で働く北村哲雄は、偶然知り合った小沢園子と自らの仕事を隠して結婚するが…。

出演:岡田将生のその他の作品

告白 (2010)
監督:中島哲也
出演:松たか子、木村佳乃、岡田将生他

謝罪の王様 (2013)
監督:水田伸生
出演:阿部サダヲ、井上真央、竹野内豊、岡田将生他

エイプリルフールズ (2015)
監督:石川淳一
出演:戸田恵梨香、松坂桃李、ユースケ・サンタマリア、菜々緒、岡田将生他

秘密 THE TOP SECRET (2016)
監督:大友啓史
出演:生田斗真、岡田将生、吉川晃司、リリー・フランキー他

銀魂 (2017)
監督:福田雄一
出演:小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、長澤まさみ、岡田将生他

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章 (2017)
監督:三池崇史
出演:山﨑賢人、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生他

さんかく窓の外側は夜 (2020)
監督:森ガキ侑大
出演:岡田将生、志尊淳、平手友梨奈他

CUBE 一度入ったら、最後 (2021)
監督:清水康彦
出演:菅田将暉、杏、岡田将生他
1997年のカナダ映画「CUBE」の日本リメイク作品。
ある日、6人の男女が目を覚ますとそこは立方体状の部屋=CUBEだった。
6人は脱出しようとするが、様々なCUBEには恐ろしいトラップが仕掛けられていた…。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
映画「ドライブ・マイ・カー」フル動画を無料で見れる動画配信サービスを調べてみたところ、U-NEXT、TELASA、music.jpという結果になりました。

なかでもU-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
お試しして1ヵ月以内に解約すれば無料ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

見逃し配信バナー

U-NEXTの詳細はこちら

動画配信サービス選びに迷っているなら

タイトルとURLをコピーしました