映画「ソニック・ザ・ムービー」吹き替えフル動画を無料お試しレンタル料金不要で見れる動画配信は

映画「ソニック・ザ・ムービー」吹き替えフル動画 洋画

セガの大人気ゲーム「ソニック」シリーズをハリウッドで実写映画化した「ソニック・ザ・ムービー」

※本ページはプロモーションが含まれています

映画「ソニック・ザ・ムービー」吹き替えフル動画を無料お試しレンタル料金不要で見れる動画配信サービス

映画「ソニック・ザ・ムービー」吹き替えフル動画は、Amazonプライムビデオは見放題なので無料お試し期間に追加でレンタル料金を支払わなくても何度でも見ることができます。

U-NEXT、music.jpは無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で30万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

Amazonプライムビデオ(吹替版/字幕版)

見放題/無料お試し期間あり

Amazonプライムビデオの詳細はこちら

U-NEXT(吹替版/字幕版)

レンタル・ポイント利用でレンタル料金不要/無料お試し期間あり

U-NEXTの詳細はこちら

music.jp(吹替版/字幕版)

レンタル・ポイント利用でレンタル料金不要/無料お試し期間あり

映画「ソニック・ザ・ムービー」吹き替えフル動画を無料お試しレンタル料金不要で見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る30万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で190誌以上の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して週刊少年ジャンプや人気コミックなど97万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「ソニック・ザ・ムービー」吹き替えフル動画以外にも見放題の音楽ライブの配信やUFC・K-1といった格闘技イベント、そして2023年6月30日に統合したParaviで配信されていた1万エピソード以上のTBSやテレビ東京のドラマ・バラエティ番組といった数多くのコンテンツを見放題で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ下部の検索アイコンをタップすると移動する検索ページで「ソニック・ザ・ムービー」と入力して検索すれば、作品の個別ページから映画「ソニック・ザ・ムービー」吹き替えフル動画を見ることができますよ。
吹き替え版/字幕版は再生時に切り替えることができます。

本ページの情報は2024年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

U-NEXTの詳細はこちら

映画「ソニック・ザ・ムービー」の作品情報・あらすじ

映画「ソニック・ザ・ムービー」は、セガゲームスの人気ゲーム「ソニック」シリーズを原作とする作品です。

本作はもともと2018年に公開予定でしたが公開が延期され、アメリカでは2020年2月に公開されました。
日本では当初、2020年3月に公開予定でしたが新型コロナウイルスの影響で延期され、ようやく6月に公開されています。

本作のアメリカでのオープニング興行収入はゲームを原作とする映画としては歴代1位を記録し、このスマッシュヒットを受けて、2022年4月に続編が公開されています。

「デッドプール」「ターミネーター:ニューフェイト」の監督を手がけたティム・ミラーが製作総指揮を務め、ティム・ミラーのCGアニメーション会社であるブラー・スタジオに所属するジェフ・フォウラーが監督を務めています。

オリジナル版でのソニックの声は、「スター・ウォーズ」シリーズでBB-8の声を演じたベン・シュワルツが担当しています。
そして、悪役であるドクター・ロボトニックはベテラン俳優のジム・キャリーが演じています。
ジム・キャリーの演技はかつての彼のヒット作を思わせるノリの良さ、との感想が多数見られました。

日本語吹き替え版ではソニックの声を中川大志が、ドクター・ロボトニックを山寺宏一が担当しています。

本作は公開前の予告編に登場したソニックがゲームのイメージと違いすぎる、ということでゲームのファンからの批判を浴び、その後、ソニックのデザインをゲームのイメージに近づけて修正が行われたことで話題となりました。
また、子供時代のソニックがかわいすぎる、との口コミが多数見られました。

ソニックのゲームでの名前は「ソニック・ヘッジホッグ」で、ヘッジホッグとは「ハリネズミ」のことです。
ソニックはハリネズミを元にデザインされています。

本作の終盤には原作のゲームをプレイしたことがある人ならニヤリとさせられる展開があります。
また、そのほかにも映画の至る所に原作のゲームの小ネタがちりばめられていて、ゲームをプレイしたことがある人は懐かしさを感じられるに違いありません。

ソニックの故郷やグリーンヒルズという町の名前は、ゲームの舞台から来ています。
ソニックの故郷はゲームの最初のレベルであるグリーンヒル・ゾーンと同じ場所です。
グリーンヒルズは実在しない架空の町ですが、ゲームのグリーンヒル・ゾーンにちなんで名付けられました。

ソニックを追いかけてくる敵キャラのナックルズ族は、ゲームでお馴染みのナックルズ・ザ・エキドゥナの仲間です。
ナックルズはソニックの敵であり、友達でもあります。

ソニックの隠れ家にはゲームや映画のオマージュがたくさんあります。
例えば、卓球台にはヒルトップロードと書かれていますが、これはゲームのヒルトップ・ゾーンから来ています。
また、ソニックがヌンチャックを持つ場面では、ゲームのロゴと同じハチマキをしています。
さらに、ソニックが読んでいるコミックは、超音速で走れるヒーローのフラッシュです。

ソニックがリングと一緒にしまっていた地図にあるロゴはセガサターンのものです。
これは、ソニックが初めて3Dで登場したゲーム機です。
また、リングはゲームではポイントやパワーの役割を果たしますが、映画ではポータルを開くアイテムになっています。

映画では他の映画のトリビアやパロディも多く見られます。
例えば、ソニックが育ての親のロングクローをオビワン・ケノービのような存在と呼ぶのは、スター・ウォーズのオマージュです。
また、トムとマディが見ていた映画は、「スピード」や「裸の銃を持つ男」です。
ソニックはスピードのセリフを暗記していました。
本編中のカーチェイスのシーンはヴィン・ディーゼルの名前を出して「ワイルド・スピード」シリーズへのオマージュを捧げています。
また、ソニックの超高速での戦闘シーンは「X-MEN」シリーズのクイックシルバーの戦闘シーンを思い出した、との感想が多数見られました。

ソニックは左利きです。
これは、アメリカのファンの間でソニックの利き手について議論があったことに対する製作側の回答です。
映画ではソニックが野球をするシーンで、彼がサウスポーのボックスに立っているのが分かります。

本作では「オリーブ・ガーデン」というイタリアン・レストランのプロダクト・プレースメントが目立ちます。
オリーブ・ガーデンの名前は何度も登場し、スローガンや割引券がギャグにされています。
これは、製作費の一部をオリーブ・ガーデンが提供したことによるものです。

この映画のロケ地は、主にアメリカとカナダです。

  • アメリカでは、モンタナ州のグリーンヒルズの町のシーンはジョージア州のリトル・リバー・キャニオン国立保護区で、サンフランシスコのシーンはカリフォルニア州のサンフランシスコ市で撮影されました。
  • カナダでは、ブリティッシュコロンビア州のラドナー湖やバンクーバーで、ソニックの故郷やキノコの惑星のシーンが撮影されました。
  • また、ソニックの隠れ家のシーンは、ハワイ州のオアフ島のカウアイ島で撮影されました。

映画「ソニック・ザ・ムービー」のあらすじ

地球から遠く離れた星のグリーンヒルと呼ばれる場所。
そこでソニックは、ロングクローというフクロウのような見た目の生物によって育てられる。

ソニックには超高速で動ける能力があり、その能力を狙う者が現れることをロングクローは心配し、あまり能力を使わないようにソニックに注意する。
けれど、子供であるソニックは言うことを聞かず、好き放題に能力を使って楽しんでいた。

ある日、ソニックの能力を狙って他の種族がグリーンヒルにやってきたため、ロングクローはテレポートすることができる不思議なリングを多数ソニックに渡し、リングの力でソニックを地球にテレポートさせる。

アメリカ・モンタナ州のグリーンヒルズにテレポートしたソニックは、それから10年間、山奥の洞窟の中に隠れ住む。
ソニックは近所に住む保安官のトムとその妻・マディを毎日のように観察していた。

一方、トムはあまりにも平和すぎるグリーンヒルズでの仕事が物足りなくなり、サンフランシスコの警官募集に応募して採用され、サンフランシスコに移り住むことが決まっていた。

ある日、寂しさに耐えかねたソニックは、子供たちの野球の試合を見た後、自分でもやってみることにする。
ソニックはボールよりも速く動けるため、ひとりでも野球をすることができてしまうのだった。

けれど、あまりにソニックが速く動いたせいで電磁パルスが発生し、アメリカ太平洋岸の北西部に大規模停電が起こってしまう。

大規模停電の原因究明を国防総省が行うことになり、不本意ながらマッドサイエンティストのロボトニック博士に協力を求める。

ロボトニック博士は大量のドローンを使って異常を調査。
そして、電磁パルス発生地点と思われる場所で、ソニックの足跡を発見する。

騒ぎになっていることに気づいたソニックは、洞窟からトムの家のガレージに移動することにする。
だが、物音を聞きつけたトムによって、ソニックは麻酔銃で撃たれてしまう。

ソニックは意識を失う瞬間、トムが着ていたTシャツに描かれていたサンフランシスコの超高層ビルであるトランスアメリカ・ピラミッドにリングが多数入っている袋をテレポートさせてしまうのだった。

目を覚ましたソニックはトムから尋問を受け、これまでのことを話す。
そして、ソニックの居場所を突き止めたロボトニック博士がトムの家に踏み込んでくる。

ロボトニック博士を殴ったトムは、ソニックを連れて逃げ出し・・・。

映画「ソニック・ザ・ムービー」のスタッフ

監督:ジェフ・フォウラー
製作:ニール・H・モリッツ、トビー・アッシャー、中原徹、伊藤武志
製作総指揮:里見治、里見治紀、前田雅尚、ナン・モラレス、ティム・ミラー
脚本:パット・ケイシー、ジョシュ・ミラー
撮影:スティーヴン・F・ウィンドン
プロダクションデザイン:ショーン・ハワース
衣装デザイン:デブラ・マクガイア
編集:ステイシー・シュローダー、デブラ・ニール=フィッシャー
音楽:トム・ホルケンボルフ

映画「ソニック・ザ・ムービー」のキャスト※()内は日本語吹替版キャスト

トーマス・マイケル・“トム”・ウォシャウスキー:ジェームズ・マースデン(中村悠一)
マディ・ウォシャウスキー:ティカ・サンプター(井上麻里奈)
ドクター・ロボトニック:ジム・キャリー(山寺宏一)
レイチェル:ナターシャ・ロスウェル(斉藤こず恵)
ウェイド・ウィップル:アダム・パリー(吉田ウーロン太)
エージェント・ストーン:リー・マジドゥブ(濱野大輝)
ベニントン少佐:ニール・マクドノー(ボルケーノ太田)
ウォルターズ副議長:トム・バトラー(沢木郁也)
クレイジー・カール:フランク・C・ターナー(岩崎ひろし)
ジョジョ:メロディ・ノシフォ・ニーマン(ふじたまみ)
ロングクロー:ドナ・ジェイ・ファルクス(石塚理恵)
テイルス:コリーン・オショーネシー(広橋涼)
ソニック:ベン・シュワルツ(中川大志)

映画「ソニック・ザ・ムービー」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
pandora ×
YouTube ×

調査した時点では映画「ソニック・ザ・ムービー」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

今後アップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいなどの理由からです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「ソニック・ザ・ムービー」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「ソニック・ザ・ムービー」の関連作品

ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ (2022)
監督:ジェフ・フォウラー
出演:ジェームズ・マースデン、ティカ・サンプター、ナターシャ・ロスウェル、ジム・キャリー他

出演:ジェームズ・マースデンのその他の作品

2ガンズ (2013)
監督:バルタザール・コルマウクル
出演:デンゼル・ワシントン、マーク・ウォールバーグ、ポーラ・パットン、ジェームズ・マースデン他

X-MEN:フューチャー&パスト (2014)
監督:ブライアン・シンガー
出演:ヒュー・ジャックマン、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェームズ・マースデン他
バイオメカニカル・ロボット“センチネル”の暴走によって滅亡の危機に陥った地球。
プロフェッサーXはセンチネルの開発が始まった1973年にウルヴァリンの魂を送り込み、地球を救おうとするが…。

出演:ティカ・サンプターのその他の作品

さらば愛しきアウトロー (2018)
監督:デヴィッド・ロウリー
出演:ロバート・レッドフォード、ケイシー・アフレック、ダニー・グローヴァー、ティカ・サンプター他
74歳にして現役の銀行強盗であり、そして、その手口は誰も傷つけることはなく、その振る舞いも紳士的だったフォレスト・タッカーをロバート・レッドフォードが演じて話題となった作品。

出演:ジム・キャリーのその他の作品

マスク (1994)
監督:チャールズ・ラッセル
出演:ジム・キャリー、キャメロン・ディアス、ピーター・リーガート他

トゥルーマン・ショー (1998)
監督:ピーター・ウィアー
出演:ジム・キャリー、エド・ハリス、ローラ・リニー他

キック・アス/ジャスティス・フォーエバー (2013)
監督:ジェフ・ワドロウ
出演:アーロン・テイラー=ジョンソン、クリストファー・ミンツ=プラッセ、クロエ・グレース・モレッツ、ジム・キャリー他
アメコミを原作とする映画「キック・アス」の続編。
最弱ヒーロー”キック・アス”と美少女殺し屋”ヒット・ガール”に復讐を誓うレッド・ミストは世界中から暗殺者を集めて軍団を結成し…。

声の出演:ベン・シュワルツのその他の作品

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (2015)
監督:J・J・エイブラムス
出演:ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、アダム・ドライヴァー、デイジー・リドリー、ベン・シュワルツ他
「スター・ウォーズ エピソードVI/ジェダイの帰還」の30年後を舞台にした新たな3部作の第1作。
砂漠の惑星で家族を待つ少女・レイはドロイドBB-8と脱走兵・フィンと出会い、壮大な冒険の旅に出ることになる…。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
映画「ソニック・ザ・ムービー」吹き替えフル動画を無料お試しレンタル料金不要で見れる動画配信サービスを調べてみたところ、Amazonプライムビデオ、U-NEXT、music.jpという結果になりました。

なかでもU-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
お試しして1ヵ月以内に解約すれば無料ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

U-NEXTの詳細はこちら

動画配信サービス選びに迷っているなら

タイトルとURLをコピーしました