映画「グリーンブック」吹き替えフル動画は無料で見れる?声優は?Dailymotionで見れる?

映画「グリーンブック」吹き替えフル動画 洋画

人種差別が一般的だった1960年代のアメリカを舞台に、天才黒人ジャズピアニストと彼の運転手を務めることになったイタリア系アメリカ人の友情を描く作品。
2018年のアカデミー賞で作品賞・助演男優賞・脚本賞の3部門を制した映画「グリーンブック」

映画「グリーンブック」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービス

映画「グリーンブック」吹き替えフル動画は、U-NEXT、Hulu、dTV、Amazonプライムビデオは見放題なので、無料お試し期間に追加でレンタル料金を支払わなくても何度でも見ることができます。

TELASA、music.jpは無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で21万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT(吹替版/字幕版)

U-NEXTの詳細はこちら

Hulu(吹替版/字幕版)

Huluの詳細はこちら

dTV(吹替版/字幕版)

dTVの詳細はこちら

Amazonプライムビデオ(吹替版/字幕版)

Amazonプライムビデオの詳細はこちら

TELASA(吹替版/字幕版)

TELASAの詳細はこちら

music.jp(吹替版/字幕版)

映画「グリーンブック」吹き替えフル動画を無料で見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る21万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で70誌以上の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して人気コミックなど32万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「グリーンブック」吹き替えフル動画以外にも数多くのコンテンツを無料で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ上部の検索窓に「グリーンブック」と入力して検索すれば、作品の個別ページから「グリーンブック」を見ることができますよ。
吹き替え版/字幕版は再生時に切り替えることができます。

本ページの情報は2021年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

映画「グリーンブック」の作品情報・あらすじ

「グリーンブック」は2018年公開のアメリカのロードムービー。
ジャマイカ系アメリカ人のピアニストとイタリア系アメリカ人の警備員が回ったコンサートツアーにインスパイアされて作られた伝記映画でもある。

監督はピーター・ファレリー。
主演はヴィゴ・モーテンセン、助演はマハーシャラ・アリが務めた。

「グリーンブック」は、まだ人種差別が当たり前だった1960年代のアメリカ南部を舞台にしたロードムービー。
黒人ジャズピアニストとイタリア系の白人運転手のふたりが旅を通じて友情を深めていく実話を元にした作品。

これまで『メリーに首ったけ』などコメディ作品ばかりを手掛けてきたピーター・ファレリー監督にとっては初めてのコメディではない作品となる。
脚本は白人運転手トニー・リップの実の息子ニック・バレロンガと監督のピーター・ファレリーが務めている。

作品のタイトルでもある「グリーンブック」というのは1936年から1966年まで毎年出版された黒人が利用可能な施設を紹介したガイドブックである。
著者のヴィクター・H・グリーンにちなんで名付けられた。

トロント国際映画祭では観客賞を受賞、アカデミー賞では作品賞、助演男優賞、脚本賞を受賞し高く評価されている。
惜しくも受賞は逃したが、主演男優賞と編集賞にもノミネートされた。

人種も性格も、何もかも違うピアニストと運転手は、度々衝突を繰り返しながら旅を続けていく。
徹底的に差別される描写も多く、心が痛む場面もあるが人種差別という社会問題をテーマに掲げながらも、ユーモアあふれる人情劇として描かれる作品。

困難を乗り越える度にお互いを認め合い、心を通わせていく姿に心あたたまること間違いなし!

映画「グリーンブック」のあらすじ

1962年のニューヨーク。
トニー・リップは妻と幼いふたりの息子と暮らしていた。

仕事を探していたトニーは「あるドクターが運転手を探している」と聞きつけ面接に向かった。
面接の相手は、カーネギー・ホールの上階に住むドクター・シャーリーだった。

医師かと思っていたら名誉博士号をもつドクターだったこと、黒人だったことにトニーは戸惑う。
ドクターは有名なピアニストで、部屋の調度品はトニーを圧倒するようなものばかりだった。

ドクターは”アメリカ中西部から南部への8週間の旅”の運転手を探していた。
運転手だけでなく、世話係、用心棒なども含めた仕事で、トニーは一度は断るが、結局雇われることになる。

出発の日には、トニーは「グリーンブック」を渡される。
「グリーンブック」は黒人が利用可能な宿泊先が書かれたガイドブックである。

当時は有色人種への差別が根強く、黒人というだけで宿泊を断られることも当たり前だった。
雇われたトニーも差別意識をもっており、雇い主であるドクターに指示や注意をされるたびにふてくされ、反発していた。

最初の目的地であるペンシルベニア州・ピッツバーグで初めてドクターの演奏を見たトニーは感心する。

その後、インディアナ州・ハノーヴァー、アイオワ州シーダー・ラピッズ、ケンタッキー州・ルイビル……と旅は続く。
最初は衝突の多かったふたりだが、旅を通して少しずつ心を通わせていった。

ある時、ノースカロライナ州・ローリーで、とある富豪の家でコンサートをすることに。
高名なミュージシャンとしてドクターを招きながらも、トイレは白人用のものではなく、屋敷の外にある黒人用を使うように言われる。

トニーには、なぜドクターが差別を受け嫌な思いをしながら南部を回るのか理解不能だった。
ドクターがアメリカ北部を回ってコンサートをしたなら、南部を回る3倍は稼げるはずである。

テネシー州・メンフィスに入る頃にはドクターはすっかりやさぐれていた。
人種差別が色濃く残っていることは覚悟していたが、想像以上の仕打ちの数々だった。

音楽で成功し、有名になったため裕福ではあるが、黒人のため白人社会には入れてもらえない。
黒人社会でも裕福なため受け入れてもらえない。

自分は「はぐれ黒人」だと嘆くドクターにトニーは掛ける言葉がなかった。

当初は黒人であるドクターに対する差別や偏見のあったトニーだが、一緒に過ごす内に友情が芽生え、複雑な思いを抱くのであった……。

映画「グリーンブック」のスタッフ

監督:ピーター・ファレリー
製作:ジム・バーク、チャールズ・B・ウェスラー、ブライアン・カリー、ピーター・ファレリー、ニック・ヴァレロンガ
製作総指揮:ジェフ・スコール、ジョナサン・キング、オクタヴィア・スペンサー、クワミ・L・パーカー、ジョン・スロス、スティーヴン・ファーネス
脚本:ニック・ヴァレロンガ、ブライアン・カリー、ピーター・ファレリー
撮影:ショーン・ポーター
プロダクションデザイン:ティム・ガルヴィン
衣装デザイン:ベッツィ・ハイマン
編集:パトリック・J・ドン・ヴィト
音楽:クリス・バワーズ
音楽監修:トム・ウルフ、マニシュ・ラヴァル

映画「グリーンブック」のキャスト※()内は日本語吹き替え版キャスト

トニー・“リップ”・バレロンガ:ヴィゴ・モーテンセン(大塚芳忠)
ドクター・ドナルド・シャーリー:マハーシャラ・アリ(諏訪部順一)
ドロレス・バレロンガ:リンダ・カーデリーニ(中村千絵)
オレグ:ディミテル・D・マリノフ(飛田展男)
ジョージ:マイク・ハットン(佐々木啓夫)
アミット:イクバル・テバ(村治学)
ジョニー・ヴェネス:セバスティアン・マニスカルコ(内田岳志)
プロデューサー:P・J・バーン(森宮隆)
モーガン:トム・ヴァーチュー(大滝寛)
ドン・スターク
ゴーマン:ランダル・ゴンザレス(ボルケーノ太田)
ボビー・ライデル:ヴォン・ルイス(田所陽向)
キンデル:ブライアン・ステパニック(てらそままさき)

映画「グリーンブック」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
pandora ×
YouTube ×

調査した時点では映画「グリーンブック」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

今後アップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいといった状態であることが多いからです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「グリーンブック」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「グリーンブック」の関連作品

監督:ピーター・ファレリーのその他の作品

メリーに首ったけ (1998)
監督:ファレリー兄弟(ピーター・ファレリー、ボビー・ファレリー)
出演:キャメロン・ディアス、ベン・スティラー、マット・ディロン他
ブラックジョークや下ネタ満載のロマンティック・コメディ。
女優キャメロン・ディアスの出世作。

出演:ヴィゴ・モーテンセンのその他の作品

ギリシャに消えた嘘 (2014)
監督:ホセイン・アミニ
出演:ヴィゴ・モーテンセン、キルスティン・ダンスト、オスカー・アイザック他
アメリカ・イギリス・フランス合作のスリラー映画。
パトリシア・ハイスミスの「殺意の迷宮」(1964年出版)を原作として映画化。

はじまりへの旅 (2016年)
監督:マット・ロス
出演:ヴィゴ・モーテンセン、トリン・ミラー、ジョージ・マッケイ、サマンサ・アイラー他
アメリカ製作のヒューマンドラマ作品。
資本主義とアメリカ人の生き方に幻滅した主人公が10年間の森の奥深くで生活した後、再び社会と関わることになった葛藤や苦悩を描く。

出演:マハーシャラ・アリのその他の作品

スパイダーマン:スパイダーバース (2018)
監督:ボブ・ペルシケッティ他
声の出演:シャメイク・ムーア、ヘイリー・スタインフェルド、リーヴ・シュレイバー、マハーシャラ・アリ他

アリータ:バトル・エンジェル (2019)
監督:ロバート・ロドリゲス
出演:ローサ・サラザール、クリストフ・ヴァルツ、ジェニファー・コネリー、マハーシャラ・アリ他
木城ゆきとによるマンガ『銃夢』を実写映画化。
首だけの状態でゴミとして捨てられていたアンドロイド少女・アリータが、自らの戦士としての記憶を取り戻していく姿を描く。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
映画「グリーンブック」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービスを調べてみたところ、U-NEXT、Hulu、dTV、Amazonプライムビデオ、TELASA、music.jpという結果になりました。

なかでもU-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
お試しして1ヵ月以内に解約すれば無料ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

動画配信サービス選びに迷っているなら

タイトルとURLをコピーしました