映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」フル動画を見れる動画配信は

映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」フル動画 邦画

信じられない高額時給の怪しいアルバイトに応募した青年が体験する命がけのデスゲームを描く映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」

映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」フル動画を見れる動画配信サービス

映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」フル動画を見れる動画配信サービスはHulu、dTVです。
上記の動画配信サービスでは見放題作品となっていますので、月額料金以外の料金はかかりません。

Huluは5万本以上のすべてのコンテンツが見放題なので、月額料金以外の料金が必要ないのが魅力です。
月額料金も933円(税抜)と手頃な金額なのでおすすめです。

Hulu

Huluの詳細はこちら

dTV

dTVの詳細はこちら

映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」フル動画を見るならおすすめはHulu

Huluは上回る5万本以上のすべてのコンテンツを月額料金内で楽しむことができる動画配信サービスです。

海外ドラマ(アメリカ)のラインナップが非常に充実しており、また日本テレビの番組の見逃し配信に対応しています。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

Huluの月額料金はクレジットカード以外に、デビットカード、ドコモ・au・ソフトバンクのキャリア決済、コンビニなどで購入できるHuluチケットなどの方法で支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、Huluは14日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。

Huluの詳細はこちら

映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」のあらすじ、スタッフ・キャスト

「インシテミル7日間のデス・ゲーム」は、米澤穂信さん作の同名小説の実写映画化作品です。
本作は、ワーナー・ブラザース映画初の日本映画海外配給作品として世界28カ国で公開されました。

タイトルの「インシテミル」は「淫してみる」のことで、「淫らなことをする」という意味のほかに、「何かに集中したり没頭したりする」という意味があるといわれています。
ちなみに英語の綴りは「Incitemill」となっており、翻訳すると「扇動ミル」といった意味となります。

原作小説は2007年8月に刊行されました。
2007年の「本格ミステリ大賞」の最終候補作となり、また、「本格ミステリ・ベスト」では4位、「週刊文春ミステリーベスト10」で7位、「このミステリーがすごい!」で10位となっています。

口コミの中には、「原作を読んでから映画を見た方がよい」というものもあります。
また、「ミステリーとしての完成度は原作の方が上だが、演技力の高い俳優たちによるパフォーマンスは映画ならではの魅力がある」との声もありました。

ホラー映画の鬼才中田秀夫監督がメガホンをとりました。
中田監督は、「出演者の皆さんが主演クラスの方ばかりなので、映画数本分の密度で撮影した」と語っています。

「カイジ」シリーズや「デスノート」などのヒット作品でおなじみの藤原竜也が主演を務めます。
そのほかに、綾瀬はるか、石原さとみ、武田真治、片平なぎさ、北大路欣也という豪華なキャストが出演したことで話題となったパニックホラー作品です。
本作はホリプロ50周年記念作品となっており、出演者はほぼ全員がホリプロ所属です。

綾瀬はるかは完成前の会見で「出演者が同じ事務所ということで、アットホームな感じがした」と語っています。
また、石原さとみ・平山あやのことを「姉妹のように感じています」と語っています。

石原さとみ・平山あやは綾瀬はるかのことを「ずっと人見知りだと思っていたけど、実際はそうでもなかった」と語っています。
平山あや演じる橘若菜の普段とそうでない時のギャップに驚かされたという口コミが多数見られました。

片平なぎさは「他の出演者が優しくて、歳をとって良かったと思った」と語りました。
北大路欣也は「撮影現場に通うのが楽しみだった」と語っています。

石井正則は「妻と別居中という設定だが、以前、自分も妻と別居したことがあるのでリアルな演技ができた」と語り、笑いを取っていました。

小説が元となっていますが、映画のオリジナル部分もあり、原作ファンも心新たに楽しめる作品となっています。
本作と原作小説の異なる部分を挙げておきます。

  • 実験の参加者が小説よりも少ない
  • 参加者に配られる武器が異なる
  • 西野が息絶えた姿で発見される日付が違う
  • 小説にある「躊躇の間」が映画には存在しない。

なお、暗鬼館の外観は千葉の鋸山でロケが行われています。

高額時給の怪しいアルバイトに誘われた青年が、見知らぬ仲間たちと共に7日間を過ごすのですが、そこで様々な事件が起きてしまいます。
次の展開が予想できず、主人公と共に恐怖を感じながら観ていくことができる作品となっています。

映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」のあらすじ

主人公はフリーターの結城理久彦(藤原竜也)。
ある日、結城は、須和名祥子(綾瀬はるか)から「時給11万2千円」という破格のアルバイトを紹介されます。

携帯のサイトで見つけたというその怪しげ、かつ魅力的なアルバイトに、祥子はすでに応募したと言います。
結城は何かあるのではと疑いながらも、祥子もやるならと自らも応募をしてしまいます。

その怪しいアルバイトは、「7日間の心理学実験」というものでした。
募集先は事務連絡機構というところで、破格の金額につられてやってきたのは結城と祥子を含めて全部で10人でした。
10人はリムジンで山奥に連れて行かれ、そこにそびえたつ大きな建物の中に入れられます。

中に入ると、女性のアナウンスが入り、①実験内容の質問はしないこと②全ての荷物をロッカーに預けなければならないことを伝えられます。
そして、「この先、非倫理的なことが起きるかもしれないが、承諾いただける方のみ先に進んでください」という恐ろしい説明があるのですが、10人はそのまま進んでいきます。

先へ進んだ10人に、このアルバイトの説明がなされます。
①今回行われる心理実験は、7日間行われ、全員で7日間耐えるか、最後の生存者が2人になったら実験終了で建物から脱出できるということ。
②この建物の名は暗鬼館といい、10人の身の周りの世話はガードと呼ばれるロボットが行うということ。
③22時以降は各自、自分の部屋にいること。
④事件が起きたら10人の中から探偵を選出し、推理をすること。そして、犯人を牢へ投獄すること。(投獄はガードが手伝う)

非倫理的なことが起こるとは言われていたものの、不穏なルールに不安が高まる10人でしたが、ひとまず自己紹介をしようということになります。

10人の情報は以下の通りです。
・結城理久彦…フリーター。車を買いたいと思っている。
・須和名祥子…自称元OL。どこか謎めいている。
・関水美夜(石原さとみ)…若い女性でWEBデザイナー。シングルマザーで、母親から虐待されていたという過去を持つ。
・大迫雄大(阿部力)…若い男性で研修医。橘と付き合っていて結婚する予定。
・橘若菜(平山あや)…若い女性。ネイリスト。大迫と交際しており、結婚する予定。
・西野宗広(石井正則)…中年男性。初日から人のうわさを話したり、10人の雰囲気を不穏にさせた張本人。
・真木雪人(大野拓朗)…若い男性。群れるのが苦手で単独行動が好き。
・岩井荘助(武田真治)…若い男性。西野に、連続殺人犯なのではないかと言われるのだが果たして。
・渕佐和子(片平なぎさ)…中年女性。世田谷在住の、専業主婦でミステリー好き。
・安東吉也(北大路欣也)…初老の男性。息子がかつてこのアルバイトに参加したことがあるという。

自己紹介を済ませた参加者は、部屋の隅に、残り時間と謎の数字が映し出されていることに気づきます。
安東は「これは見知らぬ人とどれだけ信頼関係が築けるかという実験ではないか」と言い、結城はそれに同意します。
やがて22時となり、各々自分の部屋に入ります。

結城は個室に入ると、鉄製の箱が置いてあることに気づきます。
箱を開けてみると、「撲殺 火かき棒」というカードと火かき棒が入っていたのです。
驚く結城でしたが、その日は疲れもあってそのまま就寝してしまいます。

やがて目を覚ますと、自室に祥子がおり、驚く結城。
ノックしたけど起きなかったから、という祥子。

やがて美夜の悲鳴が響き、駆け付けると、なんと西野が何者かに殺されていました。
胸には銃弾の跡。

恐怖を感じた結城は「実験は中止だろう!人が死んだんだ!」と叫びますが、返事はありません。
すると真木は「これは始まりなのではないか」と言います。
そう、真木の言う通り、このアルバイトの恐ろしさはこの日からスタートするのです。

結城は無事この恐ろしい館から出ることができるのでしょうか。
そしてこの実験の目的とは一体…?

映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」のスタッフ

監督:中田秀夫
製作:ウィリアム・アイアトン、堀義貴、宮崎洋
エグゼクティブプロデューサー:小岩井宏悦、菅井敦、奥田誠治
プロデューサー:下田淳行、野村敏哉、井上竜太、畠山直人
原作:米澤穂信『インシテミル』(文藝春秋刊)
脚本:鈴木智
撮影:林淳一郎
美術:斎藤岩男
編集:高橋信之
音響効果:柴崎憲治
音楽:川井憲次
照明:磯野雅宏
整音:柿澤潔

映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」のキャスト

結城理久彦:藤原竜也
須和名祥子:綾瀬はるか
関水美夜:石原さとみ
大迫雄大:阿部力
岩井荘助:武田真治
橘若菜:平山あや
西野宗広:石井正則
真木雪人:大野拓朗
渕佐和子:片平なぎさ
安東吉也:北大路欣也
(声の出演)
日村勇紀:人形の声

映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
pandora ×
YouTube ×

調査した時点では映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

今後アップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいなどの理由からです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」の関連作品

監督:中田秀夫のその他の作品

リング (1998)
出演:松嶋菜々子、真田広之、中谷美紀他
日本一有名なホラー映画と言っても過言ではない作品。
知名度抜群のホラーキャラ「貞子」が初登場します。
シリーズ化しており、ホラー映画好きには外せない名作です。

スマホを落としただけなのに (2018)
出演:北川景子、千葉雄大、田中圭他
北川景子さん主演で映画化されたホラー映画。
スマホを落としてしまうことから始まる恐ろしい展開は、身近なものがテーマなだけに、より恐ろしさを感じる作品となっています。

貞子 (2019)
出演:池田エライザ、塚本高史、桐山漣、ともさかりえ他

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼 (2019)
出演:千葉雄大、白石麻衣、成田凌他
志駕晃のデビュー小説「スマホを落としただけなのに」の続編となる小説を原作とする作品。
解決したかに思われた長い黒髪の女性を狙った事件は、新たな被害者の発見で混迷の度を深める。刑事・加賀谷は服役中の浦井光治に協力を求めることにし…。

出演:藤原竜也のその他の作品

DEATH NOTE デスノート (2006)
監督:金子修介
出演:藤原竜也、松山ケンイチ、瀬戸朝香他

カイジ 人生逆転ゲーム (2009)
監督:佐藤東弥
出演:藤原竜也、天海祐希、香川照之他

カイジ2~人生奪回ゲーム~ (2011)
監督:佐藤東弥
出演:藤原竜也、伊勢谷友介、吉高由里子、香川照之他

るろうに剣心 京都大火編 (2014)
監督:大友啓史
出演:佐藤健、武井咲、伊勢谷友介、青木崇高、蒼井優、神木隆之介、藤原竜也他

るろうに剣心 伝説の最期編 (2014)
監督:大友啓史
出演:佐藤健、武井咲、伊勢谷友介、青木崇高、蒼井優、神木隆之介、福山雅治、藤原竜也他

僕だけがいない街 (2016)
監督:平川雄一朗
出演:藤原竜也、有村架純、及川光博、石田ゆり子他

22年目の告白-私が殺人犯です- (2017)
監督:入江悠
出演:藤原竜也、伊藤英明、夏帆他

人間失格 太宰治と3人の女たち (2019)
監督:蜷川実花
出演:小栗旬、宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみ、藤原竜也他

Diner ダイナー (2019)
監督:蜷川実花
出演:藤原竜也、玉城ティナ、窪田正孝他
平山夢明の代表作である小説を原作とする作品。
元殺し屋のシェフが料理を作り、お客は全員殺し屋という会員制ダイナーで働かされることになった少女のサバイバルな日々を描いた作品。

ルパン三世 THE FIRST (2019)
監督:山崎貴
声の出演:栗田貫一、小林清志、浪川大輔、沢城みゆき、山寺宏一、藤原竜也他

カイジ ファイナルゲーム (2019)
監督:佐藤東弥
出演:藤原竜也、福士蒼汰、関水渚他
映画「カイジ」シリーズ3作目にして完結編。
あいかわらずその日暮らしの伊藤カイジは、帝愛グループの一企業で社長となった旧知の大槻から巨額の賞金が用意されたゲームに誘われ…。

太陽は動かない (2020)
監督:羽住英一郎
出演:藤原竜也、竹内涼真、佐藤浩市他

出演:綾瀬はるかのその他の作品

奥様は、取り扱い注意 (2020)
監督:佐藤東弥
出演:綾瀬はるか、西島秀俊他
2017年に日本テレビ系で放送されたTVドラマの劇場版。
閑静な高級住宅地で主婦として暮らす伊佐山菜美は、実は元凄腕スパイであり…。

タイトルとURLをコピーしました