映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」フル動画はどの動画配信サービスで見れる?

映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」フル動画 邦画

映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」フル動画を配信している動画配信サービス

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

ビデオパス

ビデオパスの詳細はこちら

dTV

dTVの詳細はこちら

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオの詳細はこちら

映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」フル動画を見るのに、U-NEXT、ビデオパスなら毎月支給されるポイントを使えば月額料金以外の料金はかかりらないのでおすすめです。
dTV、Amazonプライムビデオは月額料金のほかにレンタル料金として400~500円が必要となります。

映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」のあらすじ、スタッフ・キャスト

映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」は、渡辺一史によるノンフィクション「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」を原作とする作品で、2018年に劇場公開されました。
映画「陽気なギャングが地球を回す」「ブタがいた教室」の前田哲が監督を手がけ、映画「探偵はBARにいる」シリーズ・「恋は雨上がりのように」の大泉洋が主演しています。

難病である筋ジストロフィーを患い、24時間他人の助けを受けなければ生きることができないにもかかわらず、自由に生きた実在の人物である鹿野靖明さんの姿を通して、障がい者と健常者のあるべき関係を描いています。

映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」のあらすじ

鹿野靖明は幼い頃から全身の筋力が次第に衰えていく進行性筋ジストロフィーという難病を患っていた。
34歳の現在、体で動かせる部分は首と手だけであり、そのうえ痰の吸引を24時間行う必要があるため、常に他人の助けがなければ生きることはできない。

そんな状態にもかかわらず、靖明は医師の反対を押し切り、ケア付き住宅でボランティアの支援を受けながら自立生活を送る道を選ぶ。

靖明を助けるため大勢のボランティアが集まったが、誰もが靖明の自由すぎる振る舞いに悩まされていた。
だが靖明には不思議な魅力があり、ボランティアたちは靖明の介助を続けてしまうのだった。

そんなボランティアのひとりである医大生の田中久には、安堂美咲という彼女がいた。
ある日偶然、靖明の家を訪れることになった美咲は、ボランティアの手伝いをさせられることになる。
美咲は 早々に自由すぎる靖明と衝突して…。

映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」のスタッフ

監督:前田哲
製作代表:大角正、今村司
エグゼクティブプロデューサー:吉田繁暁、伊藤響
プロデューサー:飯沼伸之、寺西史
企画・プロデュース:石塚慶生
脚本:橋本裕志
撮影:藤澤順一
美術:三ツ松けいこ
編集:西潟弘記
音響効果:岡瀬晶彦
音楽:富貴晴美
主題歌:ポルノグラフィティ『フラワー』
照明:長田達也
録音:鈴木肇

映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」のキャスト

大泉洋、高畑充希、三浦春馬、萩原聖人、竜雷太、綾戸智恵、佐藤浩市、原田美枝子

映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
pandora ×
YouTube ×

調査した時点では映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

たまにアップロードされていることもあるようですが、あまりおすすめはできません。
なぜならば、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪いですし、本編がいくつかに分割されていたり全編に中国語字幕が入って見づらかったりということなどがよくあるからです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」を観た人の口コミ

ツイッターで「こんな夜更けにバナナかよ 映画」と検索すると以下のような口コミが見つかりました。

映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」の原作ノンフィクションについて

映画の原作となったノンフィクション「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」は、北海道新聞社から2003年3月に刊行されました。
タイトルは夜中に「バナナが食べたい」と言い出した靖明さんに対して、ボランティアのひとりが思ったことからつけられています。

第35回大宅壮一ノンフィクション賞、第25回講談社ノンフィクション賞をそれぞれ受賞し、鹿野靖明さんとボランティアたちが生活した日々が世間から注目されることとなりました。

タイトルとURLをコピーしました