「グエムル 漢江の怪物」フル動画 ポン・ジュノ監督作を見れる動画配信は

「グエムル -漢江の怪物-」フル動画 洋画

アカデミー賞受賞作「パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノが監督し、韓国で歴代観客動員6位の記録を作った「グエムル -漢江の怪物-」

「グエムル -漢江の怪物-」フル動画を配信している動画配信サービス

「グエムル -漢江の怪物-」フル動画を見るのに、U-NEXT、Amazonプライムビデオなら見放題作品ですので月額料金以外の料金はかかりません。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で14万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

また、ビデオパスなら無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば月額料金以外の料金はかかりません。

U-NEXT(字幕版のみ)

U-NEXTの詳細はこちら

Amazonプライムビデオ(字幕版のみ)

Amazonプライムビデオの詳細はこちら

ビデオパス(字幕版のみ)

TELASAの詳細はこちら

「グエムル -漢江の怪物-」フル動画を見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る14万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイントを使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

加えて、月額料金内で70誌以上の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して人気コミックなど32万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。

「グエムル -漢江の怪物-」のあらすじ、スタッフ・キャスト

2006年7月に公開された韓国映画です。
日本では同年9月に公開され世界23か国で公開されました。

監督は「殺人の追憶」「母なる証明」のポン・ジュノ監督です。
2019年「パラサイト半地下の家族」では、カンヌ国際映画祭でパルムドール受賞された他、アカデミー賞作品賞・監督賞・脚本賞・国際長編映画賞を受賞し、今世界でもっとも注目を集める監督です。

韓国では怪物映画がとても少なくヒット作がなかったそうです。
ポン・ジュノ監督は子供のころから、日本の「ゴジラ」「ウルトラマン」をよく見ていてあこがれていて、本作「グムエル」は高校生の時から温めていた企画で今回映画を作り、「怪物映画」を作る事を実現され大ヒットを収めました。

そして、「パラサイト半地下の家族」でも助演男優賞を受賞された、韓国を代表するソン・ガンホが主演を務めています。

韓国では観客動員数1300万人を突破し、歴代動員数第6位を記録しました。
なお、「グエムル」とは怪物をカタカナ表記したものです。

ハラハラドキドキするパニックエンターテインメント作品で最後まで目が離せません。

「グエムル -漢江の怪物-」のあらすじ

駐韓米軍第8部隊ヨンサン基地内霊安室にて二人の男が掃除をしていた。
上官は部下に「毒薬がいっぱいあるから、下水道に流して処理してくれ」と頼む。

部下は「そんなことをしたら、漢江に流れてしまう」と答える。
上官は「漢江はとてつもなく大きい、心を広く持とう」と言い部下を説得する。
部下は仕方なく、多量の毒薬を下水道に流してしまう。

漢江は韓国で一番広い川である。
とてもきれいな川でたくさんの人がいつも集まっていた。

そんな漢江に少しずつ奇妙な事が起こり始める。
釣り人は見たことない生き物を見つけた。
また一人の男は川の中に大きくて黒いものを見つけ、吸い込まれるように自殺してしまったのである。

漢江の目の前に一つの売店があった。
店の主はパク・ヒボン(ピョン・ヒボン)。

店番は息子のカンドゥ(ソン・ガンホ)がしていた。
ガンドゥはとても怠け者でいつも居眠りばかりしていた。
時にはお客さんの商品を勝手に食べてしまい、父ヒボンを困らせていた。

ガンドゥには14歳の娘がいた。
名前はヒョンソ(コ・アソン)といい、とてもしっかりしていてかわいい女の子で、ヒボンもガンドゥもとても可愛がり大切に育てていた。

ヒョンソは学校から帰ってきた。
今日はカンドゥの妹ナムジュ(ぺ・ドゥナ)の試合の日だった。
ナムジュはアーチェリーの選手だ。
テレビでガンドゥとヒョンソは試合を見て応援していた。

そこにヒボンがやってきて、ガンドゥがお客さんの商品を出す前に盗み食いしたことがわかり苦情が来たことを伝える。
ヒボンはガンドゥにサービスで飲み物を渡してこいと伝える。
ガンドゥはしぶしぶお客さんの所に向かった。

すると漢江にいた人たちがみんな川の方を見ていた。
ガンドゥも気になって川の方を見てみた。
そこには黒い大きな物体が橋の下にぶら下がっていたのだ。

するとその物体は川の中に飛び込み、人だかりの方に近づいてきた。
ガンドゥは持っていたビールを川の中に投げてみた。

すると黒い物体は、長い手のようなものでビールを掴んだ。
他の人達も面白くなり、手に持っていたものを次々と川の中に投げ込んだのだ。

すると遠くからとても大きな黒い物体が音をたて、ガンドゥの所に勢いよくむかってきたのだ。
その黒い物体は誰も見たことない生物で恐竜のような形をしていて、魚のような特徴をしていた。
すごいスピードで人間達を吹き飛ばし、長い手で捕まえ川に投げ飛ばした。

川にいた人達パニックを起こし逃げ回っていた。
ガンドゥはその怪物「グエムル」を追いかけた。

次々と人を襲っている怪物に一人の男「ドナルド」は襲い掛かる。
その姿を見た、ガンドゥも一緒に戦った。
外にあった看板を持ち、怪物に一撃を食らわせるが、怪物はびくともしない。
その時、怪物の血を浴びてしまったガンドゥは恐ろしくなり、慌ててヒョンソのいる売店にもどる。

ヒョンソはちょうど外に出ていた。
ガンドゥはヒョンソの手を取り一目散に逃げるがその途中で転んでしまい、ヒョンソの手を放してしまう。
慌てて握りしめて走り出したが、確認するとその手はヒョンソではなかった。

ヒョンソは逃げ遅れてしまった。そのすぐ後ろには怪物がいた。
怪物はヒョンソを掴んで川に飛び込んで行ってしまった。
ガンドゥは泳ぐことができず、後を追いかけたが近づくことはできなった。

怪物はヒョンソを掴んだまま向こう岸まで渡りヒョンソを飲み込んでまた川の中に入り、姿を消してしまったのだった。

その夜怪物に襲われて亡くなった人の葬儀が行われた。
そこへ試合から帰ってきたナムジュが銅メダルを持って現れた。
そしてまた一人ガンドゥの弟ナミル(パク・ヘイル)もやってきた。
四人は可愛がっていたヒョンソの死を悲しみ打ちひしがれる。

そんな中、怪獣と勇敢に戦ったドナルドがウイルスで亡くなったことが分かる。
政府の機関は怪物に接触した人間を拘束するためガンドゥを連れて行く。
家族みんなも一緒に病院に行く事になった。

その夜ガンドゥの携帯に一本の電話がかかってきた。
死んだと思われていたヒョンソからだった。
ヒョンソは生きていたのだ。
ヒョンソは怪物に下水道に連れて行かれたと伝えるが、電波が悪く電話は切れてしまう。

ガンドゥは警察にこのことを伝えたが、ウイルスで頭がおかしくなったと思われ、話を聞いてもらえない。
家族四人は、自分たちでヒョンソを助けに行く事を決める。

危険すぎる怪物「グエムル」は、家族たちに襲い掛かることとなる。
果たして一家は、ヒョンソを無事に助け出すことができるのだろうか?

「グエムル -漢江の怪物-」のスタッフ

監督:ポン・ジュノ
製作:チョ・ヨンベ
製作総指揮:チョ・ヨンベ、キム・ウテク、ジョン・テソン
共同製作:ジョ・ナンヨン
原案:ポン・ジュノ
脚本:ポン・ジュノ、ハ・ジョンウォン、パク・チョルヒョン
撮影:キム・ヒョング
視覚効果:オーファネージ
美術:リュ・ソンヒ
衣装:チョ・サンギョン
編集:キム・サンミン
音響:チョ・テヨン
音楽:イ・ビョンウ
照明:イ・カンサン、ジョン・ヨンミン
録音:イ・ソンチュル

「グエムル -漢江の怪物-」のキャスト

パク・カンドゥ:ソン・ガンホ
パク・ヒボン:ピョン・ヒボン
パク・ナミル:パク・ヘイル
パク・ナムジュ:ペ・ドゥナ
パク・ヒョンソ:コ・アソン
セジン:イ・ジェウン
セジュ:イ・ドンホ
ホームレスの男:ユン・ジェムン
黄色い服の男:キム・レハ
影(私立探偵):パク・ノシク
ナミルの同級生:イム・ピルソン

「グエムル -漢江の怪物-」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
pandora ×
YouTube ○

調査した時点では「グエムル -漢江の怪物-」フル動画はYouTubeにアップロードされていました。
ただし、音声は韓国語で字幕はついていません。

今後字幕付きや吹替版のフル動画がアップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいなどの理由からです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

「グエムル -漢江の怪物-」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

「グエムル -漢江の怪物-」の関連作品

監督:ポン・ジュノの関連作品

殺人の追憶 (2003)
出演:ソン・ガンホ、キム・サンギョン、パク・ヘイル他
韓国で実際に発生し迷宮入りとなった連続殺人事件を基にした作品。
1986年10月、ソウル南部の農村で若い女性の変死体が発見され地元のパク刑事らが捜査するが、一向に容疑者は見つからず…。

スノーピアサー (2013)
出演:クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン他
フランスのコミックを原作とする作品。
氷河期に突入してしまった地球。
人類の生存者は「スノーピアサー」と呼ばれる列車の乗客のみとなっていた。
列車の内部は厳格な階級社会となっていたが、ある日、貧困層が反乱を起こし…。

パラサイト 半地下の家族 (2019)
出演:ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン他
カンヌ国際映画祭でのパルムドール受賞に続き、アカデミー賞において作品賞をはじめとする4冠に輝いた作品。
半地下のアパートに暮らす極貧の一家は、偶然つながりを持ったIT企業社長の家に徐々に居場所を作っていき…。

出演:ソン・ガンホのその他の作品

弁護人 (2013)
監督:ヤン・ウソク
出演:ソン・ガンホ、キム・ヨンエ、オ・ダルス他
元韓国大統領である盧武鉉の弁護士時代の実話を基にした作品。
高卒ながら司法試験に合格したソン・ウソクは税務弁護士として成功するが、知人の息子の冤罪を晴らすため国家に対して戦いを挑んでいく…。

密偵 (2016)
監督:キム・ジウン
出演:ソン・ガンホ、コン・ユ、ハン・ジミン、鶴見辰吾他
日本統治時代の朝鮮半島を舞台に、独立を目指す武装組織”義烈団”の幹部と警察官として彼を追う朝鮮人の男の息詰まる関係を描いた作品。

タクシー運転手 ~約束は海を越えて~ (2017)
監督:チャン・フン
出演:ソン・ガンホ、トーマス・クレッチマン、ユ・ヘジン
1980年に韓国で起きた光州事件の際、取材規制をくぐり抜けて現地取材を行ったドイツ人記者と、彼を乗せて光州入りしたタクシー運転手の姿を描く実話を基にした作品。

タイトルとURLをコピーしました