映画ドーン・オブ・ザ・デッド吹き替えフル動画はどこで無料で見れる?声優は?Dailymotionで見れる?

映画「ドーン・オブ・ザ・デッド」吹き替えフル動画 洋画

「ドーン・オブ・ザ・デッド」は2004年に公開されたアメリカ映画。
1978年に製作されたゾンビ映画の名作「ゾンビ」(原題は本作と同じ”Dawn of the Dead”)のリメイク作品です。
突如ゾンビだらけとなった町で、生存者たちがショッピングモールに逃げ込み、迫りくるゾンビたちと生き残りをかけて戦うホラー映画です。

映画「ドーン・オブ・ザ・デッド」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービス

映画「ドーン・オブ・ザ・デッド」吹き替えフル動画は、U-NEXTは見放題なので無料お試し期間に追加でレンタル料金を支払わなくても何度でも見ることができます。

Amazonプライムビデオは字幕版のみ見放題で見ることができます。

music.jpは字幕版のみ無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で24万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT(吹替版/字幕版)

U-NEXTの詳細はこちら

Amazonプライムビデオ(字幕版)

Amazonプライムビデオの詳細はこちら

music.jp(字幕版)

映画「ドーン・オブ・ザ・デッド」吹き替えフル動画を無料で見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る24万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で170誌以上の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して人気コミックなど84万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「ドーン・オブ・ザ・デッド」吹き替えフル動画以外にも数多くのコンテンツを無料で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ下部の検索アイコンをタップすると移動する検索ページで「ドーン・オブ・ザ・デッド」と入力して検索すれば、作品の個別ページから映画「ドーン・オブ・ザ・デッド」吹き替えフル動画を見ることができますよ。
吹き替え版/字幕版は再生時に切り替えることができます。

本ページの情報は2022年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

見逃し配信バナー

U-NEXTの詳細はこちら

映画「ドーン・オブ・ザ・デッド」の作品情報・あらすじ・感想

監督は「ウォッチメン」「マン・オブ・スティール」のザック・スナイダー。

主演は「アウェイ・フロム・ハー君を想う」で監督・脚本も務め、オスカーにノミネートされたこともあるマルチな才能を持つ女優であるサラ・ポーリー。

そして、主人公と共にゾンビとの激しい戦いを演じるケネス役に、「パルプフィクション」や「ミッション:インポッシブル」シリーズでお馴染みのヴィング・レイムスが出演しています。

その他、オリジナル版(1978年)に出演していたケン・フォリー、スコット・H・ライニガー、トム・サヴィーニがカメオ出演しているのも興味深いところです。

今作の2年前に公開されたゾンビ映画「28週後…」でも話題となった”走ることができるゾンビ”の姿が本作でも描かれており、オリジナル版との大きな違いとなっています。
そのためか、オリジナル版と比較するとスピード感が印象的なサバイバルアクション作品となっていると言えるでしょう。

その他、今作がデビュー作となったザック・スナイダー監督の以後の作品で見られるビジュアル重視の作風が今作でも随所に見られます。

映画「ドーン・オブ・ザ・デッド」のあらすじ

看護婦のアナは、夫とふたりで暮らしていた。

ある朝、ふたりがベッドで寝ていると、近所に住んでいる少女が部屋の入口に立っていた。
突然のことにふたりが驚いてその少女を見ると、どうも様子がいつもと違う。

それも束の間、少女が猛スピードで近づいてきてアナの夫を襲う。
わけがわからないアナが呆然としていると、少女に噛まれて絶命したかに見えた自分の夫が今度はアナめがけて襲い掛かってきた。 

何とか家から脱出したアナだったが、周囲でもゾンビと化した人たちが人々を襲っていた。
この町から逃れようと、アナは車に乗ってとにかく出発する。

途中、ゾンビの群れを避けながら町を出ると、そこでケネスという警察官と、1組のカップル、そしてマイケルといった生存者4人と出会い、行動を共にするようになる。

一行は、無人と思われるショッピングモールを見つけて避難しようとする。

しかし、そこにはそのショッピングモールで警備をしていた警備員3人が残っており、モール全体を実質的に支配していた。
3人の中ではCJという男がリーダーだった。

最初はアナ達をモールに入れようとしないCJだったが、ケネスの存在もあってCJを何とか説得し、モール内に入る。

まだ互いに信用していないモール内の生存者たち。
そんなギクシャクしたところへ、さらにトラックで生存者たちがモールの駐車場に入ってきた。
その生存者たちをアナ達は支援し、ひとりでも多くモール内に逃げ込めるようにしてやる。

そして何とかモール内に避難できたトラックの生存者たちだったが、その中には既にゾンビに噛まれ感染している人も混じっていた。

モール内でも感染が段々と広がってきており、さらにモールの外でも依然としてゾンビの群れがうごめいていた。
このままでは望みがないことは明らかだった。

そこで現状を打破すべく、アナ達はモールから出て、船に乗って遠くへ逃げることを決意。
生き残った人々は数台のトラックに分乗して、ゾンビの群れをかきわけて脱出に成功する。

しかし、港まで移動する間、膨大な数のゾンビによって犠牲者が発生し生存者は数を減らしていく。
そして、港に着いた時にはアナと気持ちを通じ合わせていたマイケルも感染してしまっており、マイケルは港にとどまることを決断する。

結局、アナをはじめとする4人のみが乗船に成功し、陸を後にするのだったが…。

映画「ドーン・オブ・ザ・デッド」の感想

あの名作「ゾンビ」のリメイク作品ということで、どうしてもオリジナル版と比べてしまうのは仕方のないところです。

そういう視点で観ると、良い意味でオリジナル版と違う箇所が多くあり、別の作品として楽しむことができました。

例えば、今作では冒頭からすぐにゾンビが登場し、主人公が襲われます。
そして最初から主人公が逃げ惑う展開となり、物語に観客を一気に引き込んでいきます。

それ以外にも、生存者たちが逃げ込んだショッピングモール内において、対ゾンビとの闘いだけでなく、人間同士の対立も発生するなど、息つく暇もない緊張感のあるストーリー展開が楽しめます。

オリジナル版と比べて「どちらが良い」ということではなく、「どちらも良い」と思いますので、両作品とも観てみる価値はあるのではと思います。

映画「ドーン・オブ・ザ・デッド」のスタッフ

監督:ザック・スナイダー
製作:マーク・エイブラハム、エリック・ニューマン、リチャード・P・ルビンスタイン
製作総指揮:アーミアン・バーンスタイン、トーマス・A・ブリス、デニス・E・ジョーンズ
脚本:ジェームズ・ガン
オリジナル脚本:ジョージ・A・ロメロ
撮影:マシュー・F・レオネッティ
特殊メイク:デヴィッド・アンダーソン
編集:ニーヴン・ハウィー
音楽:タイラー・ベイツ
タイトルデザイン:カイル・クーパー

映画「ドーン・オブ・ザ・デッド」のキャスト※()内は日本語吹き替え版キャスト

アナ:サラ・ポーリー(魏涼子)
ケネス:ヴィング・レイムス(玄田哲章)
マイケル:ジェイク・ウェバー(森田順平)
アンドレ:メキー・ファイファー(楠大典)
スティーブ:タイ・バーレル(小野健一)
CJ:マイケル・ケリー(大塚芳忠)
テリー:ケヴィン・ゼガーズ(浪川大輔)
ニコール:リンディ・ブース(園崎未恵)
ノーマ:ジェイン・イーストウッド(磯辺万沙子)
タッカー:ボイド・バンクス
ルダ:インナ・コロブキナ(林真里花)
グレン:R・D・レイド(村松康雄)
モニカ:キム・ポイリアー(水落幸子)
フランク:マット・フルーワー
ルイス:ジャスティン・ルイス
ヴィヴィアン:ハンナ・ロックナー(安谷屋なぎさ)
将軍:スコット・H・ライニガー(小野健一)
シェリフ:トム・サヴィーニ(村松康雄)
テレビ伝道師:ケン・フォリー

映画「ドーン・オブ・ザ・デッド」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
pandora ×
YouTube(○)

調査した時点では映画「ドーン・オブ・ザ・デッド」はYouTubeに吹き替え版がアップロードされていました。
ただし、すぐに削除されるかもしれませんし、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は途中で何度も強制的に広告が入ります。

こういった無料動画サイトにアップロードされた映画「ドーン・オブ・ザ・デッド」を見るのはあまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、あるいは拡大されている、字幕がない、本編がいくつかに分割されているといった状態であることが多いからです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「ドーン・オブ・ザ・デッド」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「ドーン・オブ・ザ・デッド」の関連作品

ゾンビ(1978)
監督:ジョージ・A・ロメロ
出演:ケン・フォリー、ゲイラン・ロス他
ゾンビ映画の古典とされ、ロメロ監督の名を一躍世に知らしめたホラー映画。

監督:ザック・スナイダーのその他の作品

300 <スリーハンドレッド> (2007)
監督:ザック・スナイダー
出演:ジェラルド・バトラー、レナ・ヘディ、デヴィッド・ウェンハム他

アーミー・オブ・ザ・デッド(2021)
監督:ザック・スナイダー
出演:デイヴ・バウティスタ、エラ・パーネル他
ザック・スナイダー監督が「ドーン・オブ・ザ・デッド」以来17年ぶりに取り組んだゾンビ映画。

脚本:ジェームズ・ガンのその他の作品

ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結 (2021)
監督:ジェームズ・ガン
出演:マーゴット・ロビー、イドリス・エルバ、ジョン・シナ他
DCコミックスを原作とする作品。
「バットマン」などDCコミックスに登場する悪役たちがチームを結成し、成功させることは不可能と思われる困難なミッションに挑む。

出演:ヴィング・レイムスのその他の作品

ミッション:インポッシブル(1996)
監督:ブライアン・デ・パルマ
原作:ブルース・ゲラー
出演:トム・クルーズ、ヴィング・レイムス、ジョン・ヴォイド他

M:I-2 (2000)
監督:ジョン・ウー
出演:トム・クルーズ、タンディ・ニュートン、ダグレイ・スコット、ヴィング・レイムス他

M:i:III(2006)
監督:J・Jエイブラムス
出演:トム・クルーズ、フィリップ・シーモア・ホフマン、ヴィング・レイムス、ミシェル・モナハン他

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(2015)
監督:クリストファー・マッカリー
出演:トム・クルーズ、ジェレミー・レナー、サイモン・ベック、ヴィング・レイムス他
「ミッション:インポッシブル」シリーズ第5作。
イーサン・ハントたちIMFのチームが、謎の組織“シンジケート”と対決する。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
映画「ドーン・オブ・ザ・デッド」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービスを調べてみたところ、U-NEXTという結果になりました。

U-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
お試しして1ヵ月以内に解約すれば無料ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

見逃し配信バナー

U-NEXTの詳細はこちら

動画配信サービス選びに迷っているなら

タイトルとURLをコピーしました