映画「麻雀放浪記2020」フル動画を見れるおすすめ動画配信は

映画「麻雀放浪記2020」動画フル 邦画

映画「麻雀放浪記2020」フル動画を配信している動画配信サービス

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

ビデオパス

ビデオパスの詳細はこちら

dTV

dTVの詳細はこちら

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオの詳細はこちら

映画「麻雀放浪記2020」フル動画を見るのに、U-NEXT、ビデオパスなら毎月支給されるポイントを使えば月額料金以外の料金はかからないのでおすすめです。
dTV、Amazonプライムビデオは月額料金のほかにレンタル料金として400~500円が必要となります。

映画「麻雀放浪記2020」のストーリー、スタッフ・キャスト

映画「麻雀放浪記2020」は阿佐田哲也による小説「麻雀放浪記」を原案とする作品で、2019年4月に劇場公開されました。
映画「凶悪」「孤狼の血」の白石和彌が監督を務め、映画「昼顔」「家族のレシピ」の斎藤工が主演しています。

伝説的なギャンブル小説である「麻雀放浪記」を大胆にアレンジし、ベッキー、的場浩司、伊武雅刀、小松政夫、竹中直人といった超個性的な俳優が多数出演していることで話題となりました。

映画「麻雀放浪記2020」のストーリー

2020年、オリンピックが中止となった第三次世界大戦後の東京に、1945年の東京から伝説のギャンブラー”坊や哲”がタイムスリップしてくる。
2020年の東京は超監視社会と化し、AIの普及、そして第三次世界大戦での敗戦により失業者が街にあふれていた。

哲は麻雀ができる場所を探すが、2020年の日本では賭博は違法行為となっていた。
偶然知り合った芸能事務所の社長によって、ふんどし姿でマージョンを打つタレントとして売り出される哲。

1945年に戻る方法を探しながら、ギャンブラーとしての性でより強い相手を探し求めて哲は麻雀を打ち続ける。
やがて、その強さから哲は、政府が主催する”人間対AI”の「麻雀五輪」に出場することに。

だが麻雀五輪に出場した哲の対戦相手は、 AIを搭載したとてつもない強さのアンドロイドだった…。

映画「麻雀放浪記2020」のスタッフ

監督:白石和彌
製作:村松秀信、瀬井哲也、佐野真之、市原高明、丸橋哲彦、和田倉和利、後藤明信、中部嘉人
エグゼクティブプロデューサー:紀伊宗之、岡本東郎、遊佐和彦
プロデューサー:谷島正之、甘木モリオ
原案:阿佐田哲也『麻雀放浪記』(文春文庫刊)
脚本:佐藤佐吉、渡部亮平、白石和彌
撮影:馬場元
美術:今村力
編集:加藤ひとみ
音楽:牛尾憲輔
主題歌:CHAI『Feel the BEAT』
照明:鳥羽宏文
録音:浦田和治
プロット協力:片山まさゆき

映画「麻雀放浪記2020」のキャスト

斎藤工、もも、ベッキー、的場浩司、岡崎体育、ピエール瀧、伊武雅刀、矢島健一、小松政夫、竹中直人

映画「麻雀放浪記2020」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
pandora ×
YouTube ○

調査した時点では映画「麻雀放浪記2020」フル動画はYouTubeにアップロードされていました

けれど、映画「麻雀放浪記2020」フル動画をYouTubeで見るのは、あまりおすすめはできません。
なぜならば、画質が悪いうえに、動画のサイズが小さくて大変見にくいからです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「麻雀放浪記2020」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「麻雀放浪記2020」を観た人の口コミ

ツイッターで「麻雀放浪記2020」と検索すると以下のような口コミが見つかりました。

映画「麻雀放浪記2020」の原案となった小説「麻雀放浪記」について

映画「麻雀放浪記2020」の原案となった小説「麻雀放浪記」は1969年に双葉社「週刊大衆」で連載が始まり、1972年まで「青春編」「風雲編」「激闘編」「番外編」の計4シリーズが執筆されました。
現在、小説「麻雀放浪記」は文春文庫、角川文庫から文庫版が刊行されています。

また、続編的な作品として「新麻雀放浪記」「外伝・麻雀放浪記」「ドサ健ばくち地獄」があります。

そして、小説「麻雀放浪記」にはいくつものマンガ化作品がありますが、もっとも有名なものは、原案:さいふうめい・作画:星野泰視によって講談社「週刊少年マガジン」に1997年~2004年まで連載された「哲也-雀聖と呼ばれた男」です。
このマンガは「麻雀放浪記」を含めた阿佐田哲也作品を少年マンガとしてアレンジしたものとなっています。

U-NEXTなら小説「麻雀放浪記」、マンガ「哲也-雀聖と呼ばれた男」を毎月支給されるポイントを使って読むことができます。

映画「麻雀放浪記」について

小説「麻雀放浪記」の映画化作品としては、イラストレーターの和田誠が監督を務めた1984年の「麻雀放浪記」があります。
映画マニアとして知られる和田誠の演出と、真田広之、大竹しのぶ、加賀まりこ、高品格、鹿賀丈史という実力派の俳優陣によって高い評価を受け、1984年キネマ旬報ベストテン4位となりました。

タイトルとURLをコピーしました