映画「舟を編む」フル動画はどこで見れる?無料お試しレンタル料金不要サブスクでは?Dailymotionで見れる?

映画「舟を編む」フル動画 邦画

三浦しをんによる小説を原作とする作品。
出版社・玄武書房で辞書の編集をすることになった馬締光也の毎日と下宿先の大家の孫娘との恋を描く。
石井裕也が監督を務め、主演の松田龍平のほか、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華などが出演した映画「舟を編む」

※本ページはプロモーションが含まれています

映画「舟を編む」フル動画を無料お試しレンタル料金不要で見れる動画配信サブスク

映画「舟を編む」フル動画は、U-NEXT、Leminoは見放題なので無料お試し期間に追加でレンタル料金を支払わなくても何度でも見ることができます。

AmazonプライムビデオはPrime Videoチャンネルの日本映画NETの無料体験を申し込むことによりレンタル料金不要、または、SD画質300円/HD画質400円のレンタル料金を追加で支払うことにより見ることができます。

music.jpは無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で31万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT

見放題/無料お試し期間あり

U-NEXTの詳細はこちら

Lemino

見放題/無料お試し期間あり

Leminoの詳細はこちら

Amazonプライムビデオ

条件つきで無料/レンタル有料

Amazonプライムビデオの詳細はこちら

music.jp

レンタル・ポイント利用でレンタル料金不要/無料お試し期間あり

映画「舟を編む」フル動画を無料お試しレンタル料金不要で見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る31万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で190誌以上の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して週刊少年ジャンプや人気コミックなど101万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
また、15,000冊以上の無料マンガや毎日無料のエピソード40,000話以上が用意されています。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「舟を編む」フル動画以外にも見放題の音楽ライブの配信やUFC・K-1といった格闘技イベント、そして2023年6月30日に統合したParaviで配信されていた1万エピソード以上のTBSやテレビ東京のドラマ・バラエティ番組といった数多くのコンテンツを見放題で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ下部の検索アイコンをタップすると移動する検索ページで「舟を編む」と入力して検索すれば、作品の個別ページから映画「舟を編む」フル動画を見ることができますよ。

本ページの情報は2024年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

見逃し配信バナー

U-NEXTの詳細はこちら

映画「舟を編む」の作品情報・あらすじ

2013年の映画「舟を編む」は、出版社の辞書編集部が新しい国語辞典「大渡海」を作るために奮闘する物語です。
主人公の馬締光也は言葉に対する情熱と才能を持ちながらも、コミュニケーションが苦手な青年です。
彼は辞書作りを通して、仲間や恋人との絆を深めていきます。

本作には次のような見どころがあります。

  • 言葉の意味や使い方について考えさせられる、知的で感動的なストーリー
  • 松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョーなどの豪華キャストによる熱演
  • 辞書編集の裏側や苦労がリアルに描かれる、興味深い映像
  • 本屋大賞を受賞した三浦しをんの原作に忠実に再現された、丁寧な脚本と演出

映画の撮影は、2012年の夏から秋にかけて行われました。
辞書編集部のシーンは、東京都内の古いビルの一室を借りてセットを組んで撮影しました。
そのビルは撮影後に取り壊される予定だったため、セットの壁に穴を開けたり、窓を割ったりすることができました。

本作の中で馬締が香具矢に書いたラブレターは、実際に松田龍平が手書きで書いたものです。
松田は馬締の性格や言葉へのこだわりを考えながら、約1時間かけてラブレターを書き上げました。

映画の最後のシーンで馬締夫妻が海を眺めている場所は、千葉県の九十九里浜です。
このシーンは映画の撮影の最終日に撮影されました。
松田と宮崎は辞書作りに尽力した馬締と香具矢の感情を表現するために、台詞なしで静かに演技しました。

本作と原作には次のような違いがあります。

  • 原作では辞書編集部の社員は4人だけでしたが、映画では辞書作りに関わる人々の人間模様をより豊かに描くために、荒木の妻や香具矢の祖母、学生アルバイトなどのオリジナルキャラクターが追加されました。
  • 原作では馬締が香具矢に書いたラブレターを香具矢が読んで感動するシーンがありましたが、映画では香具矢がラブレターを読み解くのに苦戦するコミカルなシーンに変更されました。
  • 原作では辞書編集部の視点が馬締、西岡、岸辺、馬締の順に変わっていきましたが、映画では基本的に馬締の視点で物語が進みました。

この映画のロケ地は、主に東京都内や千葉県、埼玉県などです。

  • 玄武書房の旧館の外観は、東京都千代田区の「スタジオイワト(ビル西神田)」が使われました。
  • 馬締の下宿「早雲荘」は、東京都文京区の鳳明館本館の前にあったアパートでしたが、現在は取り壊されています。
  • 辞書編集部のメンバーがよく行く居酒屋「酔の助」は、東京都千代田区にあった店舗でしたが、2020年に閉店してしまいました。
  • 馬締と香具矢が包丁を見るために訪れたお店は、東京都台東区の「つば屋庖丁専門店」が使われました。
  • 馬締と香具矢が乗った観覧車があるのは、東京ドームシティです。
  • 西岡が辞書編集部を抜ける理由を話した場所である東京中央大学は、埼玉県の「城西大学 坂戸キャンパス」が使われました。
  • 馬締と香具矢がタクシーの中から眺めた海岸は、千葉県南房総市の「豊岡海岸」が使われました。

映画「舟を編む」のあらすじ

物語は1995年から始まる。

馬締は玄武書房の営業部に所属しているが、仕事にやりがいを感じていない。
ある日、辞書編集部の荒木と西岡にスカウトされ、辞書編集部に移ることになる。

辞書編集部では広辞苑に匹敵する中型事典「大渡海」の編纂作業が進められていた。
馬締は言葉の意味や用法について研究し、次々と用例採集カードに書き込む。

馬締は辞書編集に熱中し、辞書編集部の監修である松本や仲間たちと信頼関係を築いていく。

馬締は下宿先の早雲荘で暮らしている。
そこには大家のタケおばさんが住んでいるが高齢のため、孫の香具矢が面倒を見に来ることになる。
香具矢は板前見習いをしている明るく元気な女性であった。

馬締は香具矢に一目惚れし、恋心を抱く。
馬締は香具矢にラブレターを書くが、長文で回りくどい文章になってしまう。

香具矢は馬締に手紙ではなく直接伝えてほしいと頼む。
馬締は「好きです」と告白し、香具矢も「私も」と答える。
ふたりは交際を始める。

西岡は宣伝部の麗美と交際していたが、社内恋愛は禁止されているため秘密にしていた。
西岡は麗美から「大渡海」の出版が中止になるかもしれないという情報を聞く。

西岡は馬締と一緒に本社の局長に掛け合いに行く。
局長は「大渡海」の出版を条件付きで認めるが、西岡に宣伝部に移ることを命じる。
西岡は馬締に別れを告げ、麗美にプロポーズする。

それから13年後、馬締と香具矢は結婚していた。
「大渡海」の出版は翌年の3月に決まり、辞書編集部は最後の確認作業に追われていた。
そんな時、抜けている言葉が発見され…。

映画「舟を編む」のスタッフ

監督:石井裕也
プロデューサー:土井智生、五箇公貴、池田史嗣、岩浪泰幸
原作:三浦しをん『舟を編む』(光文社刊)
脚本:渡辺謙作
撮影:藤澤順一
美術:原田満生
衣装:宮本まさ江
編集:普嶋信一
音楽:渡邊崇
照明:長田達也
録音:加藤大和

映画「舟を編む」のキャスト

馬締光也:松田龍平
林香具矢:宮崎あおい
西岡正志:オダギリジョー
岸辺みどり:黒木華
タケ:渡辺美佐子
三好麗美:池脇千鶴
村越局長:鶴見辰吾
宮本慎一郎:宇野祥平
江川:森岡龍
小林:斎藤嘉樹
信太昌之
鈴木晋介
外波山文明
並樹史朗
大鷹明良
東加奈子
中別府葵
編集者:波岡一喜
戸川:又吉直樹
ポスターの女優:麻生久美子
佐々木薫:伊佐山ひろ子
松本千恵:八千草薫
荒木公平:小林薫
松本朋佑:加藤剛

映画「舟を編む」フル動画をDailymotion、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion  ×
YouTube (○)

調査した時点では、映画「舟を編む」動画はYouTubeにアップロードされていました。
ただし、全編に中国語字幕が入っていて非常に見づらいです。
また、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は、途中で何度も強制的に広告が入ります。

今後、字幕が入っていない動画がアップロードされるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、といった状態であることが多いからです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「舟を編む」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「舟を編む」の関連作品

監督:石井裕也のその他の作品

町田くんの世界 (2018)
監督:石井裕也
出演:細田佳央太、関水渚、岩田剛典他
安藤ゆきによるマンガを原作とする作品。
誰にでも優しくできるという才能を持つ男子高校生の町田くん。
そんな町田くんに同じ学校の猪原さんが恋心を抱くようになり…。

出演:松田龍平のその他の作品

誰も守ってくれない (2008)
監督:君塚良一
出演:佐藤浩市、志田未来、松田龍平他

探偵はBARにいる (2011)
監督:橋本一
出演:大泉洋、松田龍平、小雪他

羊の木 (2017)
監督:吉田大八
出演:錦戸亮、木村文乃、北村一輝、松田龍平他

影裏 (2020)
監督:大友啓史
出演:綾野剛、松田龍平、筒井真理子他
沼田真佑による小説を原作とする作品。
転勤で盛岡に住むことになった今野秋一は同い年の日浅典博と出会い親交を深めていくが…。

出演:宮崎あおいのその他の作品

怒り (2016)
監督:李相日
出演:渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、宮崎あおい他

かがみの孤城 (2022)
監督:原恵一
声の出演:當真あみ、北村匠海、吉柳咲良、宮崎あおい他

大名倒産 (2023)
監督:前田哲
出演:神木隆之介、杉咲花、松山ケンイチ、宮崎あおい他
浅田次郎による小説を原作とする作品。
藩主の隠し子であったことが判明して越後・丹生山藩の藩主となることになった小四郎。
だが、藩には莫大な借金があり…。

出演:オダギリジョーのその他の作品

THE 有頂天ホテル (2005)
監督:三谷幸喜
出演:役所広司、松たか子、佐藤浩市、オダギリジョー他

渇き。 (2014)
監督:中島哲也
出演:役所広司、小松菜奈、妻夫木聡、二階堂ふみ、オダギリジョー、國村隼他

ルームロンダリング (2017)
監督:片桐健滋
出演:池田エライザ、渋川清彦、健太郎、オダギリジョー他

花束みたいな恋をした (2020)
監督:土井裕泰
出演:有村架純、菅田将暉、清原果耶、オダギリジョー他

大怪獣のあとしまつ (2021)
監督:三木聡
出演:山田涼介、土屋太鳳、濱田岳、オダギリジョー他
日本に出現し大きな被害をもたらした大怪獣が突然死亡し、あとに残されたなきがらを前にして人々は頭を抱えるが…。

出演:黒木華のその他の作品

ソロモンの偽証 前篇・事件 (2015)
監督:成島出
出演:藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、黒木華、小日向文世他

海賊とよばれた男 (2016)
監督:山崎貴
出演:岡田准一、吉岡秀隆、染谷将太、黒木華他

億男 (2018)
監督:大友啓史
出演:佐藤健、高橋一生、黒木華、池田エライザ他

ビブリア古書堂の事件手帖 (2018)
監督:三島有紀子
出演:黒木華、野村周平、成田凌他

来る (2018)
監督:中島哲也
出演:岡田准一、黒木華、小松菜奈他

余命10年(2022)
監督:藤井道人
出演:小松菜奈、坂口健太郎、山田裕貴、奈緒、井口理、黒木華、田中哲司他

ノイズ (2022)
監督:廣木隆一
出演:藤原竜也、松山ケンイチ、神木隆之介、黒木華他

映画 イチケイのカラス (2023)
監督:田中亮
出演:竹野内豊、黒木華、斎藤工他
浅見理都によるマンガを原作とするTVドラマの劇場版。
岡山に異動した裁判官の入間みちおは、防衛大臣・鵜城英二が関わる事件の裁判を担当することになり…。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
映画「舟を編む」フル動画は無料お試しレンタル料金不要で見れるサブスクではどこで見れるかを調べてみたところ、U-NEXT、Lemino、Amazonプライムビデオ、music.jpという結果になりました。

なかでもU-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
お試しして1ヵ月以内に解約すれば無料ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

見逃し配信バナー

U-NEXTの詳細はこちら

動画配信サービス選びに迷っているなら

タイトルとURLをコピーしました