映画「武士の一分」フル動画を無料で見れるサイトは?Dailymotion・pandoraで見れる?

「男はつらいよ」シリーズの山田洋次が「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」に続いて手がけた藤沢周平の時代小説を原作とする作品。
務めによって失明してしまった下級武士が、自らの誇りをかけて闘う姿を描く。
主演の木村拓哉のほか、檀れい、笹野高史、桃井かおり、緒形拳、小林稔侍、坂東三津五郎という豪華なキャストが出演した映画「武士の一分」

映画「武士の一分」フル動画を無料で見れる動画配信サービス

映画「武士の一分」フル動画は、U-NEXT、Hulu、dTV、TELASA、Amazonプライムビデオは見放題なので、無料お試し期間に追加でレンタル料金を支払わなくても何度でも見ることができます。

music.jpは無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で22万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

Hulu

Huluの詳細はこちら

dTV

dTVの詳細はこちら

TELASA

TELASAの詳細はこちら

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオの詳細はこちら

music.jp

映画「武士の一分」フル動画を無料で見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る22万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で150誌の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して人気コミックなど70万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「武士の一分」フル動画以外にも数多くのコンテンツを無料で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ下部の検索アイコンをタップすると移動する検索ページで「武士の一分」と入力して検索すれば、作品の個別ページから映画「武士の一分」フル動画を見ることができますよ。

本ページの情報は2022年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

見逃し配信バナー

U-NEXTの詳細はこちら

映画「武士の一分」の作品情報・あらすじ・感想

「武士の一分」は2006年に公開された時代劇である。
原作は藤沢周平、監督は山田洋次で「たそがれ清兵衛」「隠し剣鬼の爪」に続く、山田洋次時代劇三部作の最終作として製作された。

主役の下級武士に木村拓哉とその妻役に映画初出演の檀れい、その他にも笹野高史、小林稔侍、緒形拳、桃井かおりなど豪華キャストが名を連ねる。

映画「武士の一分」のあらすじ

三十石の下級武士である三村新之丞(木村拓哉)は藩主の食事の毒味というお役目に就きながら、妻の加世(檀れい)と、長年三村家に仕える徳平(笹野高史)と共に幸せに暮らしていた。

新之丞は今は刀を握る役目ではないものの、将来は今までの道場とは違う、ひとりひとりの個性を尊重した剣の道場を開きたいという夢を持っていた。

ある日の毒味のお役目の際に、新之丞は毒を食し倒れてしまう。
加世は意識を失ったままの新之丞を必死に世話する。

その看病の甲斐もあってか、数日後に新之丞は意識を取り戻す。
意識は取り戻したものの、なんと新之丞は視力を完全に失い盲目となってしまった。

新之丞はひとりでは生きていけない身体となったことを悲しみ、自害をしようとする。
そのときに加世は懸命に説得し、さらには、新之丞が自害をするならば後を追う覚悟もある、とまで言ったので、新之丞は生き続けることを決意する。

加世の実家では一族たちが、お役目が続けられなくなった新之丞と加世のこれからのことについて話し合っていた。
その場に新之丞はいなかったが、加世は参加していた。

藩の要職者に相談するのがいいのではないかとの話が出たところで、加世は数日前に番頭の島田と幼いとき以来の偶然の再会をし、そのことを親戚に話した。
するとそれはちょうど良いという話になり、新之丞の今後の処遇については島田にお願いをしようということになり、その役目は加世がやることに決まった。

その数日後、藩から新之丞の今後の処遇について知らせがあり、「三十石は存続、三村の名もそのまま」という新之丞や加世の縁者が望んだものであった。

処遇が下ったすぐあとに、新之丞は叔母の以寧から城下の街で加世と身分の高そうな侍が一緒にいたという目撃情報を聞く。

その場では完全に否定をしていた新之丞であったが、最近の加世の行動に不審なところもあったため、徳平に加世の行き先を調べるよう言いつける。
加世の尾行をした徳平は、なんと加世と島田との密会を目撃してしまう。

徳平につけられていることを知った加世は、見つかってしまった以上、新之丞にすべてを話す決意をする。
すべてを聞いた新之丞は怒りと悲しみ、その他様々な感情の中、加世と離縁をし、徳平の静止も振り切り加世を家から追い出してしまう。

新之丞は自分のせいで加世が島田の言いなりにされてしまったと思い悩む。

自分を責める新之丞は、やがて、三村の姓が保てた処遇に関して、島田は何も力添えをしていなかったということを知る。
島田は加世を寝取っただけで何もしていなかったのである。

それからの新之丞は復讐の鬼と化す。
新之丞は島田を討つべく激しい剣の修行を再開する。

そして、遂に決闘の日がやってくる。
新之丞は島田に果たし状を送り、決闘の場へ呼び出す。

いざ決闘となり、盲目だからと新之丞のことを甘く見ていた島田は、新之丞のまるで目が見えているかのような動きに焦り、物音を使った卑怯な手を使って新之丞を倒そうとする。

しかし、あっさり見破られ新之丞に片腕を切られてしまう島田。
なぜか新之丞はとどめを刺すことはしなかった。

島田はその翌日に自害して果てたのだった。  

復讐を終えた新之丞は加世のいない生活を送っていた。
徳平の作る食事は美味しくない、と言い、新しく雇った食事担当の女中の食事を新之丞が口にする。

その女中とは加世であった。
新之丞は一口で加世の料理だとわかり、加世が戻ってきたことを知る。
新之丞は加世を抱き寄せ、戻ってきてくれたことの嬉しさと、加世への感謝の気持ちを募らせるのだった…。

映画「武士の一分」の感想

木村拓哉さんが、よくある木村拓哉さんが演じる役に比べて個性や主張の弱そうな役であった。
方言にも違和感を感じていたが、それらも初めのうちだけで、だんだんと役も方言も馴染んで見えてくるようになった。
檀れいさんは映画初出演のようだったが、とても自然で、さすがだなという印象であった。

時代劇なので人間同士の関係性が現代と違うところは常識として流さないといけないのだけれど、ところどころ気になってしまった。

まずは夫婦の関係、例えば家のこと、旦那のことは妻が全て行い、妻が外に働きに出ることは最後の手段的なことであること、また家に仕える人物がいるということなど、私は馴染みがないのでそういった場面になるたびに違和感を感じてしまった。
時代劇を見慣れていればこれほど違和感を感じずに済んだと思う。

ストーリーに関しては、起こっていることは悲しいことなのにも関わらず、観終わるときにはふたりの夫婦愛に安堵感と幸福感を感じた。

仕事で視力を失い、仕事中の出来事なのにその後の人生を保証してもらえるかもわからない状況、愛する妻が寝取られてしまうという悲劇、そこからの離縁と復讐が原因で相手が命を落とすこと。

このように大きな悲しい出来事が次から次へと起こる、本当に不幸である。
その大きな不幸を乗り越えることができたのはふたりを繋ぐ強い愛情があったからだと思う。
ふたりは幼い頃からの仲でとても強い絆で結ばれていたことが随所にうかがえる。

大体の時代劇は夫婦はお互いの愛情が見えにくい、特に夫から妻への愛情が見えにくいことが多いのだが、本作のふたりはそういったことはなく、強い愛情を感じた。

直接的な愛の言葉は特別多くはなかったように思えるが、それなのに強い愛情を感じられるのは演出なのか、演技なのか、どちらにしろプロの仕事を感じた。  

悲しい出来事が続くストーリーだが観ていてラストで幸せを感じる、夫婦の良さを感じる、いい映画であった。

映画「武士の一分」のスタッフ

監督:山田洋次
製作:久松猛朗
製作総指揮:迫本淳一
プロデューサー:深澤宏、山本一郎
原作:藤沢周平「盲目剣谺返し」(「隠し剣秋風抄」文春文庫刊)
脚本:山田洋次、平松恵美子、山本一郎
撮影:長沼六男
美術:出川三男
衣裳:黒澤和子
編集:石井巌
音楽:冨田勲
録音:岸田和美
照明:中須岳士

映画「武士の一分」のキャスト

三村新之丞:木村拓哉
三村加世:檀れい
徳平:笹野高史
波多野東吾:岡本信人
滝川つね:左時枝
滝川勘十郎:綾田俊樹
波多野以寧:桃井かおり
木部孫八郎:緒形拳
山崎兵太:赤塚真人
加賀山嘉右衛門:近藤公園
藩主:歌澤寅右衛門
玄斎:大地康雄
樋口作之助:小林稔侍
島田藤弥:坂東三津五郎

映画「武士の一分」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
pandora ×
YouTube ×

調査した時点では映画「武士の一分」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

今後アップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいといった状態であることが多いからです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「武士の一分」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「武士の一分」の関連作品

監督:山田洋次のその他の作品

たそがれ清兵衛 (2002)
公開年:2002年
監督:山田洋次
出演:真田広之、宮沢りえ、他
妻を早くに失った清兵衛の、人助けから新たな恋、結婚、死までを描いた作品。

隠し剣鬼の爪 (2004)
監督:山田洋次
出演:永瀬正敏、松たか子、他
下級武士が百姓の娘に恋をし、その娘が嫁ぎ先で病に倒れていると聞くと嫁ぎ先から強引に連れて帰る。
そんな中で藩の騒動に巻き込まれていくさまを描いた作品。

出演:木村拓哉のその他の作品

検察側の罪人 (2018)
監督:原田眞人
出演:木村拓哉、二宮和也、吉高由里子、松重豊他

マスカレード・ホテル (2018)
監督:鈴木雅之
出演:木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世他

マスカレード・ナイト (2021)
監督:鈴木雅之
出演:木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世他
東野圭吾による小説を原作とする作品。
ホテル・コルテシア東京で開かれるウントダウン・パーティに殺人事件の犯人が現れる、との情報を得た警察は、刑事・新田浩介に再びホテルへの潜入捜査を命じ…。

出演:檀れいのその他の作品

感染列島 (2008)
監督:瀬々敬久
出演:妻夫木聡、檀れい、国仲涼子他

ママレード・ボーイ (2018)
監督:廣木隆一
出演:桜井日奈子、吉沢亮、佐藤大樹、檀れい他
吉住渉の少女マンガを原作とする作品。
お互いの両親がパートナーチェンジして再婚し、そのうえ同じ家に住むことになった同い年の小石川光希と松浦遊。
共に暮らすうちにふたりは惹かれ合っていくが…。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
映画「武士の一分」フル動画を無料で見れる動画配信サービスを調べてみたところ、U-NEXT、Hulu、dTV、TELASA、Amazonプライムビデオ、music.jpという結果になりました。

なかでもU-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
お試しして1ヵ月以内に解約すれば無料ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

見逃し配信バナー

U-NEXTの詳細はこちら

動画配信サービス選びに迷っているなら

タイトルとURLをコピーしました