映画「ラストレター」フル動画を見れるおすすめ動画配信サービスは

岩井俊二監督の長編劇場映画デビュー作であり今も多くのファンがいる「Love Letter」のアンサー映画として製作され、豪華なキャストが出演した映画「ラストレター」

映画「ラストレター」フル動画を配信している動画配信サービス

映画「ラストレター」フル動画は、まだどこの動画配信サービスでも配信が開始されていません。
配信が開始されましたらすぐにお伝えします。

映画「ラストレター」のあらすじ、スタッフ・キャスト

映画「ラストレター」は「Love Letter」「スワロウテイル」などの作品で知られる岩井俊二の原作・脚本・監督による作品で、2020年1月に劇場公開されました。

岩井監督は本作を、「Love Letter」のアンサー映画だ、と語っており、その言葉通り本作は「手紙による人と人との交流」、「大切な人を失う心の痛み」、そして、「傷ついた心の再生」といった「Love Letter」と共通のテーマを持った作品となっています。
また本作は、岩井監督が初めて故郷の宮城を舞台に選んだ作品となっており、自身の体験や東日本大震災で大きな傷を負った故郷への想いも反映させたといわれています。

出演者は、岩井監督の「四月物語」に主演している松たか子をはじめ、広瀬すず、森七菜、神木隆之介、福山雅治といった豪華なメンバーとなっています。

同じ役ではありませんが、「Love Letter」に出演していた豊川悦司と中山美穂が「Love Letter」での役のその後を思わせる役柄で出演しているのも話題となりました。

本作では松たか子と森七菜が2人1役を演じており、別人であるのに同じ人間だと感じさせるその演技力に観客から驚きの声が上がっています。

また、森七菜は、岩井監督のアイディアで本作の主題歌も担当することになりました。
今後が大いに期待される若手女優のひとりといえるでしょう。

そして福山雅治は、これまで演じてきた役柄とは大きくイメージが異なる情けない男を演じており、新たな魅力を感じさせてくれます。

2019年に記録的な大ヒットとなったアニメ映画「天気の子」の監督・新海誠は岩井俊二のファンであることを公言しており、「ラストレター」についても絶賛のコメントをしています。

映画「ラストレター」のあらすじ

岸辺野裕里は実家の遠野家で行われた姉・未咲の法事に参加する。
世間的には未咲が亡くなった原因は病気ということになっていたが、実は未咲は自ら命を絶ったのだった。

無事に法事は終わり、裕里は息子の瑛斗と夫が待つ自宅に帰ることにするが、娘の颯香は夏休みということもあり、また、未咲の娘である従姉妹の鮎美と一緒にいたいということで祖父母の家に残ることになる。

実家を後にする際、裕里は鮎美から未咲あての高校の同窓会開催のお知らせが届いていることを伝えられる。
裕里は未咲が亡くなったことを未咲の同級生に伝えようと考え、同窓会に行ってみることにする。

同窓会の会場で裕里は未咲の同級生から未咲と間違われてしまう。
「否定できる空気ではない」と感じた裕里は未咲のふりをしたまま会場から出るが、その際に、乙坂鏡史郎から声をかけられ連絡先を交換する。
鏡史郎は裕里の憧れの存在であり、作家としてデビューした有名人でもあった。

その後、裕里のスマホに鏡史郎からのメッセージが届き、裕里はとまどいつつも未咲のふりをして返信する。
だがその後、裕里の夫・宗二郎が鏡史郎からのメッセージが届いた裕里のスマホ画面を目にしてしまい、入浴中であった裕里を問い詰める。
その際に、裕里のスマホは水没して壊れてしまう。

裕里は「あなたのせいで夫に疑われ、スマホが壊れた」と鏡史郎に手紙を出す。
鏡史郎は返事を書くが、裕里からの手紙には住所が書かれていないので、高校の卒業アルバムを見て未咲と裕里の実家あてに送る。

届いた鏡史郎からの手紙を読んだ鮎美と颯香は、未咲になりすまして返事の手紙を出すことにする。

鏡史郎の元には、裕里からの手紙と鮎美・颯香からの手紙が届くようになる。
鏡史郎は高校時代の思い出、そして、未咲に惹かれるようになったきっかけなどを手紙に書き、未咲の実家に送る。

そんな頃、裕里の義母である昭子が腰を痛める。
昭子は高校時代の恩師である波戸場正三に英語の手紙の添削をしてもらっていたが、正三も手を痛めて添削ができなくなったので、裕里が正三に代わって添削を行うことにする。

そこで、裕里は鏡史郎に送っていた手紙の住所を正三の住所にして送る。
そして、正三の家を訪ねてきた鏡史郎と、ちょうど正三の家に来ていた裕里は再会。

裕里は未咲がすでに亡くなったことを鏡史郎に告げ、鏡史郎は同窓会で会った時から裕里が未咲のふりをしていると気付いていたことを伝える。

大学時代に未咲と鏡史郎は付き合っていたが別れ、その後、未咲は阿藤陽市というろくでもない男と結婚していた。
未咲が自ら命を絶ったのは、阿藤とのすさんだ結婚生活が原因だった。

鏡史郎は阿藤の住むアパートを訪ね…。

映画「ラストレター」のスタッフ

監督:岩井俊二
企画・プロデュース:川村元気
製作:市川南
エグゼクティブプロデューサー:山内章弘
プロデューサー:水野昌、臼井真之介
共同製作:岩井俊二、千葉伸大、杉田成道、村松俊亮、宮崎伸夫、広田勝己、森田圭、舛田淳、長谷川晋一、永田勝美、吉川英作、林誠、石垣裕之、田中祐介
原作:岩井俊二『ラストレター』(文春文庫刊)
脚本:岩井俊二
美術:都築雄二、倉本愛子
撮影監督:神戸千木
編集:岩井俊二
音楽:小林武史
主題歌:森七菜『カエルノウタ』
プロダクション統括:佐藤毅

映画「ラストレター」のキャスト

岸辺野裕里:松たか子
遠野鮎美/遠野未咲(回想):広瀬すず
岸辺野宗二郎:庵野秀明
岸辺野颯香/遠野裕里(回想):森七菜
波戸場正三:小室等
岸辺野昭子:水越けいこ
遠野純子:木内みどり
遠野幸吉:鈴木慶一
阿藤陽市:豊川悦司
サカエ:中山美穂
乙坂鏡史郎(回想):神木隆之介
乙坂鏡史郎:福山雅治

映画「ラストレター」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
pandora ×
YouTube ×

調査した時点では映画「ラストレター」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

今後アップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいなどの理由からです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「ラストレター」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「ラストレター」の関連作品

監督:岩井俊二のその他の作品

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか? (1993)
監督:岩井俊二
出演:山崎裕太、奥菜恵、反田孝幸他
フジテレビのドラマ枠『ifもしも』のスペシャル版として製作され、放送の2年後に劇場公開された作品。
小学生最後の夏休み。
2学期から転校することになっているなずなは、50メートルの水泳で勝負する典道と祐介の勝った方と駆け落ちしようと決め…。

Love Letter (1995)
監督:岩井俊二
出演:中山美穂、豊川悦司、酒井美紀他
岩井俊二の長編劇場映画デビュー作となる作品。
神戸に暮らす渡辺博子は、山で遭難し命を落とした婚約者・藤井樹が昔住んでいたという小樽に返事が来るはずもない手紙を出す。
すると、婚約者と同姓同名の女性から返事が届き…。

出演:松たか子のその他の作品

四月物語 (1998)
監督:岩井俊二
出演:松たか子、田辺誠一、留美他
大学に入学し、北海道・旭川から東京に引っ越してひとり暮らしを始めた楡野卯月。
彼女が入学する大学を選んだのにはある目的があり…。

出演:広瀬すずのその他の作品

一度死んでみた (2019)
監督:浜崎慎治
出演:広瀬すず、吉沢亮、堤真一他
ソフトバンク”白戸家”シリーズなどのCMプランナー・澤本嘉光が脚本、au”三太郎”シリーズなどのCMディレクター・浜崎慎治が監督を担当した作品。
ライバル会社の陰謀によって仮死状態となってしまった父を救うため、デスメタルバンドでボーカルを務める娘が奔走する。

出演:神木隆之介のその他の作品

屍人荘の殺人 (2019)
監督:木村ひさし
出演:神木隆之介、浜辺美波、中村倫也他
数々のミステリー・ランキングで1位に輝いた今村昌弘の小説を原作とする作品。
神紅大学のミステリー愛好会のメンバーである明智と葉村。
ふたりは女子大生探偵の剣崎比留子に誘われ、事件の匂いのするロックフェス研究会の合宿に潜入するが…。

出演:福山雅治のその他の作品

マチネの終わりに (2019)
監督:西谷弘
出演:福山雅治、石田ゆり子、伊勢谷友介他
平野啓一郎の小説を原作とする作品。
クラシックギタリストとして名声を得ている蒔野聡史は、ジャーナリストの小峰洋子と知り合い強く惹かれる。
洋子には婚約者がいたが、聡史は構うことなく自らの想いを洋子に伝え…。

タイトルとURLをコピーしました