映画「メン・イン・ブラック」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信は

映画「メン・イン・ブラック」吹き替えフル動画 洋画

犯罪を犯した宇宙人を追う秘密組織MIBのエージェントを描いて大ヒットしたコメディSF映画シリーズの第1作「メン・イン・ブラック」

映画「メン・イン・ブラック」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービス

映画「メン・イン・ブラック」吹き替えフル動画は、U-NEXT、dTV、Amazonプライムビデオは見放題なので、無料お試し期間に追加でレンタル料金を支払わなくても何度でも見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で19万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT(吹替版/字幕版)

U-NEXTの詳細はこちら

dTV(吹替版/字幕版)

dTVの詳細はこちら

Amazonプライムビデオ(吹替版/字幕版)

Amazonプライムビデオの詳細はこちら

映画「メン・イン・ブラック」吹き替えフル動画を無料で見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る20万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で70誌以上の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して人気コミックなど32万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「メン・イン・ブラック」吹き替えフル動画以外にも数多くのコンテンツを無料で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ上部の検索窓に「メン・イン・ブラック」と入力して検索すれば、作品の個別ページから「メン・イン・ブラック」を見ることができますよ。
吹き替え版/字幕版は再生時に切り替えることができます。

本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

映画「メン・イン・ブラック」の作品情報、あらすじ、感想

映画「メン・イン・ブラック」は1997年に公開されたアメリカのSFコメディ映画です。

監督は「アダムス・ファミリー」のバリー・ソネンフェルドで、プロデューサーはスティーヴン・スピルバーグが務めています。
「MIB」シリーズ3部作の、今作は第1作目となります。

大ヒットシリーズ「メン・イン・ブラック」シリーズの第1弾作品ですが、トミー・リー・ジョーンズとウィル・スミスのK・Jコンビの絶妙な掛け合いは第1弾から絶好調です。
「アダムス・ファミリー」のバリー・ソネンフェルドが監督を務められてますので、思わず吹き出してしまうような小ネタがたくさん仕掛けられています。

例えば代表的なシーンは、亡くなった人間の姿をしたエイリアンを解剖する為、検視官の元に遺体が運ばれたシーンです。
検視官のローレルとJが遺体を観察していると、突然顔面が開き始め、中から小さな可愛らしいエイリアンが出てくるシーンは、思わず笑ってしまいました。

他にも寡黙なK役のトミー・リー・ジョーンズと、フランクという名のパグ犬の姿をしたエイリアンとの絡みも面白く、Kがフランクから情報を聞き出そうとして、フランクを抱きかかえて激しく揺さぶるシーンは非常に面白いです。

映画「メン・イン・ブラック」のあらすじ

ニューヨーク市警の刑事として、日々、人々の平和を守るために尽力するジェームズ・エドワード(ウィル・スミス)は、人間技とは思えない程ジャンプをしたり、壁をよじ登る犯人を自慢の俊足で追いかけ、逮捕寸前のところまで追いつめます。

ところが犯人はジェームズの目の前で「この世界の終わりが来る」と言い残し、ビルの屋上から飛び降り自ら命を絶ってしまいます。

自殺した犯人の動きが到底普通の人間だったとは思えず、エイリアンなのでは?と、ジェームズは上司や同僚に訴えますが、誰もジェームズの話を信じてはくれませんでした。

ただひとり、遺体の検視を担当した検視官のローレル・ウィーバー(リンダ・フィオレンティーノ)だけは信じてくれましたが、突然Kと呼ばれる黒服のしかめっ面の男(トミー・リー・ジョーンズ)が現われ、ローレルに赤く光るものを見せて、不思議なものを見た記憶を全て消してしまいました。

Kはエイリアンを俊足で追いつめたジェームズを見込んでいて、翌日、ジェームズにMIB(メン・イン・ブラック)へ来るように言いました。

翌日、半信半疑でMIBを訪れたジェームズは、海兵隊や空軍など各界のエリートが集まる中、筆記試験や拳銃を使用した試験など数々の試験を受けます。
いったい何の試験か分からないまま、ジェームズも試験を受けていましたが、どの試験でもジェームズの行動は他の候補生とは異なっていました。

実はジェームズ達が受けていた試験は、新しいMIBエージェントの採用試験で、試験を担当したMIBトップのZは、ジェームズを高く評価するKに押されて、ジェームズを新しくMIBのエージェントとして迎えることにしました。

Kはジェームズに、MIBとは地球上でエイリアンが犯罪を犯したり、侵略しようとするのを阻止するために監視し、更に地球人にエイリアンの存在を知られないようにすることが、最高秘密機関MIBの任務だと説明しました。

MIBのエージェントになるためにジェームズは、ジェームズ・エドワードとしての身分を全て抹消し、「エージェントJ」として生まれ変わる決意をしました。

MIB史上最強のエージェントKと共に、エージェントとしての活動を始めたJは、農場に落下した円盤を調査しに行きます。
エイリアンは農夫の体に入り込み、地球だけでなく銀河の滅亡にまで繋がる大事件にまで発展します。

KとJは地球と銀河を凶悪なエイリアンから守るため闘いを挑むのですが…。

映画「メン・イン・ブラック」の感想

「MIB」シリーズは1997年に公開の映画ですが、まったく古いとは感じさせない壮絶な面白さです。

さすが「アダムス・ファミリー」の監督だけあって、細部までこだわっていて、小ネタが多いのが最大の魅力で、トミー・リー・ジョーンズとウィル・スミスの面白さを最大限に生かした作品です。

更にスティーヴン・スピルバーグがプロデュースとくれば面白くないわけがありません。
エイリアンもどこか愛嬌が有り、可愛らしいキャラクターが満載です。

何度観ても面白い作品ですが、三部作のシリーズを通して順に観ると更に面白さも増していきます。
三作品それぞれの面白さが有り、どれがお気に入りとは言えない位三作品全部面白いです。

今作はJがニューヨーク市警からMIBの新米エージェントとなり、Kとコンビを組んで地球滅亡を阻止するため、新米ながらも戦う話ですが、次回作はMIBのエリートとなったJが、引退したKを呼び戻し再び大活躍する話ですので、ぜひ続けてご覧になってみてください。

映画「メン・イン・ブラック」のスタッフ

監督:バリー・ソネンフェルド
製作:ウォルター・F・パークス、ローリー・マクドナルド
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
共同製作:グレアム・プレイス
原作:ローウェル・J・カニンガム
脚本:エド・ソロモン
撮影:ドン・ピーターマン
特撮監修:エリック・ブレヴィグ
特殊メイク:リック・ベイカー、デヴィッド・ルロイ・アンダーソン
美術:ボー・ウェルチ
音楽:ダニー・エルフマン
主題歌:ウィル・スミス “Men In Black”

映画「メン・イン・ブラック」のキャスト※()内は日本語吹替版キャスト

K:トミー・リー・ジョーンズ(坂口芳貞)
エドワーズ/J:ウィル・スミス(江原正士)
ローレル:リンダ・フィオレンティーノ(日野由利加)
エドガー/バグ:ヴィンセント・ドノフリオ(大友龍三郎)
Z:リップ・トーン(大木民夫)
ジーブス:トニー・シャルーブ(仲野裕)
ベアトリス:シオバン・ファロン(叶木翔子)
D:リチャード・ハミルトン(名取幸政)
ジェイナス:フレドリック・レーン(成田剣)

映画「メン・イン・ブラック」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
pandora ×
YouTube (○)

調査した時点では映画「メン・イン・ブラック」フル動画はYouTubeにいくつかアップロードされていました。

ただし、1つは吹き替え版ですが30分以上カットされた動画であり、そのほかは吹き替え版ではなくそのうえ字幕も入っていません。

今後、本来の映像が見れる動画、あるいは字幕が入った動画がアップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいといった映画本編に集中できない要素が多数あるからです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「メン・イン・ブラック」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「メン・イン・ブラック」の関連作品

メン・イン・ブラック2(2002)
監督:バリー・ソネンフェルド
出演:トミー・リー・ジョーンズ、ウィル・スミス他
前作で史上最強のエージェントK(トミー・リー・ジョーンズ)がMIBを引退してしまい、J(ウィル・スミス)は誰とコンビを組んでも満足出来ず、勝手に新しいパートナーをニューラライズしては辞めさせてばかりいました。
そんな中、25年前にKが解決したはずの「デルタの光」を狙い、カイロス星人サーリーナが再び地球を襲撃します。
事件解決にはKの力が必要なため、Jは町の郵便局員として働くKの元へ向かい、再びMIBへ戻るように説得します。

メン・イン・ブラック3(2012)
監督:バリー・ソネンフェルド
出演:ウィル・スミス、トミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリン他
前作でKとJのコンビが復活し、ふたりは宇宙と地球の平和を保つため日々奮闘していました。
その頃、刑務所から脱獄したボグロダイト星人の凶悪犯ボリスは、40年前にKに逮捕され、片腕を失くしたことを恨み、タイムトラベルをして過去に戻りKを亡き者にしようとしていました。
ボリスの脱走を知ったKは忽然と姿を消してしまい、Kの存在さえもMIBで覚えているのはJだけになっていました。
ボリスに過去を変えられてしまったことを悟ったJは、自分も40年前にタイムトラベルし、ボリスがKの命を奪い、過去を変えるのを阻止しようとします。

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019)
監督:F・ゲイリー・グレイ
出演:クリス・ヘムズワース、テッサ・トンプソン、エマ・トンプソン、リーアム・ニーソン他
秘密組織MIBのロンドン支部を舞台としたスピンオフ作品。
MIBの新人エージェント・Mはロンドン支部に配属され、エースのエージェント・Hとコンビを組むことになるが…。

出演:トミー・リー・ジョーンズのその他の作品

アド・アストラ (2019)
監督:ジェームズ・グレイ
出演:ブラッド・ピット、トミー・リー・ジョーンズ、ルース・ネッガ他
地球外知的生命体を探すというミッションのさなか、宇宙の彼方で姿を消した父の後を追い、自らも宇宙の彼方に向かう宇宙飛行士の姿を描く。

出演:ウィル・スミスのその他の作品

バッドボーイズ (1995)
監督:マイケル・ベイ
出演:マーティン・ローレンス、ウィル・スミス、ティア・レオーニ他

バッドボーイズ2バッド (2003)
監督:マイケル・ベイ
出演:ウィル・スミス、マーティン・ローレンス、ガブリエル・ユニオン他

スーサイド・スクワッド (2016)
監督:デヴィッド・エアー
出演:ウィル・スミス、ジャレッド・レトー、マーゴット・ロビー他

ジェミニマン (2019)
監督:アン・リー
出演:ウィル・スミス、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、クライヴ・オーウェン他

バッドボーイズ フォー・ライフ(2020)
監督:アディル・エル・アルビ、ビラル・ファラー
出演:ウィル・スミス、マーティン・ローレンス、ヴァネッサ・ハジェンズ他
ウィル・スミスの初主演作となった人気シリーズの第3作。
マイアミ市警の刑事コンビ”バッドボーイズ”のマイクとマーカス。
家庭を優先するマーカスの意志によりコンビは解消されることになるが…。

出演:ヴィンセント・ドノフリオのその他の作品

ジュラシック・ワールド(2015)
監督:コリン・トレヴォロウ
出演:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ヴィンセント・ドノフリオ他
「ジュラシック・パーク」シリーズ第4作。
“ジュラシック・パーク”の存在した島に新たに“ジュラシック・ワールド”がオープン。
だが、ある日、遺伝子操作された凶暴な恐竜“インドミナス・レックス”が飼育区域から外に逃げ出してしまい…。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
映画「メン・イン・ブラック」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービスを調べてみたところ、U-NEXT、dTV、Amazonプライムビデオという結果になりました。

なかでもU-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
お試しして1ヵ月以内に解約すれば無料ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました