映画「ミッドサマー」フル動画を見れるおすすめ動画配信は

映画「ミッドサマー」フル動画 洋画

ホラー映画ファンの想像を超える映像とストーリーにより口コミで大きな話題となった映画「ミッドサマー」

※本ページはプロモーションが含まれています

映画「ミッドサマー」フル動画を見れる動画配信サービス

映画「ミッドサマー」フル動画は、U-NEXT、Lemino、DMM TVは見放題なので無料お試し期間に追加でレンタル料金を支払わなくても何度でも見ることができます。

Huluは見放題ですが無料お試し期間はありません。

AmazonプライムビデオはPrime Videoチャンネルのマイシアタープラスの無料体験を申し込むことにより無料で、または、標準画質300円/高画質400円のレンタル料金を追加で支払うことにより見ることができます。

music.jpは無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で30万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT(吹替版/字幕版)

見放題/無料お試し期間あり

U-NEXTの詳細はこちら

Lemino(吹替版/字幕版)

見放題/無料お試し期間あり

Leminoの詳細はこちら

DMM TV(吹替版/字幕版)

見放題/無料お試し期間あり

DMM TVの詳細はこちら

Hulu(吹替版/字幕版)

見放題/無料お試し期間なし

Huluの詳細はこちら

Amazonプライムビデオ(吹替版/字幕版)

条件つきで無料/レンタル有料

Amazonプライムビデオの詳細はこちら

music.jp(吹替版/字幕版)

レンタル・ポイント利用でレンタル料金不要/無料お試し期間あり

映画「ミッドサマー」フル動画を見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る30万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で190誌以上の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して週刊少年ジャンプや人気コミックなど97万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「ミッドサマー」フル動画以外にも見放題の音楽ライブの配信やUFC・K-1といった格闘技イベント、そして2023年6月30日に統合したParaviで配信されていた1万エピソード以上のTBSやテレビ東京のドラマ・バラエティ番組といった数多くのコンテンツを見放題で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ下部の検索アイコンをタップすると移動する検索ページで「ミッドサマー」と入力して検索すれば、作品の個別ページから映画「ミッドサマー」フル動画を見ることができますよ。
吹き替え版/字幕版は再生時に切り替えることができます。

本ページの情報は2024年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

U-NEXTの詳細はこちら

映画「ミッドサマー」の作品情報・あらすじ

映画「ミッドサマー」は「ヘレディタリー/継承」で監督デビューしたアリ・アスターの監督第2作となる作品で、2020年2月に劇場公開されました。

ホラー映画の「惨劇は暗闇で起こるもの」という”お約束”を覆して衝撃を与えました。
また、残酷描写とあまりに理不尽な展開から映画上映の途中で席を立って劇場を出て行く観客が続出しています。

本作の製作の理由としてアリ・アスター監督は「恋人と別れたこと」だと語っており、主人公・ダニーは自分を投影した存在とのことです。

本作の製作にあたり、監督自らスウェーデン・ドイツ・イギリスの夏至祭について調査を行ったそうです。
監督は本作について「観客は混乱すると思う」と語っています。

主人公・ダニーを演じたフローレンス・ピューは「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」でアカデミー賞にノミネートされた注目の若手俳優です。
2020年公開予定のマーベル映画「ブラック・ウィドウ」にも出演しています。

映画「ミッドサマー」の特徴としてその難解さがあります。
ここからは「ミッドサマー」のトリビアをいくつか紹介したいと思います。

本作の部隊となるスウェーデンのホルガ村では「9」が特別な数字とされています。
これは北欧神話には”9つの世界”が存在することに基づくものと思われます。

本作の冒頭部分のシーンで主人公・ダニーの部屋に飾られている絵は、ホルガ村で行われる儀式の内容を暗示しているといわれています。

本作に登場する黄色い三角の家について、三角形は北欧神話の主神・オーディンの槍、黄色は太陽を表していると思われます。

本作の登場人物であるシヴは祭りについて「9日間の大祭」と言っていますが、映画本編では5日間しか過ぎていません。
もしも映画で描かれたもの以後も祭りが続くのなら、その様子は続編として描かれるのかもしれません。

コニーのなきがらが濡れていますが、これは一般公開版でカットされた「川の儀式」で命を奪われたためです。
「川の儀式」は子供を川に投げ込むふりをする、というもので、コニーが命を奪われるシーンは「ディレクターズ・カット版」で見ることができます。

ジョシュのなきがらの口に突っ込まれているのは、ホルガの聖典とされるルビ・ラダーの1ページです。

本作の中にたびたび登場する熊は、北欧では戦士のシンボルであり、また春になると冬眠から目覚めて姿を現すため”死と再生”のシンボルともされています。

登場人物の名前である「クリスチャン」は、キリスト教徒を意味する言葉です。
キリスト教において火葬は異教徒に対して行われていたものであり、クリスチャンが生きたまま焼かれるのはキリスト教徒に対する意趣返しと受け取ることができます。

ダニーが終盤で着せられている花のドレスの中で、スウェーデンで一般的な花は「セント・ジョーンズ・ワート(日本名はオトギリソウ)」で、夏至祭の前の夜に枕の下に置いて寝れば未来の夫と夢で会えるといわれています。
また、セント・ジョーンズ・ワートはうつ病や不安障害に効果がある薬草としても知られており、ある意味、精神的に不安定で薬に依存しているダニーを象徴するものとみなすことができます。

ラストシーンについて監督は「ダニーは自己を失い自由を得た。それは恐ろしくもあり美しいことだ」と語っています。

監督の前作「ヘレディタリー/継承」は家族が崩壊する物語であり、本作は家族を失った主人公が新しい家族を見つける物語だということができます。
ふたつの映画の共通点は「人生はコントロールできないということと、逃げられない運命に向かってキャラクターが進んでいくこと」だと監督は語っています。

監督は「もしかすると次回作は3部作のラストの1作ということになるかもしれない」とも語っています。

映画「ミッドサマー」のロケ地は、ハンガリーのブダペスト郊外にスウェーデンの村を建築したそうです。
この村はキリスト教ではない古代北欧の異教を信じ続けている特殊な共同体だということが、ストーリーが進むにつれてわかってきます。
映画の中で見ることができる聖殿や崖などは、実際に存在する場所です。

フローレンス・ピュー(ダニー・アルドール)は「私はこの映画を撮ったときに、自分が家族を失ったときに感じたことを、観客に伝えたかった。私はこの映画で、家族というものがどれだけ大切なものかを見つけました」と語っています。

ジャック・レイナー(クリスチャン・ヒューズ)は「私はこの映画で、自分がどれだけ恐ろしいことをしているかを知りました。私はこの映画で、自分がどれほど愛されて生きてきたのかを知りました」と語っています。

ウィリアム・ジャクソン・ハーパー(ジョシュ)は「私はこの映画で、自分がどれだけ無力な存在なのかを知りました。私はこの映画で、自分がどれだけ幸せな存在なのかを知りました」と語っています。

映画「ミッドサマー」のあらすじ

躁うつ病に苦しむ妹からのメールを受け取った女子学生・ダニーは不安になり、付き合っている大学院生のクリスチャンに電話をかける。
ダニーも精神的に不安定な状態であり、クリスチャンは彼女の存在を重荷に感じるようになっていた。

すると、またダニーからクリスチャンに電話があり、ダニーの妹、そして両親が一酸化炭素中毒によって自ら命を絶ったのだという。

一方、クリスチャンと友人のジョシュ、マークは、スウェーデンからの留学生であるペレから誘われて、ペレの故郷で行われる90年に一度の祭りを見にスウェーデンに行くことになる。

スウェーデン行きのことを聞かされていなかったダニーはクリスチャンに詰め寄る。
仕方なくクリスチャンは、ダニーもスウェーデンへの旅に誘うのだった。

スウェーデンに到着したダニーたちは、祭りの行われるペレの故郷まで車で移動する。
イギリスから来たというサイモンとコニーも合流し、一同は村に入る。

旅先での開放感から、ダニーたちは皆でマジックマッシュルームを口にする。
だが、ダニーだけはハイになることができず、森の中で6時間も気を失っていた。

祭りの当日、ダニーたちは村人と食事を共にする。
村人の中の老人と老婆が飲み物を口にした後、村人たちにどこかへ連れて行かれる。

老人と老婆は高い崖の上に立ち、まず、老婆が崖から飛び降りて絶命する。
続いて老人も飛び降りるが、絶命することはできない。
すると、村人たちが老人の頭にハンマーを振り下ろして絶命させる。

コニーとサイモンは村人たちに抗議するが、村人たちは「この儀式は伝統的なもので、ふたりは幸せにあの世に行った」という。

文化人類学を学ぶクリスチャンとジョシュは平然としており、この祭りのことを論文に書くことに決める。
ダニーはアメリカに帰ろうとするが、ペレに引き留められる。

コニーは村を出ようとするが、サイモンが見当たらない。
村人は「先に村を出た」と言う。
コニーはひとりで村を出て行く。

その日の夜、マークは村の神聖な木に立小便をして村人たちを激怒させる。
そして、マークは村の若い女性に誘われて食事の場から出て行く。

一方、夜になるとジョシュは村の儀式に使う本の写真を撮るために、こっそり出かける。
ジョシュが夢中で本を撮影していると、マークの顔の皮をかぶった何者かが近づいてきてジョシュの命を奪う。

翌日、ダニーは村人からすすめられた飲み物を飲み、踊りのコンテストに出場しないかと誘われる。
コンテストで踊るダニーを村人と一緒に見ていたクリスチャンは村人から渡された飲み物を飲むが、やがて意識がもうろうとしてくる。

ダニーはコンテストで優勝してクイーンとなり、村の豊作のために儀式に参加することになる。

一方、クリスチャンは手足の自由を奪われたまま、村の若い女性との性行為を強制され…。

映画「ミッドサマー」の感想

「ミッドサマー」を見始めて感じたのは、「学生が撮った映画っぽいな」ということでした。
映画の冒頭は登場人物がほぼ学生ばかりなのでそう感じたのかもしれません。

私はアリ・アスター監督の映画は「ミッドサマー」が初めてでしたが、映像へのこだわりは強く感じました。
村人たちが皆そろって着ている白い服であったり、花で作った冠やドレス(?)であったり、また、ロングショットで建物を撮ったカットが何度も出てきたりといった部分ですね。

本作は直接的な描写で怖がらせるホラーというよりは、不気味さでゾクゾクさせる系のホラー映画だと思われます(といっても直接的な描写もありますが)。

思うに、スタンリー・キューブリックの「シャイニング」的なものを目指したのではないでしょうか。
映像の感じからそんな印象を受けました。

そんな風に「ミッドサマー」の映像は強く印象に残ったのですが、ストーリーに関してはツッコミどころが多々あるように思いました。

まず、ダニーたちが村に来た翌日、村の老人たちが自ら命を絶つ部分。
自ら命を絶つ老人たちを目にしたイギリス人のカップルは「イギリスに帰る」と言い出します。

それが普通の反応ですよね。
では、なぜダニーは帰ろうとしないのでしょう?

クリスチャンたちは自分たちが学んでいる学問の参考になるとか、論文を書く、とかの理由があるので、帰らない、というのも、「まあそういう人もいるだろうな」と思えます。

でも、ダニーは大学で学んでいる学問と村の祭りに関連はなさそうだし、そもそもクリスチャンとそんなにうまくいっていないので、「こんな気持ちの悪い所にはいられない」と考えるのが普通だと思うのですが。

老人たちが自ら命を絶つことについては、その集団の考え方として、「一定の年齢になったら亡くなった方が幸せ」ということがあってもおかしくはないと思います。

けれど、なぜ崖から飛び降りなければならないのでしょう?
もっと楽な亡くなり方はいくらでもあるはずですし、これまで一緒に暮らしてきた仲間にそんな刑罰のようなことをさせるでしょうか。

そのうえ、崖から飛び降りてまだ生きている男性に対しては、頭をハンマーで殴りつけて絶命させています。

楽にさせてやる、ということなんでしょうが、頭をハンマーで殴りつけるって相当な憎しみがないとできないと思うんですね。
あるいはそういうことをビジネスにしている人とか。
そんな普通の感覚では難しい行為を、長年一緒に暮らしてきた仲間にするものだろうか?と思うのです。

その後、観客の予想通りクリスチャンたちは次々と命を奪われていきます。
そのこと自体はホラー映画のお約束みたいなもので問題はないのですが、彼らの命を奪う村人たちがちょっと手慣れすぎなのでは?ということも感じました。

人ひとりの命を奪うって大変なことなのに、それをまるでプロのように5人も続けてやるなんてどうなんだろうと思うのです。

本作で描かれている祭りは90年に一度だと言っていますから、このような凶行を村人たちが常日頃から行っているわけではないということになります。
けれど、何のためらいもなく手際よく人の命を奪うのが気になります。

もしかすると映画の中では描かれていませんでしたが、この村の人々は日常的に村にやってきた外部の人間の命を奪っているのかもしれませんが。
でも、それならばとっくに警察の手入れを受けているはずですよね。
あのような田舎で人が何人も行方不明になったら。

また、クリスチャンたちを村に連れてきたペレは、外の世界に触れているのに村の風習に何の疑いも持たない、というのもちょっと不自然な気がします。
明らかに犯罪なのに。

あと、重箱の隅をつつくようですが、そもそも自給自足的な暮らしぶりの村なのに、若者を海外の大学に留学させる費用をどこから出したのでしょうか?

まあ、色々とツッコミを入れましたが、ホラー映画に細かいツッコミを入れるのも無粋なのかもしれません。
「13日の金曜日」とか「エルム街の悪夢」のあそこが変だ!、なんて言う人はあまりいないですからね。

「ミッドサマー」は多くの人が考察しているような情報量の多い作品ですから、ひねくれ者としてはあら探しをしたくなってしまいました。

私が思うに「ミッドサマー」のテーマは、「自分の常識が通用しない場所に放り込まれた時の恐怖」のように感じました。

私は学生時代、興味本位でレタス収穫のアルバイトに行ったことがあります。
そのアルバイト先で初めて”本当の田舎”というものに触れて、カルチャーショックというか恐怖を感じたことを憶えています。

そんな普段生活している場所から離れたところに行かなくても、新しい学校、新しい職場で「自分の常識が通用しない恐怖」を感じたことがある人も少なくないのではないでしょうか。
その点においては、私は「ミッドサマー」におおいに共感したのです。

映画「ミッドサマー」のスタッフ

監督:アリ・アスター
製作:パトリック・アンデション、ラース・クヌードセン、ヴィクトリア・ペトラニー
製作総指揮:フレドリク・ハイニヒ、ペッレ・ニルソン、ベン・ライマー、フィリップ・ウェストグレン
脚本:アリ・アスター
撮影:パヴェウ・ポゴジェルスキ
プロダクションデザイン:ヘンリク・スヴェンソン
衣装デザイン:アンドレア・フレッシュ
編集:ルシアン・ジョンストン
音楽:ザ・ハクサン・クローク

映画「ミッドサマー」のキャスト

ダニー:フローレンス・ピュー
クリスチャン:ジャック・レイナー
マーク:ウィル・ポールター
ジョシュ:ウィリアム・ジャクソン・ハーパー
ペレ:ヴィルヘルム・ブロムグレン
サイモン:アーチー・マデクウィ
コニー:エローラ・トーチア
ウルフ:ヘンリク・ノーレン
シヴ:グンネル・フレッド
マヤ:イサベル・グリル
イングマール:ハンプス・ハルベリ
ダン:ビョルン・アンドレセン

映画「ミッドサマー」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
pandora ×
YouTube ×

調査した時点では映画「ミッドサマー」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

今後アップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいなどの理由からです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「ミッドサマー」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「ミッドサマー」の関連作品

監督:アリ・アスターのその他の作品

ヘレディタリー/継承 (2018)
監督:アリ・アスター
出演:トニ・コレット、アレックス・ウォルフ、ミリー・シャピロ他
グラハム家を支配してきた祖母が亡くなった後、孫娘のチャーリーは次第に異常な言動をするようになる。
母のアニーは不気味なものの存在を感じるようになり…。

出演:フローレンス・ピューのその他の作品

トレイン・ミッション (2018)
監督:ジャウマ・コレット=セラ
出演:リーアム・ニーソン、ヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、フローレンス・ピュー他

ブラック・ウィドウ (2020)
監督:ケイト・ショートランド
出演:スカーレット・ヨハンソン、フローレンス・ピュー、デヴィッド・ハーバー、オルガ・キュリレンコ他
「マーベル・シネマティック・ユニバース」の24作目となる作品。
元ロシアのエージェントであったナターシャ・ロマノフは成長し、アベンジャーズのメンバー/ブラックウィドウとなる。
ある日、ブラックウィドウは刺客・タスクマスターの襲われるが…。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
映画「ミッドサマー」フル動画を見れる動画配信サービスを調べてみたところ、U-NEXT、Lemino、DMM TV、Hulu、Amazonプライムビデオ、music.jpという結果になりました。

なかでもU-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
お試しして1ヵ月以内に解約すれば無料ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

U-NEXTの詳細はこちら

動画配信サービス選びに迷っているなら

タイトルとURLをコピーしました