映画「ボヘミアン・ラプソディ」吹き替えフル動画は無料で見れる?Dailymotionでは?

映画「ボヘミアン・ラプソディ」吹き替えフル動画 洋画

伝説のロックバンド”クイーン”のボーカル、そして数多くの名曲の作詞作曲を行ったことでも知られるフレディ・マーキュリーの半生を描いた作品。
フレディを演じるラミ・マレックのそっくりぶり、そして作品に使用された数々のクイーンの名曲などによって大きな話題となり全世界で大ヒットした映画「ボヘミアン・ラプソディ」

映画「ボヘミアン・ラプソディ」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービス

映画「ボヘミアン・ラプソディ」吹き替えフル動画はU-NEXTは見放題なので、無料お試し期間に追加でレンタル料金を支払わなくても何度でも見ることができます。

TELASA、music.jpは無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で22万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT(吹替版/字幕版)

U-NEXTの詳細はこちら

TELASA(吹替版/字幕版)

TELASAの詳細はこちら

music.jp(吹替版/字幕版)

映画「ボヘミアン・ラプソディ」吹き替えフル動画を無料で見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る22万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で140誌以上の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して人気コミックなど32万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「ボヘミアン・ラプソディ」吹き替えフル動画以外にも数多くのコンテンツを無料で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ下部の検索アイコンをタップすると移動する検索ページで「ボヘミアン・ラプソディ」と入力して検索すれば、作品の個別ページから「ボヘミアン・ラプソディ」を見ることができますよ。
吹き替え版/字幕版は再生時に切り替えることができます。

本ページの情報は2021年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

映画「ボヘミアン・ラプソディ」の作品情報・あらすじ・感想

2018年公開。上映時間134分。伝記映画。

伝説のイギリスのロックバンド”クイーン”を描いた伝記映画。
バンド結成から代表曲「ボヘミアン・ラプソディ」が誕生するまでの経緯、チャリティコンサート“ライブエイド“の出演までの、フレディ・マーキュリーを追った伝記的作品。

今なお人々を惹きつけて止まないフレディ・マーキュリーを「ナイトミュージアム」シリーズでエジプト王を演じたラミ・マレックが熱演。この作品で、第72回英国アカデミー賞主演男優賞を受賞した。
他のメンバーも再現度の高い演出で、完成度が高い作品となった。

監督はブライアン・シンガーが務めたが、撮影終盤で降板。
残されたシーンの撮影は製作総指揮でクレジットされているデクスター・フレッチャーが監督を引き継いで完成させた。
音楽総指揮はクイーンのメンバーのブライアン・メイとロジャー・テイラーが務めた。

“クイーン“を知らない世代でも、彼らの楽曲は一度ならず耳にしたことがあるというイギリスの伝説のロックバンド。
その中でも高いカリスマ性を誇るボーカルのフレディ・マーキュリー。

45歳で亡くなった彼の半生にフォーカスしながら、メンバーたちの音楽にかける情熱とフレディの知られざる実像に迫った内容。

ライヴエイドのシーンは、フレディ本人の歌声も使われ、会場の再現度は、壁の剥げかけたペンキから水道管のサビに至るまでこだわって作り上げただけあって、圧巻。

ラミ・マレクのフレディは、本物と見間違うほどの再現度で、フレディが蘇ったかのような錯覚に陥る。
公開前から話題の本作は、リピート鑑賞者が絶えない大ヒットとなった。

劇中では、タイトルにもなっている“ボヘミアン・ラプソディ“のレコーディンシーンもあり、見所となっている。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」のあらすじ

1970年のロンドンで、空港で荷物の積み下ろしの仕事をこなすファルーク・バルサラ(ラミ・マレック)は、時間があれば曲を書き続けていた。

ライブハウスで“スマイル“というバンドに魅了されたファルークは、演奏直後にバンドメンバーのギタリスト、ブライアン・メイ(グウィリム・リー)とドラムのロジャー・テイラー(ベン・ハーディ)に声をかける。

ちょうど“スマイル“のヴォーカル兼ベースのティム・スタッフェルが脱退したと知ると、自らをヴォーカルとして売り込みむのだった。

突然歌い出したフレッド(ラミ・マレック)の歌声に驚いたふたりは、フレッドを新メンバーに加え、さらにベーシストのジョン・ディーコン(ジョー・マゼッロ)を加えて、伝説のバンド“クイーン“が誕生する。

その後、インド系移民の家系である故に差別を受け、厳格なゾロアスター教の父に付けられた自身の名前を嫌っていたファルークは、反骨精神から名前をフレディ・マーキュリーと改名する。

その頃、ブティックでメアリー(ルーシー・ボイントン)に出会ったフレディは、恋に落ちる。

やがて、クイーンは、斬新なアイディアで演奏を試みる。
その様子を見ていた大物マネジャーのジョン・リード(エイダン・ギレン)は、彼らのマネージャーを志願し、弁護士のジム・マイアミ・ビーチ(トム・ホランダー)、リードの知人ポール・プレンター(アレン・リーチ)が加わって、本格的にクイーンの活動が始まっていく。

フレディのカリスマ性と迫力のあるサウンドでクイーンが一気にスターダムにのし上がる中で、フレディは自身の性的マイノリティーに気づき悩みながらも、恋人のメアリーとの愛も育んでいく。

その後、フレディは数々の名曲を作り続けるが、孤独やプレッシャーから他のメンバーと対立するようになっていく。
やがてソロ活動を始めたフレディだったが、活動は順調とはいえなかった。

フレディはクイーンとしての活動再開を望むようになり、他のメンバーと会談を行い和解する。
そんな時、ミュージシャンによるチャリティ活動の仕掛け人であるボブ・ゲルドフからのオファーにより、クイーンは大規模なチャリティーライブイベント”ライヴエイド”へ出演することになる。

だがその頃、フレディは自身がエイズに感染し余命わずかなことを知り…。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」の感想

“クイーン“は実際のリアル世代ではありませんが、彼らの楽曲は知っていて有名なもの多く、フレディの人生自体にも非常に興味があったので、とても楽しみに鑑賞しました。

フレディのカリスマであるが故の孤独、悩み、葛藤、そしてメンバーとの絆、メアリーとの愛の形、家族愛、さまざまなことが描かれていました。

音楽を愛しすぎて、音楽に人生全てをかけたフレディの半生は、彼の実像を知らない人には、羨ましい限りに成功した姿に見えます。
しかし、この作品を見ると彼の一人の人間としての悲哀が伝わってきました。

愛を求めて生きた彼が、周りの人にうまく使われてしまうところや人とぶつかってしまうところ、プライドに振り回されてしまうところなどは、伝説の人としてでなく、身近な人間だと共感できました。

劇中に流れる“クイーン“の楽曲はどれも耳馴染みがよく、シーンを盛り上げてくれます。
ラストのライブエイドのパフォーマンスは、とても素晴らしかったです。

後でリアルの映像を探して見比べても、違いを見つけることができないほど完璧に再現されていました。
自分もあの会場にいるかのような一体感を味わうことができ、彼の思いを知った上で聞く彼の歌声に涙が出てきました。

ラストでは、孤独と戦ってきたフレディに、みんなの愛が伝わるような演出で感動的でした。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」のスタッフ

監督:ブライアン・シンガー
製作:グレアム・キング、ジム・ビーチ
製作総指揮:デクスター・フレッチャー、アーノン・ミルチャン、デニス・オサリヴァン、ジェーン・ローゼンタール
原案:アンソニー・マクカーテン、ピーター・モーガン
脚本:アンソニー・マクカーテン
撮影:ニュートン・トーマス・サイジェル
衣装デザイン:ジュリアン・デイ
編集:ジョン・オットマン
音楽:ジョン・オットマン
音楽監修:ベッキー・ベンサム
エグゼクティブ音楽プロデューサー:ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー

映画「ボヘミアン・ラプソディ」のキャスト※()内は日本語吹き替え版キャスト

フレディ・マーキュリー:ラミ・マレック(櫻井トオル)
メアリー・オースティン:ルーシー・ボーイントン(川庄美雪)
ブライアン・メイ:グウィリム・リー(北田理道)
ロジャー・テイラー:ベン・ハーディ(野島裕史)
ジョン・ディーコン:ジョー・マッゼロ(飯島肇)
ジョン・リード:エイダン・ギレン(志村知幸)
ジム・ビーチ:トム・ホランダー(赤城進)
ポール・プレンター:アレン・リーチ(鈴木正和)
レイ・フォスター:マイク・マイヤーズ(咲野俊介)
ジム・ハットン:アーロン・マカスカー(花輪英司)
ボブ・ゲルドフ:ダーモット・マーフィ(小林親弘)
ジャー・バルサラ:メネカ・ダス佐々木優子)
ボミ・バルサラ:エース・バティ(加藤亮夫)
カシミラ・バルサラ:プリヤ・ブラックバーン(夏目あり沙)
デヴィッド:マックス・ベネット(下川涼)
ティム・スタッフェル:ジャック・ロス

映画「ボヘミアン・ラプソディ」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
pandora ×
YouTube ×

調査した時点では映画「ボヘミアン・ラプソディ」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

今後アップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいといった状態であることが多いからです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」の関連作品

監督:ブライアン・シンガーのその他の作品

ユージュアル・サスペクツ (1995)
監督:ブライアン・シンガー
出演:スティーヴン・ボールドウィン、ガブリエル・バーン、チャズ・パルミンテリ他
1996年日本公開。上映時間106分。サスペンス映画。
回想を効果的に使った脚本で、謎の多い、マフィアの麻薬密輸船爆破事件を描いた作品。
アカデミー脚本賞、アカデミー助演男優賞を受賞した。

X-メン (2000)
監督:ブライアン・シンガー
出演:ヒュー・ジャックマン、パトリック・スチュワート、イアン・マッケラン他
スーパーヒーロー映画。
スタン・リーとジャック・カービーが創作したマーベル・コミックが発行した一連のコミックに登場する同名の架空スーパーヒーローのチームが活躍する。
シリーズ13作品のうち、4作品をブライアンが監督している。

製作総指揮:デクスター・フレッチャーのその他の作品

ロケットマン (2019)
監督:デクスター・フレッチャー
出演:タロン・エガートン、ジェイミー・ベル、ブライス・ダラス・ハワード他
伝説のミュージシャン、エルトン・ジョンの半生をミュージカル仕立てで描いた作品。
両親の愛に飢えていた少年は、やがて音楽の才能を開花させスターへの道を駆け上がるが…。

出演:ルーシー・ボーイントンのその他の作品

オリエント急行殺人事件 (2017)
監督:ケネス・ブラナー
出演:ケネス・ブラナー、ペネロペ・クルス、ウィレム・デフォー、ルーシー・ボーイントン他
ミステリーの古典ともいわれるアガサ・クリスティーによる小説を原作とする作品。
トルコからヨーロッパに向かうオリエント急行の車内で殺人事件が発生。
たまたま列車に乗り合わせた名探偵エルキュール・ポアロは捜査を開始するが…。

出演:エイダン・ギレンのその他の作品

キング・アーサー (2017)
監督:ガイ・リッチー
出演:チャーリー・ハナム、ジュード・ロウ、アストリッド・ベルジュ=フリスベ、エイダン・ギレン他
イングランドに伝わる”アーサー王伝説”を基にした作品。
幼くして両親を失い、スラム街で育った青年・アーサー。
数奇な運命により、父の仇のヴォーティガンと対決することになるが…。

出演:マイク・マイヤーズのその他の作品

シュレック (2001)
監督:アンドリュー・アダムソン他  
声の出演:マイク・マイヤーズ、エディ・マーフィ、キャメロン・ディアス他
ウィリアム・スタイグによる絵本『みにくいシュレック』を原作とするアニメーション作品。
見た目は怖い怪物のシュレックは、実は優しい心を持っていた。
そんなシュレックが、ひょんなことからドラゴンのいる城に幽閉された姫を救い出すことになり…。

シュレック2 (2004)
監督:アンドリュー・アダムソン他
声の出演:マイク・マイヤーズ、エディ・マーフィ、キャメロン・ディアス他

まとめ

いかがでしたでしょうか。
映画「ボヘミアン・ラプソディ」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービスを調べてみたところ、U-NEXT、TELASA、music.jpという結果になりました。

なかでもU-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
お試しして1ヵ月以内に解約すれば無料ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

動画配信サービス選びに迷っているなら

タイトルとURLをコピーしました