映画「ブラッドショット」吹き替えフル動画を無料視聴できるサブスクは?声優は?Dailymotionで見れる?

映画「ブラッドショット」吹き替えフル動画 洋画

「ワイルド・スピード」シリーズのヴィン・ディーゼルがヴァリアント・コミックスの人気キャラクターを演じるSFアクション作品。
妻と共に一度は命を奪われながら人体改造によって蘇り、妻の復讐のために戦う男を描く。
エイサ・ゴンサレス、サム・ヒューアン、ガイ・ピアースなどが共演する映画「ブラッドショット」

映画「ブラッドショット」吹き替えフル動画を無料視聴できる動画配信サブスク

映画「ブラッドショット」吹き替えフル動画は、U-NEXT、Lemino、TELASAは見放題なので、無料お試し期間に追加でレンタル料金を支払わなくても何度でも見ることができます。

music.jpは無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で27万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT(吹替版/字幕版)

無料見放題

U-NEXTの詳細はこちら

Lemino(吹替版/字幕版)

無料見放題

Leminoの詳細はこちら

TELASA(吹替版/字幕版)

無料見放題

TELASAの詳細はこちら

music.jp(吹替版/字幕版)

レンタル・ポイント利用で無料

映画「ブラッドショット」吹き替えフル動画を無料視聴するならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る27万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で180誌以上の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して週刊少年ジャンプや人気コミックなど91万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「ブラッドショット」吹き替えフル動画以外にも見放題の音楽ライブの配信やUFC・K-1といった格闘技イベント、そして2023年6月30日に統合したParaviで配信されていた1万エピソード以上のTBSやテレビ東京のドラマ・バラエティ番組といった数多くのコンテンツを無料で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ下部の検索アイコンをタップすると移動する検索ページで「ブラッドショット」と入力して検索すれば、作品の個別ページから映画「ブラッドショット」吹き替えフル動画を見ることができますよ。
吹き替え版/字幕版は再生時に切り替えることができます。

本ページの情報は2024年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

見逃し配信バナー

U-NEXTの詳細はこちら

映画「ブラッドショット」の作品情報・あらすじ

映画「ブラッドショット」は、ヴァリアント・コミックスの人気キャラクター「ブラッドショット」を原作としたアクション映画で、ヴィン・ディーゼルが主演を務めたほか、エイサ・ゴンサレス、サム・ヒューアン、ガイ・ピアースなどが出演しています。

デヴィッド・S・F・ウィルソンの映画監督デビュー作でもあります。

ジャレッド・レトにブラッドショット役のオファーが出ていましたが、交渉は不首尾に終わりました 。
マイケル・シーンがエミール・ハーティング博士役にキャスティングされていましたが、スケジュールが合わずに出演できなくなり、ガイ・ピアースが代役になりました 。

本作の主要撮影は南アフリカ共和国のケープタウンとチェコのプラハで行われました。

本作は2020年2月21日に全米公開される予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で3月13日に延期されました。

本作はヴァリアント・コミックスを原作とする映画5本のうちの最初の作品でしたが、後続作品の製作や公開は現時点では発表されていません。

ブラッドショットの能力は、彼の体中に注入された”ナナイト”という生物工学ロボットによるものです。
ナナイトはレイの血液に混ざっており、彼の身体能力を大幅に向上させています。
具体的には、以下のような能力があります。

  • 再生能力:ナナイトはレイの傷や損傷を素早く修復することができます。たとえ頭を撃たれても、すぐに元通りになります。
  • 強化能力:ナナイトはレイの筋力、スピード、反射神経、スタミナ、感覚、記憶力などを超人的なレベルに高めることができます。
  • 変身能力:ナナイトはレイの外見や声を自在に変えることができます。彼は他人になりすましたり、姿を消したりすることができます。
  • ハッキング能力:ナナイトはレイの脳とコンピューターなどの機器を接続することができます。彼は情報を入手したり、操作したりすることができます。

以上のように、ブラッドショットの能力は非常に強力ですが、それゆえに彼は記憶や精神の面で不安定さを抱えています。
また、ナナイトは血中のタンパク質を消費するため、エネルギー切れになる可能性もあります。

映画「ブラッドショット」は原作とはいくつかの相違点があります。

原作では、レイ・ギャリソンはイラク戦争で命を落とした兵士で、RST社によって蘇生されたのに対し、映画ではイタリアで妻と共に命を奪われた海兵隊員で、ナノテクノロジーによって蘇生されました。

原作では、レイは記憶を失ったままブラッドショットとして活動していたのに対し、映画では記憶を操作されて復讐を繰り返していました。

原作では、レイは他のスーパーソルジャーと協力してRST社と戦ったのに対し、映画では他のスーパーソルジャーと敵対してRST社と戦いました。

原作では、レイは白い肌と赤い目を持つ特徴的な外見をしていたのに対し、映画では普通の肌色と目の普通の外見となっています。

ヴァリアント・コミックスとは、アメリカの出版社で、主にヒーローコミックを出版しています。
マーベル・コミックスやDCコミックスと同じように、自社のレーベル内で世界観を同一にしているアメコミ会社のひとつです。
代表的な作品には、『ブラッドショット』『ニンジャック』『フェイス』などがあります。

ヴァリアント・コミックスは、1990年代にマーベルコミックスで編集長を務めていたジム・シューターが立ち上げました。
当初は任天堂のフランチャイズに基づいたコミックを出版していましたが、その後オリジナルのキャラクターを作り始めました。

1990年代後半に一度倒産しましたが、2005年に復活しています。
現在はValiant Entertainmentとして知られています。

ヴァリアント・コミックスの特徴は、同一の世界観の中でキャラクターが活躍するヴァリアント・ユニバースの存在です。
このユニバースでは、超能力者や忍者、ロボットなどが活躍します。

また、キャラクターはより現実的で複雑な人間性を持っており、マーベルやDCのような正義と悪の対立ではなく、倫理的な問題やグレーゾーンに直面します。

ヴァリアント・コミックスは、映像化も積極的に行っています。
2020年には『ブラッドショット』が映画化されました。
また、『ニンジャック』や『フェイス』なども映画化やドラマ化の計画があります。
これらの作品は、マーベルやDCとは異なるアメコミの魅力を見せてくれます。

映画「ブラッドショット」のあらすじ

アメリカ海兵隊員であったレイ・ギャリソンは、妻ジーナと共に武装集団に誘拐されて命を奪われる。

しかし、レイは科学者チームによってナノテクノロジーで蘇生され、体内を流れる血液が生物工学ロボット「ナナイト」に交換されたことで、人間離れしたパワーと修復力を備え持つ超人となるのだった。

レイは記憶を消された状態でスーパーソルジャーの訓練施設に送られるが、やがて妻の仇であるマーティン・アックスの記憶を取り戻し、復讐のために施設を脱走する。

レイはマーティンの命を奪い妻の復讐を果たすことに成功するが、その直後に意識を失い、再び施設に連れ戻されてしまう。

そこでレイは衝撃的な事実を知る。
実は、レイは科学者チームのリーダーであるエミール・ハーティング博士の陰謀の犠牲者だったのだ。
ハーティング博士はレイの記憶を操作して、自分に都合の悪い人間を次々と始末させていたのだ。

レイは自分の人生が嘘であることに怒り、ハーティング博士とその仲間たちに反旗を翻す。
レイは他のスーパーソルジャーやナナイトを利用した兵器と戦いながら、ハーティング博士の元へと迫る。

果たしてレイは本当の自分を取り戻すことができるのだろうか…?

映画「ブラッドショット」のスタッフ

監督:デヴィッド・S・F・ウィルソン
製作:ニール・H・モリッツ、トビー・ジャッフェ、ディネーシュ・シャムダサーニ、ヴィン・ディーゼル
製作総指揮:ダン・ミンツ、ルイス・G・フリードマン、ユー・ドン、ジェフリー・チャン
脚本:ジェフ・ワドロウ、エリック・ハイセラー
撮影:ジャック・ジューフレ
プロダクションデザイン:トム・ブラウン
衣装デザイン:キンバリー・A・ティルマン
編集:ジム・メイ
音楽:スティーヴ・ジャブロンスキー

映画「ブラッドショット」のキャスト※()内は日本語吹き替え版声優

レイ・ギャリソン/ブラッドショット:ヴィン・ディーゼル(楠大典)
ジミー・ダルトン:サム・ヒューアン(高橋広樹)
KT:エイサ・ゴンサレス(浅野真澄)
エミール・ハーティング:ガイ・ピアース(宮本充)
ウィルフレッド・ウィガンズ:ラモーン・モリス(山本高広)
マーティン・アックス:トビー・ケベル(菊地達弘)
ジーナ・ギャリソン:タルラ・ライリー(川上彩)

映画「ブラッドショット」フル動画をDailymotion、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
YouTube ×

調査した時点では映画「ブラッドショット」フル動画をDailymotion、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

今後アップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいといった状態であることが多いからです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「ブラッドショット」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「ブラッドショット」の関連作品

出演:ヴィン・ディーゼルのその他の作品

ワイルド・スピード (2001)
監督:ロブ・コーエン
出演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ミシェル・ロドリゲス他

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT (2006)
監督:ジャスティン・リン
出演:ルーカス・ブラック、バウ・ワウ、JJ. Sonny Chiba、ヴィン・ディーゼル他

ワイルド・スピード MAX (2009)
監督:ジャスティン・リン
出演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ミシェル・ロドリゲス他

ワイルド・スピード MEGA MAX (2011)
監督:ジャスティン・リン
出演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ジョーダナ・ブリュースター、ドウェイン・ジョンソン他

ワイルド・スピード EURO MISSION (2013)
監督:ジャスティン・リン
出演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲス他

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (2014)
監督:ジェームズ・ガン
出演:クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、デイヴ・バウティスタ、ヴィン・ディーゼル(声の出演)他

ワイルド・スピード SKY MISSION (2015)
監督:ジェームズ・ワン
出演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ドウェイン・ジョンソン他

ワイルド・スピード ICE BREAK (2017)
監督:F・ゲイリー・グレイ
出演:ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、ミシェル・ロドリゲス他

ワイルド・スピード/ジェットブレイク (2020)
監督:ジャスティン・リン
出演:ヴィン・ディーゼル、ミシェル・ロドリゲス、ジョン・シナ他
「ワイルド・スピード」シリーズ9作目となる作品。
静かな暮らしを楽しんでいたドミニクだったが、幼いころに生き別れた実の弟が世界を危機に陥れる悪事に加担していることを知り危険なミッションに復帰するのだった…。

ソー:ラブ&サンダー (2022)
監督:タイカ・ワイティティ
出演:クリス・ヘムズワース、クリスチャン・ベイル、テッサ・トンプソン、ヴィン・ディーゼル(声の出演)他

出演:エイサ・ゴンサレスのその他の作品

ベイビー・ドライバー (2017)
監督:エドガー・ライト
出演:アンセル・エルゴート、ケヴィン・スペイシー、リリー・ジェームズ他

アリータ:バトル・エンジェル (2019)
監督:ロバート・ロドリゲス
出演:ローサ・サラザール、クリストフ・ヴァルツ、ジェニファー・コネリー、エイサ・ゴンサレス他

ワイルド・スピード/スーパーコンボ (2019)
監督:デヴィッド・リーチ
出演:ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、イドリス・エルバ、エイサ・ゴンサレス他

ゴジラvsコング (2021)
監督:アダム・ウィンガード
出演:アレキサンダー・スカルスガルド、ミリー・ボビー・ブラウン、レベッカ・ホール、エイサ・ゴンサレス他
“モンスター・バース”シリーズの第4作となる作品。
地下空洞の道案内のためにコングが南極へと運ばれることになるが、その途中、海中からゴジラが出現し…。

出演:トビー・ケベルのその他の作品

キングコング:髑髏島の巨神 (2017)
監督:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ
出演:トム・ヒドルストン、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・グッドマン、トビー・ケベル他
“モンスター・バース”シリーズ第2作となる作品。
ベトナム戦争終結間近となった1973年。
ヘリコプター部隊の指揮官であるパッカード大佐は、南太平洋にある未知の島の資源調査団を護衛する任務を命じられ…。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
映画「ブラッドショット」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービスを調べてみたところ、U-NEXT、Lemino、TELASA、music.jpという結果になりました。

なかでもU-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
お試しして1ヵ月以内に解約すれば無料ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

見逃し配信バナー

U-NEXTの詳細はこちら

動画配信サービス選びに迷っているなら

タイトルとURLをコピーしました