映画「バイオハザード」吹き替えフル動画を無料お試しレンタル料金不要で見れる動画配信は

映画「バイオハザード」吹き替えフル動画 洋画

大ヒットしたゲームソフトを「ジャンヌ・ダルク」のミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化し大ヒットした映画「バイオハザード」

※本ページはプロモーションが含まれています

映画「バイオハザード」吹き替えフル動画を無料お試しレンタル料金不要で見れる動画配信サービス

映画「バイオハザード」吹き替えフル動画は、U-NEXT、Lemino、Amazonプライムビデオは見放題なので無料お試し期間に追加でレンタル料金を支払わなくても何度でも見ることができます。

music.jpは無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で32万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT(吹替版/字幕版)

見放題/無料お試し期間あり

U-NEXTの詳細はこちら

Lemino(吹替版/字幕版)

見放題/無料お試し期間あり

Leminoの詳細はこちら

Amazonプライムビデオ(吹替版/字幕版)

見放題/無料お試し期間あり

Amazonプライムビデオの詳細はこちら

music.jp(吹替版/字幕版)

レンタル・ポイント利用でレンタル料金不要/無料お試し期間あり

映画「バイオハザード」吹き替えフル動画を無料お試しレンタル料金不要で見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る32万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で190誌以上の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して週刊少年ジャンプや人気コミックなど105万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
15,000冊以上の無料マンガや毎日無料のエピソード50,000話以上が用意されています。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「バイオハザード」吹き替えフルフル動画以外にも見放題の音楽ライブの配信やUFC・K-1といった格闘技イベント、そして2023年6月30日に統合したParaviで配信されていた1万エピソード以上のTBSやテレビ東京のドラマ・バラエティ番組といった数多くのコンテンツを見放題で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ下部の検索アイコンをタップすると移動する検索ページで「バイオハザード」と入力して検索すれば、作品の個別ページから映画「バイオハザード」吹き替えフルフル動画を見ることができますよ。
吹き替え版/字幕版は再生時に切り替えることができます。

本ページの情報は2024年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

U-NEXTの詳細はこちら

映画「バイオハザード」の作品情報、あらすじ、感想

「バイオハザード」はポール・W・Sアンダーソン監督が手掛けた作品で、ポール・W・Sアンダーソンは「バイオハザード」シリーズを通して監督や脚本・プロデューサーまでこなしていることでも知られています。

ポールW・Sアンダーソン監督は1994年に「ショッピング」で監督デビューし、翌年の「モータル・コンバット」で注目を集めて「バイオハザード」に携わることになるのです。

アクション系の映画を得意とする監督で、「三銃士/王妃の首飾りとダヴィンチの飛行船」や「エイリアンVSプレデター」なども手掛けてもいます。

出演俳優陣では、ミラ・ジョヴォヴィッチが「バイオハザード」で一躍脚光を浴びて、出世作といってもいいでしょう。

また、「バイオハザード」をはじめ「ワイルド・スピード」シリーズ・「S.W.A.T.」・「アバター」などにも出演している人気女優であるミシェル・ロドリゲスも出演しています。

男性陣ではそれほど知名度が高くない俳優がキャスティングされていますが、実力派の俳優を選別しているあたり、アンダーソン監督の目の付け所が違う事がわかります。

「バイオハザード」のセールスポイントは、なんといってもアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)の身体能力の高さ、そして、いつゾンビに襲われてしまうのかというドキドキ感でしょう。

それに、アメリカ映画では数あるゾンビ映画でも、ここまでゾンビに固執した作品も珍しく、ある意味、ゾンビ映画=バイオハザードという認識を植え付けた作品ともいえます。
近年、全米で人気になったTVドラマ「ウォーキング・デッド」もこの「バイオハザード」に影響を受けた作品といわれているだけに、アンダーソン監督の功績がかなり評価されてもいいのではないでしょうか。

本作の製作費は約3300万ドルでした。
また、本作の世界興行収入は1億244万ドルという大ヒットとなりました。

ミラ・ジョヴォヴィッチは映画の撮影中に実際に銃の訓練を受けました。
また、ほぼすべてのアクションシーンを自ら演じています。

本作のオープニングシーンに使用された実写ムービーは、技術的な制約からCGではなく実写で撮影されました。
本作の製作費は通常のハリウッド大作よりも低いもので、旧東ドイツの地下鉄駅の内部をアンブレラ社研究施設として使用したりして、コストを抑える工夫がされていました。
ゾンビ役のエキストラは撮影スタッフやその身内など、無償で参加した人々でした。

ゲームに登場するアイテムやモンスターが、本作の中で忠実に再現されています。
本作のラストシーンはゲームのエンディングとは異なっています。

映画の中で印象的なシーンのひとつであるゾンビ犬の登場シーンの撮影は大変だったそうです。
特殊メイク班は、犬たちにメイクを施すのに苦労しました。
犬たちは厚さ2インチの砂糖でできた窓を突き破るシーンの練習を、1インチの窓で行っていました。
しかし、本番では2インチの窓に変更されたため、犬たちは戸惑ってうまく飛び越えられなかったそうです。

映画「バイオハザード」のロケ地については、トロント大学とボストンで撮影が行われたとの情報があります。
これらの場所は映画の中で、アンブレラ社の秘密研究施設やラクーンシティなどの舞台として使用されました。

映画「バイオハザード」のあらすじ

アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、とある洋館で記憶がない状態で目を覚まします。
鏡の中のアリスを連想させるかのような映画の始まり方が今後の展開への期待を高めます。

この記憶がない状態でアリスは洋館の中をさまよいますが、突如武装した特殊部隊の強襲を受けて捕えられてしまいます。

この洋館の下には、医薬品メーカーのアンブレラ社の裏の顔の軍事産業の研究施設である、「ハイブ」が作られていたのです。

アリスとアリスの夫のマットは、アンブレラ社の特殊部隊の強襲を受けて捕えられてしまい、「ハイブ」と繋がる列車に同乗させられることになります。

「ハイブ」では、すでに何者かによって、細菌兵器であるT-ウィルスが施設内でばらまかれたことで、施設にいた500人もの人々が死に追いやられてしまったのです。

その原因はAIのレッドクイーンの暴走だと上層部は判断をして、特殊部隊と「ハイブ」の通路の監視役を担っていたアリスとマットを使って、レッドクイーンのシャットダウンを図る計画が実行されたのでした。

地下に向かう列車の中でスペンサーと名乗る男性が登場し、アリスと同じくアンブレラ社の特殊工作員という事が明かされるのです。

隊員たちが「ハイブ」の中に侵入すると、T-ウイルスによって感染させられレッドクイーンによって感染拡大を防ぐために殺された人々が、ゾンビと化してアリス達に襲い掛かってきます。

ゾンビたちとの戦いの中で、特殊部隊のレイン(ミシェル・ロドリゲス)がゾンビに噛まれてしまうのです。

ゾンビたちとの戦いの中で、特殊部隊の隊員が1人また1人と次々にやられていく中、レッドクイーンにたどり着くアリス達ですが、そこにはレッドクイーンの最終防御策が講じられており、近づくものは防御策によって命を落としていってしまいます。

果たしてアリス達はレッドクイーンのシャットダウンを行い、更にはゾンビが多数いる中、脱出ができるのでしょうか?
また、ゾンビに噛まれてしまったレインはどうなってしまうのでしょうか?

映画「バイオハザード」の感想

公開されたのが2002年ですが20年近く前の映画には、はっきり言って見えないです。

ミラ・ジョヴォヴィッチの美しさに加えて、戦闘では、ド迫力なシーンを作り上げられています。
CG加工ではなくワイヤーアクションを駆使しているはずですが、それすらも微塵に感じられないほど完成度が高い作品です。

ミラ・ジョヴォヴィッチは「ジャンヌ・ダルク」や「フィフス・エレメント」などで主役や準主役を務めていますが、ここまで、ミラ・ジョヴォヴィッチの魅力を引き出せた作品はそれまでありませんでした。

また、「バイオハザード」自体の演出もかなり凝っており、ストーリーも単純ではなく、アリスを取り巻く複雑に入り混じったアンブレラ社の思惑も垣間見れます。

「バイオハザード」は、ただのパニック・アクションではなく、その裏側に流れるストーリー展開が次回作に続いていきます。

シリーズ化された映画は、徐々に魅力が失われていくことが多いものですが、この「バイオハザード」は、シリーズのどの作品も楽しめる作品に仕上がっています。
とはいえ、このシリーズの第1弾から見ることで、バイオハザードの全体像がより深く理解できるのではないでしょうか。

映画「バイオハザード」のスタッフ

監督:ポール・W・S・アンダーソン
製作:ポール・W・S・アンダーソン、ジェレミー・ボルト、ベルント・アイヒンガー、サミュエル・ハディダ
製作総指揮:ヴィクター・ハディダ、ダニエル・クレツキー、ロバート・クルツァー、岡本吉起
脚本:ポール・W・S・アンダーソン
撮影:デヴィッド・ジョンソン
編集:アレクサンダー・バーナー
音楽:マリリン・マンソン、マルコ・ベルトラミ

映画「バイオハザード」のキャスト※()内は日本語吹替版キャスト

アリス:ミラ・ジョヴォヴィッチ(本田貴子)
レイン:ミシェル・ロドリゲス(朴路美)
マット:エリック・メビウス(宮本充)
スペンス:ジェームズ・ピュアフォイ(江原正士)
カプラン:マーティン・クルーズ(咲野俊介)
ワン:コリン・サーモン(大友龍三郎)
JD:パスクァーレ・アレアルディ(大川透)
リサ:ハイケ・マカッシュ(山川亜弥)
レッド・クイーン(モデル):ミカエラ・ディッカー(かないみか)
ウィリアム・バーキン博士/ナレーター:ジェイソン・アイザックス(有本欽隆)

映画「バイオハザード」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
pandora ×
YouTube ×

調査した時点では映画「バイオハザード」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

今後アップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいなどの理由からです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「バイオハザード」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「バイオハザード」の関連作品

バイオハザード II アポカリプス (2004)
監督:アレクサンダー・ウィット
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、シエンナ・ギロリー、ジャレッド・ハリス他

バイオハザード III (2007)
監督:ラッセル・マルケイ
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、オデッド・フェール、アリ・ラーター他

バイオハザード IV アフターライフ (2010)
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、キム・コーツ他

バイオハザードV:リトリビューション (2012)
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ミシェル・ロドリゲス、シエンナ・ギロリー他

バイオハザード:ザ・ファイナル (2016)
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、ショーン・ロバーツ他

バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ (2021)
監督:ヨハネス・ロバーツ
出演:カヤ・スコデラーリオ、ハナ・ジョン=カーメン、ロビー・アメル他
ゲーム「バイオハザード」第1作、第2作を基にした作品。
クレア・レッドフィールドはアンブレラ社の行っている恐るべき実験のことを警官である兄・クリスに伝えるため、故郷であるラクーンシティに戻ってくるが…。

監督:ポール・W・S・アンダーソンのその他の作品

デス・レース (2008)
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ジェイソン・ステイサム、ジョーン・アレン、イアン・マクシェーン他

映画 モンスターハンター (2020)
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、トニー・ジャー、ティップ・“T.I.”・ハリス他
カプコンのゲーム「モンスターハンター」を原作とする作品。
アルテミスが率いる米陸軍特殊部隊は、行方不明となった友軍部隊を捜索中に異世界に迷い込み…。

出演:ミラ・ジョヴォヴィッチのその他の作品

フィフス・エレメント(1997)
監督:リュック・ベッソン
出演:ブルース・ウィリス、ゲイリー・オールドマン、ミラ・ジョヴォヴィッチ他
1914年にエジプトのピラミッドの内部から世界を救う5つ目のフィフス・エレメントが他の4つの石とともにモンドシャワン人に持ち去られます。
2263年にエレメントを巡って事態は動き始めます。
そこにからんでくるのが主人公役のブルース・ウィリスとリールー役のミラ・ジョヴォヴィッチ。
フィフス・エレメントはいったい誰が持っているのか?
そして、悪の反生命体を撃退できるのか!?

ジャンヌ・ダルク(1999)
監督:リュック・ベッソン
出演:ミラジョボビッチ、ジョン・マルコヴィッチ、フェイ・ダナウェイ、ダスティン・ホフマン他
100年戦争下のフランスが舞台となっており、ジャンヌが住んでいた村がイングランド軍に襲われ、ジャンヌは目の前で姉をイングランド軍に殺害されてしまいます。
心を打ち砕かれたジャンヌに、神父は神がいつの日かお前を頼りにする日が来ると諭します。
そんなある日、フランス王家の元にジャンヌからの手紙が届きます。
ジャンヌ・ダルクをひとりの女性とした視点で描かれており、さらに綿密な時代考証によって当時の状態に忠実に描かれた作品です。
娯楽性の評価も高いですが、ひとりの少女としてのジャンヌ・ダルクの生涯を知るのもいいかもしれません。

ウルトラヴァイオレット (2006)
監督:カート・ウィマー
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、キャメロン・ブライト、ニック・チンランド他

出演:ミシェル・ロドリゲスのその他の作品

ワイルド・スピード (2001)
監督:ロブ・コーエン
出演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ミシェル・ロドリゲス他

ワイルド・スピード MAX (2009)
監督:ジャスティン・リン
出演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ミシェル・ロドリゲス他

アバター(2009)
監督:ジェームズ・キャメロン
出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガニー・ウィーバー、ミシェル・ロドリゲス他

ワイルド・スピード EURO MISSION (2013)
監督:ジャスティン・リン
出演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲス他

ワイルド・スピード SKY MISSION (2015)
監督:ジェームズ・ワン
出演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲス他

ワイルド・スピード ICE BREAK (2017)
監督:F・ゲイリー・グレイ
出演:ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、ミシェル・ロドリゲス他
「ワイルド・スピード」シリーズ第8作。
謎の女サイバーテロリストであるサイファーに脅迫されたドミニクがファミリーを裏切る。
ドミニクを救うため、ファミリーは宿敵デッカード・ショウに助けを求め…。

ワイルド・スピード/ジェットブレイク (2020)
監督:ジャスティン・リン
出演:ヴィン・ディーゼル、ミシェル・ロドリゲス、ジョン・シナ、ジェイソン・ステイサム他

ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り (2023)
監督:ジョナサン・ゴールドスタイン、ジョン・フランシス・デイリー
出演:クリス・パイン、ミシェル・ロドリゲス、レゲ=ジャン・ペイジ、ヒュー・グラント他

ワイルド・スピード/ファイヤーブースト (2023)
監督:ルイ・ルテリエ
出演:ヴィン・ディーゼル、ジェイソン・モモア、ミシェル・ロドリゲス、ヘレン・ミレン、ドウェイン・ジョンソン他

まとめ

いかがでしたでしょうか。
映画「バイオハザード」吹き替えフル動画を無料お試しレンタル料金不要で見れる動画配信サービスを調べてみたところ、U-NEXT、Lemino、Amazonプライムビデオ、music.jpという結果になりました。

なかでもU-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
お試しして1ヵ月以内に解約すれば無料ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

U-NEXTの詳細はこちら

動画配信サービス選びに迷っているなら

タイトルとURLをコピーしました