映画「トゥルーマン・ショー」吹き替えフル動画は無料で見れる?声優は?

映画「トゥルーマン・ショー」吹き替えフル動画 洋画

自分が生きている世界がすべて誰かによって作られたものだったら?という古くからあるSF的なテーマを見事に映画化した作品。
主演のジム・キャリーの熱演もあって、現在でも新鮮な驚きと感動を感じられる名作映画「トゥルーマン・ショー」

映画「トゥルーマン・ショー」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービス

映画「トゥルーマン・ショー」吹き替えフル動画は、U-NEXT、Hulu、TELASAは見放題なので、無料お試し期間に追加でレンタル料金を支払わなくても何度でも見ることができます。

music.jpは無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で21万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT(吹替版/字幕版)

U-NEXTの詳細はこちら

Hulu(吹替版/字幕版)

Huluの詳細はこちら

TELASA(吹替版/字幕版)

TELASAの詳細はこちら

music.jp(吹替版/字幕版)

映画「トゥルーマン・ショー」吹き替えフル動画を無料で見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る21万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で70誌以上の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して人気コミックなど32万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「トゥルーマン・ショー」吹き替えフル動画以外にも数多くのコンテンツを無料で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ上部の検索窓に「トゥルーマン・ショー」と入力して検索すれば、作品の個別ページから「トゥルーマン・ショー」を見ることができますよ。
吹き替え版/字幕版は再生時に切り替えることができます。

本ページの情報は2021年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

映画「トゥルーマン・ショー」の作品情報・あらすじ・感想

1998年アメリカ公開。上映時間103分。監督、ピーター・ウィアー。脚本、アンドリュー・ニコル。
主演のジム・キャリーがゴールデングローブ賞の男優賞を、エド・ハリスが助演男優賞を受賞した。

人生の全てが自分の知らないところで、リアリティショーとして全世界に生放送されていたら?
そんなありえないことが起こったトゥルーマンという男の姿を描く寓話的なコメディ作品です。

当時人気絶頂のジム・キャリーが多くの賞を受賞し、彼にとっても俳優人生の転機になる人気作品です。

TV番組の「トゥルーマン・ショー」のディレクター、クリストフをエド・ハリスが演じます。
クリストフこそが、トゥルーマンの偽りの人生を演出してき人物で、いわばトゥルーマンを生んだ父親のような存在です。

いつどのようにして、トゥルーマンが虚構の世界に気づくのかがポイントになってきます。
一度見終わって、この映画の仕組みがわかったところで、もう一度見返してみると、様々なところであらゆる人がこっそりとCMをしているのが確認できるので、何度見ても楽しい、そして考えさせられる作品です。

映画「トゥルーマン・ショー」のあらすじ

離島の保険会社に勤めるトゥルーマン・バーバンク(ジム・キャリー)は、水難事故で父を亡くした恐怖から水恐怖症になり、一度も島から出たことがない明るい青年だ。

ある日、彼は雑踏で亡くなったはずの父に出会う。
母に話しても取り合ってもらえず、そこから彼の日常が変わり出す。

実は、彼は生まれた時から人生の全てを24時間撮影されており、その姿は『トゥルーマン・ショー』というタイトルのTVのリアリティショーとして全世界に放送され続けていたのだ。

彼の住む世界は、巨大なドームのセットで、天候も機械仕掛けの演出だった。
トゥルーマン以外周りの人はみんな俳優で、日常的にさりげなく商品宣伝をしていた。

作られた妻との生活の中で、学生時代に惹かれていたローレン(ナターシャ・マケルホーン)のことを思い出すトゥルーマン。

彼女は、虚構の世界に住む彼を救うため、真実を伝えようとする。
しかし、「島を出て、私を探して」という言葉を残して、それ以来会えなくなってしまっていた。

そんな中、番組のミスのせいで世界の異常に気付き出したトゥルーマンは、真実を知るために動き出す。
島から出ようと試みるが、不可解な理由やトラブルが起こりどうしても島から出られない。
落ち込む彼を慰めようとする妻は、不自然な宣伝を入れてしまい、彼に詰め寄られる。

そこへ、友人が現れセリフ通りに、実は生きていたという父と彼を再会させる。
感動の再会に世界中の視聴者は涙する。
番組スタッフも安堵する。

しかし、トゥルーマンはこそっりと夜のうちに島を脱出すべくヨットで海に出ていた。
番組は、嵐を発生させて引き返すように仕向けるが、彼の意思は変わらない。

やがて、ヨットは書割の空にぶつかった。
世界の端にたどり着いたトゥルーマンは説得に耳を貸さず、いつものセリフを吐くと笑顔で扉を開けて、セットの外の世界に飛び出していく…。

映画「トゥルーマン・ショー」の感想

実際にはあり得ない設定なのですが、観ているうちにいろんなことを考えてしまう作品になっています。

いかにもいい人の好青年を、ハマり役のジムが演じることですんなりと物語の世界に入り込むことができます。
そして、トゥルーマンの味方目線で、ストーリーを追うようになります。

もし自分の人生が誰かによって作られたものだと知ったら?
それを世界中の人が知っていて、自分だけが知らなかったのだとしたら?
実際にそんなことを考えたことがある人もいるかもしれません。

また、自分の周りの世界をそのまま受け入れていいのか?
何を信じればいいのか?
真実は何なのか?
ということを考える機会にもなる作品です。

世界の真実に気づいたトゥルーマンが、めげることなく外の世界に出ていこうとする勇気は見習うものがあります。

父親を海で亡くしたトゥルーマンは、水恐怖症になってしまいます。
しかし、虚構の世界から脱出するためには、陸の孤島である今の街を出るしかありません。

トゥルーマンを止めるために、クリストフは演出で嵐を巻き起こして行手を阻みます。
トゥルーマンが生まれた時から、番組を見続けてきた視聴者はトゥルーマンがどれほどの決意で、海に出たのかがわかるので、応援せざるを得ません。

見事、彼が水恐怖症を克服して外の世界へ出ていくと視聴者は歓喜するのです。
しかし、30年も視聴し続けてきたトゥルーマン・ショーが終わると、視聴者はすぐに次の番組を探し始めます。

これは、リアルな人間の人生が変わるという一大イベントを持ってしても、エンターテインメントとして消費されていくという怖さが表されています。

世間とは大概そんなものだと暗示していて、その時は夢中になっていても、新しいものが出て来ればすぐにそちらに飛びつき、瞬間の刺激だけを求めていて、その後のことは特に何も考えていない、ということだと思います。

この作品は、そんな世間の意見に振り回される必要はない、一瞬の刺激を消費するだけの人生を送ってはいけない、観ているだけの傍観者になっていてはいけない、ということを訴える深いメッセージがあると思いました。

映画「トゥルーマン・ショー」のスタッフ

監督:ピーター・ウィアー
製作:スコット・ルーディン、アンドリュー・ニコル、エドワード・S・フェルドマン、アダム・シュローダー
製作総指揮:リン・プレシェット
脚本:アンドリュー・ニコル
撮影:ピーター・ビジウ
美術:デニス・ガスナー
編集:ウィリアム・アンダーソン、リー・スミス
音楽:ブルクハルト・ダルウィッツ、フィリップ・グラス

映画「トゥルーマン・ショー」のキャスト※()内は日本語吹き替え版キャスト

トゥルーマン・バーバンク:ジム・キャリー(堀内賢雄)
クリストフ:エド・ハリス(納谷六朗)
メリル:ローラ・リニー(佐々木優子)
マーロン:ノア・エメリッヒ(中田和宏)
ローレン/シルヴィア:ナターシャ・マケルホーン(渡辺美佐)
トゥルーマンの母:ホーランド・テイラー(定岡小百合)
カーク・バーバンク:ブライアン・ディレイト(稲葉実)
過去のトゥルーマン:ブレア・スレイター
ローレンス:ピーター・クラウス(古田信幸)
ヴィヴィアン:ハイジ・シャンツ
ロン:ロン・テイラー
ドン:ドン・テイラー
ディレクター:ポール・ジアマッティ(大川透)
ディレクター:アダム・トメイ
マイク・マイケルソン:ハリー・シェアラー(田原アルノ)
クロエ:ウナ・デーモン(榎本智恵子)
ネットワーク・エグゼクティヴ:フィリップ・ベイカー・ホール(長島雄一)
キーボード・アーティスト:フィリップ・グラス
ネットワーク・エグゼクティヴ:ジョン・プレシェット
日本人視聴者:ユージ・オクモト

映画「トゥルーマン・ショー」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
pandora ×
YouTube ×

調査した時点では映画「トゥルーマン・ショー」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

今後アップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいといった状態であることが多いからです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「トゥルーマン・ショー」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「トゥルーマン・ショー」の関連作品

監督:ピーター・ウィアーのその他の作品

いまを生きる (1989)
監督:ピーター・ウィアー
出演:ロビン・ウィリアムズ、イーサン・ホーク、ロバート・ショーン・レナード他
ロビン・ウィリアムズ主演で、全寮制の学校の英語教師と学生たちが「生きること」について詩のクラブを通して心を通わしていく物語。
英国アカデミー賞受賞

出演:ジム・キャリーのその他の作品

マスク (1994)
監督:チャールズ・ラッセル
出演:ジム・キャリー、キャメロン・ディアス、ピーター・リーガート他
冴えない男が偶然に不思議な緑色の木の仮面を手に入れたことから、物語は始まる。
緑のマスクをつけると超人的な力が宿り、不死身の体になってしまう。
目玉や心臓が飛び出したり、漫画のようなオーバーアクションが実写で表現され、SFXが駆使された作品は当時、大いに評判になりました。

ソニック・ザ・ムービー (2020)
監督:ジェフ・フォウラー
出演:ジェームズ・マースデン、ティカ・サンプター、ジム・キャリー他

出演:エド・ハリスのその他の作品

ゼロ・グラビティ (2013)
監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー、エド・ハリス(声の出演)
予期せぬ事故により、スペースシャトルから宇宙空間に放り出されてしまったふたりの宇宙飛行士の必死のサバイバルを描いた作品。

出演:ポール・ジアマッティのその他の作品

カリフォルニア・ダウン (2015)
監督:ブラッド・ペイトン
出演:ドウェイン・ジョンソン、カーラ・グギーノ、アレクサンドラ・ダダリオ、ポール・ジアマッティ他
カリフォルニア州でかつてない規模の巨大地震が発生。
LAで救難ヘリのパイロットとして働くレイ・ゲインズは、妻と娘を助けようとするが…。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
映画「トゥルーマン・ショー」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービスを調べてみたところ、U-NEXT、Hulu、TELASA、music.jpという結果になりました。

なかでもU-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
お試しして1ヵ月以内に解約すれば無料ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

動画配信サービス選びに迷っているなら

タイトルとURLをコピーしました