映画「テッド・バンディ」吹き替えフル動画は無料で見れる?実話?Dailymotionで見れる?

映画「テッド・バンディ」吹き替えフル動画 洋画

1970年代、アメリカで30人以上の女性の命を奪ったといわれる人物、テッド・バンディの姿を実話を基に描いた作品。
製作総指揮も務めた「ハイスクール・ミュージカル」のザック・エフロンが稀代の凶悪犯であるテッド・バンディを演じた映画「テッド・バンディ」

映画「テッド・バンディ」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービス

映画「テッド・バンディ」吹き替えフル動画は、U-NEXT、Hulu、Amazonプライムビデオは見放題なので、無料お試し期間に追加でレンタル料金を支払わなくても何度でも見ることができます。

music.jpは無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で22万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT(吹替版/字幕版)

U-NEXTの詳細はこちら

Hulu(吹替版/字幕版)

Huluの詳細はこちら

Amazonプライムビデオ(吹替版/字幕版)

Amazonプライムビデオの詳細はこちら

music.jp(吹替版/字幕版)

映画「テッド・バンディ」吹き替えフル動画を無料で見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る22万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で140誌以上の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して人気コミックなど32万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「テッド・バンディ」吹き替えフル動画以外にも数多くのコンテンツを無料で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ下部の検索アイコンをタップすると移動する検索ページで「テッド・バンディ」と入力して検索すれば、作品の個別ページから「テッド・バンディ」を見ることができますよ。
吹き替え版/字幕版は再生時に切り替えることができます。

本ページの情報は2021年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

映画「テッド・バンディ」の作品情報・あらすじ・感想

2019年公開。上映時間109分。R15+。クライムドラマ。

70年代のアメリカで、30人以上の女性が惨殺された犯罪は、当時世界を震撼させた。

IQ160の頭脳と端正な顔立ちで、司法とメディアを翻弄した稀代の連続殺人鬼テッド・バンディの実話を、「ハイスクール・ミュージカル」「セブンティーン・アゲイン」「グレイテス・ショーマン」のザック・エフロンが演じた。

Netflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ「殺人鬼との対談 テッド・バンディの場合」を監督したジョー・バリンジャーが、引き続いてテッド・バンディをテーマにした本作の監督も担当している。

世界で初めてシリアル・キラーと呼ばれた男、テッド・バンディ。
世界を震撼させたシリアル・キラーの心に迫る本作は、実話である事件の残酷な描写よりも、バンディの人間性に焦点を当てて進められていく。

バンディの最も近くに長年いながら、命を奪われることはなかった恋人からの視点を通して見えるバンディの姿は、観客が予想し求めていたものを超えていく。
彼が最後に告白した、裁判記録に残されていない真相を受け止めることができるだろうか?

これまでの“爽やかな好青年“というイメージを壊してまで、不気味なシリアル・キラーを怪演したザック・エフロンの本気が見える作品。

映画「テッド・バンディ」のあらすじ

1969年にワシントン州シアトルでセオドア・バンディ(ザック・エフロン)通称テッドとシングルマザーのエリザベス・ケンドール(リリー・コリンズ)通称リズは、バーで出会う。

恋に落ちたふたりは、リズの2歳になる娘モリーと3人で絵に描いたような幸せに浸って暮らしていた。

1974年にキング郡で若い女性が襲われる連続殺人事件が起こった。
現場付近では、“ビートル“という車種の車が目撃されており、怪しい男の似顔絵も公開された。

1975年にテッドは、誘拐未遂事件の容疑をかけられ、あっという間に加重誘拐と暴行未遂で起訴されてしまう。
テッドが“ビートル“に乗っており、公開された似顔絵に似ていたというのが、逮捕の決め手だった。

突然の事態に混乱するリズに、「誰かにハメられた」と訴えるテッドは裁判で無罪を主張する。
テッドは裁判の勉強を始め、面会に来たリズに釈放されたら結婚しようと約束する。

テッドとの幸せな日々を信じるリズと、無実を訴えて戦い続けるテッド。

やがて数々の事件の実態が白日の下にさらされ、テッドは追い詰められていく。
しかし、裁判でどんなに不利になろうとも、余裕の姿で雄弁に自己弁護するテッド。

本当にテッドが犯人なのか?
事件の真相はなんなのか。
衝撃はラストに待っている。

映画「テッド・バンディ」の感想

シリアル・キラーの映画と聞くと、壮絶な殺人シーンを思い浮かべるところだが、この作品は殺人ではなくバンディ自身にスポットを当てて描いていくので、これといった殺人シーンの描写はない。
バイオレンスを求めてこの映画を鑑賞すると、肩透かしをくらう。

実際に起きた事件を表面的に追うのではなく、バンディがバンディたるゆえんを紐解いていく内容。
裁判ものと言っていいほど裁判シーンが多いのだが、殺人シーンがないにも関わらず、笑顔のバンディの内面を見ているほうが恐ろしいという、心がざわつく恐怖を感じた。

実際に起きた凄惨な事件を元にしており、映像的にもっとインパクトのある作品にもできるところを、あえて犯行内容の詳細を使わずにバンディとバンディを取り巻く女性の目線でストーリーを展開させたところに、この作品の本質が見えた。

愛する人は本当に殺人犯なのか?というリズの思いに、結果を知った上で観ているにもかかわらず、気がつくと同調していることに驚く。
全編が彼女よりの目線で進んでいくので、テッドは冤罪なのでは?とテッドの魅力に度々負けそうなるのだ。

また、テッドを演じたザックの今までのイメージも加わり、これが実際の事件だと知らなければ、本当にテッドの冤罪説に傾いてしまっただろう。

どんな事実も見る角度を変えれば、全く別の感情が現れることを知った、自分の信じる信念をも揺るがす作品だった。

映画「テッド・バンディ」のスタッフ

監督:ジョー・バーリンジャー
製作:マイケル・コスティガン、ニコラス・シャルティエ、ジョー・バーリンジャー、アラ・ケシシアン、マイケル・シムキン
製作総指揮:ザック・エフロン、マイケル・ワーウィー、ジョナサン・デクター、ジェイソン・バレット
原作:エリザベス・クレプファー
脚本:マイケル・ワーウィー
プロダクションデザイン:ブランドン・トナー=コノリー
衣装デザイン:メーガン・スターク・エヴァンズ
編集:ジョシュ・シェファー
音楽:マルコ・ベルトラミ、デニス・スミス
音楽監修:ロビン・アーダング

映画「テッド・バンディ」のキャスト※()内は日本語吹き替え版キャスト

テッド・バンディ:ザック・エフロン(森田成一)
エリザベス(リズ):リリー・コリンズ(清水理沙)
キャロル・アン・ブーン:カヤ・スコデラーリオ(和優希)
ジョン・オコンネル弁護士:ジェフリー・ドノヴァン(裕樹)
ジョアンナ:アンジェラ・サラフィアン(大平あひる)
デヴィッド・ヨーコム検事:ディラン・ベイカー
ダン・ダウド弁護士:ブライアン・ジェラティ
ラリー・シンプソン検事:ジム・パーソンズ
エドワード・コワート判事:ジョン・マルコヴィッチ(金尾哲夫)

映画「テッド・バンディ」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
pandora ×
YouTube ×

調査した時点では映画「テッド・バンディ」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

今後アップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいといった状態であることが多いからです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「テッド・バンディ」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「テッド・バンディ」の関連作品

監督:ジョー・バーリンジャーのその他の作品

ブレアウィッチ2 (2000)
監督:ジョー・バーリンジャー
出演:ジェフリー・ドノヴァン、エリカ・リーセン、トリステン・スカイラー他
上映時間91分。ホラー。
低予算ながらも世界中でメガヒットを飛ばし、一躍ブームになったホラー映画「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の続編。
2000年のゴールデン・ラズベリー賞の作品・監督・脚本賞受賞。

殺人鬼との対談:テッド・バンディの場合 (2019)
監督:ジョー・バーリンジャー
上映時間53分。TVドキュメンタリー。
死刑囚監房での録音テープと事件当時の記録映像、関係者へのインタビューを交えて、世界に名を残すシリアル・キラーのテッド・バンディの素顔に迫る。
Netflix作品。

出演:ザック・エフロンのその他の作品

ベイウォッチ (2017)
監督:セス・ゴードン
出演:ドウェイン・ジョンソン、ザック・エフロン、アレクサンドラ・ダダリオ他
人気TVシリーズのリメイク作品。
マイアミのビーチの安全を守るライフガードのチーム”ベイウォッチ”。
新メンバーとして水泳金メダリストのマットが加わることになるが、リーダーのミッチはマットの参加を快く思わず…。

出演:リリー・コリンズのその他の作品

白雪姫と鏡の女王 (2012)
監督:ターセム・シン・ダンドワール
出演:ジュリア・ロバーツ、リリー・コリンズ、アーミー・ハマー他
グリム童話『白雪姫』を原作とする作品。
王である父の亡き後、意地悪な継母によって城から追い出されてしまった白雪姫。
森の7人の小人の助けを得て、継母への逆襲を開始し…。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
映画「テッド・バンディ」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービスを調べてみたところ、U-NEXT、Hulu、Amazonプライムビデオ、music.jpという結果になりました。

なかでもU-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
お試しして1ヵ月以内に解約すれば無料ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

動画配信サービス選びに迷っているなら

タイトルとURLをコピーしました