映画「ソニック・ザ・ムービー」を見た感想(少しネタバレ)

映画「ソニック・ザ・ムービー」吹き替えフル動画 洋画

このページでは映画「ソニック・ザ・ムービー」を見た感想をお伝えしています。
なるべくしないように心がけていますが、もしかするとネタバレしているかもしれませんので、未観賞の方はご注意ください。

「ソニック」という名前を聞いても、今の中高生や大学生といった若者はピンと来ないのかもしれませんが、オッサン世代は「ああ、セガのソニックね」とすぐに思い浮かべることができる超メジャーゲームキャラです。
任天堂の「マリオ」と並ぶほどの存在といっても過言ではありません。

そんな超メジャーゲームキャラを使って、ハリウッドがどんな映画を作ったのか気になったので見てみました。

ソニックの見た目問題について

私は「ソニック」がどのような存在なのかはもちろん知っているのですが、実は「ソニック」のゲームは遊んだことがないのです。
メガドライブは持っていなかったもので。

だから、正直、「ソニック」のキャラ自体には思い入れとかはないのです。
なので、本作の公開前に話題となった「予告編のソニックがソニックじゃない」問題についてはそれほど関心がありませんでした。

それで、本作に登場するソニックを見ても「ああ、ゲームのソニックに近づいた!」なんてことも思わなかったのですが、まあ、そこそこかわいくはなってるな、という印象は受けました。

思うにハリウッドのCG制作スタッフの方は、いわゆる日本的なアニメ・ゲームキャラに特に思い入れなどないのでしょうね。
それで、「実写映画ならリアル寄りにするだろ」と思って作ったら、ゲームファンの総攻撃を受けてしまったという・・・。

一度、前のバージョンで予告編を作っていますから、そこからメインキャラを作り直すのはそれ相応の費用がかかったことと思います。
でもまあ、興行的にはヒットとなったそうなので、結果としてみたらやり直して正解だったといえるのではないでしょうか。

ソニックの高速移動能力の表現は

ゲームの「ソニック」の特徴として、高速移動というものがありました。
そのせいでゲームの難易度としては高めだったようです。
この特徴は映画でちゃんと再現されていました。

面白いと思ったのは、ゲームってプレイヤーの視点だけなのですが、映画ではソニックの視点というか、高速で動くソニックから見たら通常の速度で動くものはこう見えるという映像があるところです。
そこではソニック以外のものが、まるでスローモーションのようにゆっくりと動いています。

これは「X-MEN」の”クイックシルバー”の戦闘シーンと似ているそうですが、私は「X-MEN」を見たことがないので、「仮面ライダーカブト」のクロックアップの時みたいだな、と思いました。

ジム・キャリーのキャスティング

もうひとつ、本作を見て強く印象に残ったことがあるのですが、それはジム・キャリーの存在です。

ジム・キャリーといえば、90年代に一世を風靡した人で、ゲーム「ソニック」の第1作が発売されたのが91年なので、ソニックとジム・キャリーはちょうど同じ頃、世間の注目を集めていたことになります。

ですので、本作のジム・キャリーのキャスティングはソニック世代にとってはまさにドンピシャというか、心憎いものを感じました。

ジム・キャリーといえば、”顔芸”が印象に残っている人も多いかと思います。
本作でもジム・キャリーの”顔芸”は存分に楽しむことができます。
まあ、ちょっと老けたし太ったな、とは思いましたが。

そして、ジム・キャリーといえば山寺宏一さんの吹き替えですよね。
もしこだわりがなければ、本作は吹き替えで見た方がより楽しめると思います。

本作でジム・キャリーが演じているのは、「ドクター ロボトニック」という役です。
「ソニック」のゲームをプレイしたことのない私ですが、「敵ボスの名前は違っていたような」と思いましたし、ゲームのキャラはスキンヘッドだったような記憶があります。

でも、この部分は映画ではうまく処理しているな、と感じました。
それほど思い入れのない私でさえそう思ったのですから、ゲーム「ソニック」のファンなら感動してしまうかもしれませんね。

まとめ

ソニックというキャラの見た目から、子供向けの内容なんだろうな、と見る前は思っていました。

もちろん、子供が見ても十分楽しめる内容なのですが、実際は「ソニック」のゲームを遊んだことがある、あるいは、ソニックが人気だった時代に青春を過ごした大人、というかオッサン向けの映画のようにも感じました。

そういえば、映画の序盤、洞窟に隠れ住むソニックが感じる孤独は職場や家庭でオッサンが感じる孤独に通じるようにも思えます。

また、本作の観客へのメッセージと思われるソニックの「身近な人を守ることはすばらしいことじゃないか」というセリフは、日常生活の不満であったりリセット願望を持っていたりするオッサンに向けたもののようにも感じます。

まあ、深読みし過ぎなんでしょうが。

小さなお子さんのいる方なら、親子で見てもいいかもしれませんね。

映画「ソニック・ザ・ムービー」のトリビア、口コミ、あらすじはこちら

映画「ソニック・ザ・ムービー」を見ることができる動画配信サービス

U-NEXT(吹替版/字幕版)

U-NEXTの詳細はこちら

dTV(吹替版/字幕版)

dTVの詳細はこちら

TELASA(吹替版/字幕版)

TELASAの詳細はこちら

Amazonプライムビデオ(吹替版/字幕版)

Amazonプライムビデオの詳細はこちら

music.jp(吹替版/字幕版)

タイトルとURLをコピーしました