映画「グランパ・ウォーズ」吹き替えフル動画は無料で見れる?声優は?Dailymotionで見れる?

映画「グランパ・ウォーズ」吹き替えフル動画 洋画

名優ロバート・デ・ニーロが孫たちと同居することになった祖父を演じるコメディ作品。
祖父のために自分の部屋を明け渡すことになった孫と祖父が過激なイタズラ合戦を繰り広げる映画「グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告」

映画「グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービス

映画「グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告」吹き替えフル動画は、Amazonプライムビデオは見放題なので、無料お試し期間に追加でレンタル料金を支払わなくても何度でも見ることができます。

U-NEXT、TELASA、music.jpなら無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で22万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

Amazonプライムビデオ(吹替版/字幕版)

Amazonプライムビデオの詳細はこちら

U-NEXT(吹替版/字幕版)

U-NEXTの詳細はこちら

TELASA(吹替版/字幕版)

TELASAの詳細はこちら

music.jp(吹替版/字幕版)

映画「グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告」吹き替えフル動画を無料で見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る22万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で150誌以上の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して人気コミックなど70万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告」吹き替えフル動画以外にも数多くのコンテンツを無料で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ下部の検索アイコンをタップすると移動する検索ページで「グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告」と入力して検索すれば、作品の個別ページから映画「グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告」を見ることができますよ。
吹き替え版/字幕版は再生時に切り替えることができます。

本ページの情報は2022年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

映画「グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告」の作品情報・あらすじ・感想

映画「グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告」は、ロバート・キンメル・スミスによって執筆され、数々の文学賞を受賞した児童文学「ぼくはおじいちゃんと戦争した」を原作とする作品です。

アメリカでは2020年10月に、日本では2021年4月に劇場公開されています。
監督は「イースターラビットのキャンディ工場」のジョナ・ヒルが担当しました。

出演は主演・助演男優賞と二度アカデミー賞を制した名優ロバート・デ・ニーロ。
そのほかロバート・デ・ニーロ演じる主人公・エドの孫・ピーターに「ピートと秘密の友達」のオークス・フェグリー、エドの娘・サリー役に「キル・ビル」のユマ・サーマン、サリーの夫・アーサーに「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」のロブ・リグルなどが出演しています。

そのほかエドの友人・ジェリー役として、ロバート・デ・ニーロとは1978年の「ディア・ハンター」以来の共演となるクリストファー・ウォーケンが出演して話題となりました。

ちなみにユマ・サーマンも1993年の「恋に落ちたら…」でロバート・デ・ニーロと共演しており、その際は恋人役でした。

本作はアメリカでは2020年の劇場公開時の週末興行ランキングで「TENET テネット」を抑え、初登場1位となっています。

本作では原作からエドとピーター以外の新たなキャラを追加して、よりドラマティックな展開にしています。
本作の大部分の撮影はジョージア州アトランタで行われました。

本作にはロバート・デ・ニーロの過去の出演作である「アイリッシュマン」「アンタッチャブル」のパロディがあるという指摘もあります。
また、エドと友人・ジェリー、ダニーとの3人関係は「ディア・ハンター」での幼なじみ3人の関係を思わせる、という感想もありました。

エンドロールに挿入されているロバート・デ・ニーロほか出演者のNGシーンも見所のひとつです。

映画「グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告」のあらすじ

中学に進学したピーターは、母・サリー、父・アーサー、姉のミア、妹のジェニファーという5人家族。

ピーターは中学で、早速上級生に嫌がらせを受けたりするが、それよりも大きな彼の悩みは母親の父、つまり祖父であるエドが一緒に暮らすことになり、自分の部屋を明け渡さなければならないということだった。

妻に先立たれひとり暮らしをしていたエドは、ある日、買い物に行ったスーパーでセルフレジの使い方がわからず、警備員とトラブルになる。

警察が出動する騒ぎとなってしまい、父が二度とトラブルを起こさないようにサリーは自分と同居させることを決断。
渋るエドを説得したのだった。

家にある空き部屋は屋根裏部屋のみで、高齢のエドを屋根裏部屋で生活させるわけにはいかない、とピーターを屋根裏部屋に移すことになった。

やがて家にエドが引っ越してくる。
まだ幼いジェニファーは大喜びだが、ミアは無関心、ピーターはふてくされる。

同居に気が進まなかったエドも居心地の悪さを感じていたが、夜になってドアのすき間から”秘密の戦士”と名乗る者からの手紙が差し込まれていることに気付く。
それは明らかにピーターによるもので、「24時間以内に部屋を明け渡せ」という内容だった。

翌日、エドは近所に住む友人・ジェリーの家に遊びに行く。
ジェリーの友人であるダニーとゴルフをした際に、エドはピーターの手紙をふたりに見せるが、ふたりは「子供のおふざけだ」と言う。

だが、ピーターは真剣そのものだった。
真夜中にエドの部屋で大音量の音楽を鳴らしたり、エドが集めていたビー玉の入った瓶を割れるように細工をしたりする。

エドはピーターと話し合うが、ピーターは「部屋を明け渡せ。明け渡さないなら戦争だ」の一点張り。
エドも頭に来て、”他の家族に迷惑をかけない”という条件をつけてピーターの宣戦布告を受けることにする。

ピーターはエドのレコードプレーヤーに細工をしてレコードを聞けなくしたり、エドのシェービングクリームを固めてしまったり、エドのコーヒーに激辛成分を入れたりする。

知らずにエドが淹れたコーヒーを持って出勤したサリーは、車の中でそのコーヒーを飲み、隣にいた白バイの警官にコーヒーを吹きかける。

一方、エドはピーターの宿題の作文をふざけた文章に書き換える。
授業中、先生に指名されたピーターは知らずに読んでしまい、他の生徒の前で大恥をかく。

そして、エドはピーターのベッドに細工をし、知らずにピーターがベッドに横になると、ベッドは一瞬でバラバラになる。

ピーターはエドのゴルフクラブに細工をし、知らずにエドがボールを打つとボールはあさっての方向に飛んで車のガラスを割る。

サリーはミアがボーイフレンドのラッセルを部屋に連れ込んでいるのを見つけて激怒し、ラッセルを家からたたき出す。

エドは買い物に行ったスーパーで、セルフレジの使い方を教えてくれた女性店員のダイアンと親しくなる。

サリーはエドにミアとラッセルのことを相談する。
エドは「お前とアーサーもそうだった。そのことでずいぶんケンカした」と言う。

ピーターはエドのベッドに友だちから譲り受けたヘビを放すが、エドが見つけて外に放り投げる。
そのヘビはサリーの車の中に入り込み、運転中に見つけて驚いたサリーが車外に投げ捨てると、そこには先日の白バイ警官がいた。

一方、エドはピーターが仲間と遊んでいたマインクラフトに侵入し、ピーターが作り上げた城を破壊する。

やがて、エドはピーターに直接的な勝負を行うことを提案。
そこでエド、ピーターはともに仲間を集めて子供チームVS老人チームのドッジボールの試合を行うことにする。

序盤は子供チームが有利に展開するが、エドの作戦により老人チームが巻き返し、引き分けで試合は幕を閉じる。

その後、エドはピーターと一時休戦することにし、ピーターを湖に釣りに連れて行く。
始めは嫌がっていたピーターだったが、魚が釣れると大喜びする。

するとボートが近づいてきて「この湖は釣りは禁止されているので罰金を払ってもらう」とエドたちに呼びかける。
驚いたエドとピーターは必死で逃亡。
なんとか監視人からの逃亡に成功したふたりは笑い合う。

帰り道、エドは建築士をしていたころに建てた住宅にピーターを連れて行く。
エドはピーターに「自分が作った家には、わからないようにビー玉を目印に置いている」と教える。

やがてジェニファーの誕生日に友達などを招いてパーティーを行うことになる。
パーティーの日はエドとピーターは休戦を約束する。

パーティーの途中、電飾の明かりが消えたのでエドが屋根の配線をチェックしに行く。
すると電気がショートして火花が散り、エドは立てかけたはしごもろとも地上まで倒れてしまい…。

映画「グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告」の感想

個人的な映画のベスト3にロバート・デ・ニーロの「タクシードライバー」が入っている私としては、ロバート・デ・ニーロが出演する久々の劇場公開作品ということで、本作にはかなり強い関心を持っていました。

加て、共演者にクリストファー・ウォーケンとユマ・サーマンがいるということで、期待値は否が応でも上がりました。
クリストファー・ウォーケンは「デッド・ゾーン」という名作に主演していますし、ユマ・サーマンは私の好きな「パルプ・フィクション」「キル・ビル」に出演していましたから。

ただ、ストーリーが「祖父と孫の同居によって起こる騒動」ということで、少し不安もありました。
こういったジャンルにおいて、我が国では故橋田壽賀子先生のドラマがよく知られているところで、私も幼い頃、橋田壽賀子先生脚本によるドラマを見ていたこともあり、この手の問題はとかく重苦しく辛いものだという感覚を植え付けられてしまったのです。

また、このジャンルには山田洋次監督の「息子」という名作も記憶に残ります。
いい作品なのですが、見た後にたまらなく寂しくなって思わず涙が流れてしまう作品です。

それで、「グランパ・ウォーズ」なのですが、基本、アメリカン・ホームコメディといった感じで、特に深刻な方向に進むことなくストーリーは展開します。
まあ、日本とアメリカの住宅事情の違いを考えると深刻な方向に行きようがないのですが。

ただ、それでも私はこの作品の結末に、いくらかの不安を感じながら鑑賞していました。
ラスト、エドはどうするのか?
「息子」の三國連太郎のように、寂しく独りぼっちの我が家に戻ってしまうのではないか?と。

けれど、そんな不安はまったくの杞憂でした。
エドは居づらさを感じるどころか、新生活を思い切りエンジョイしていたのです…。

「アメリカン・ホームコメディって、本当にいいものですね!」故水野晴郎氏ならそう言うに違いない、そう思いました。

映画「グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告」のスタッフ

監督:ティム・ヒル
製作:マーヴィン・ピアート、フィリップ・グラッサー、ロサ・モリス・ピアート
製作総指揮:サウル・P・“ソニー”・シュワルツ、マット・サロウェイ、クリスティーナ・パパジーカ、エリザベス・クリー、ジミー・ソマーズ、ランドール・エメット、ジョージ・ファーラ、ジョー・ゲルシオン、マイルズ・ネステル、クレイグ・チャップマン、ウェイン・マーク・ゴッドフリー、ロバート・ジョーンズ、ジェーン・ローゼンタール、ベリー・ウェルシュ、トゥレ・ピアート
原作:ロバート・K・スミス『ぼくはおじいちゃんと戦争した』(あすなろ書房)/『おじいちゃんとの戦争』(文研出版刊)
脚本:トム・J・アッスル、マット・エンバー
撮影:グレッグ・ガーディナー
プロダクションデザイン:ジョン・コリンズ
衣装デザイン:クリストファー・ハーガドン
編集:クレイグ・ハーリング、ピーター・S・エリオット
音楽:クリストファー・レナーツ

映画「グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告」のキャスト※()内は日本語吹き替え版キャスト

エド:ロバート・デ・ニーロ(菅生隆之)
ピーター:オークス・フェグリー(松本沙羅)
ジェリー:クリストファー・ウォーケン(立川三貴)
サリー:ユマ・サーマン(魏涼子)
アーサー:ロブ・リグル(志村知幸)
ダイアン:ジェーン・シーモア(塙英子)
ミア:ローラ・マラノ(生田ひかる)
ダニー:チーチ・マリン(辻親八)

映画「グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
pandora ×
YouTube ×

調査した時点では映画「グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

今後アップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいといった状態であることが多いからです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告」の関連作品

出演:ロバート・デ・ニーロのその他の作品

ジョーカー (2019)
監督:トッド・フィリップス
出演:ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ、ザジー・ビーツ他
「バットマン」のヴィラン・ジョーカーがいかにして誕生したかを描く。
母の看病をしながらつつましく生きているコメディアンのアーサー・フレック。
ある日彼は、地下鉄の中でリッチなビジネスマンたちに絡まれ、偶発的に彼らの命を奪ってしまい…。

出演:クリストファー・ウォーケンのその他の作品

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (2002)
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハンクス、クリストファー・ウォーケン他
天才詐欺師フランク・W・アバグネイルの実話を基にした作品。
高校生のフランク・W・アバグネイルは両親の離婚にショックを受け、衝動的に家出。
生きていくためにフランクは、偽造小切手の詐欺を始め…。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
映画「グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービスを調べてみたところ、Amazonプライムビデオ、U-NEXT、TELASA、music.jpという結果になりました。

なかでもU-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
お試しして1ヵ月以内に解約すれば無料ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

U-NEXT

U-NEXTの詳細はこちら

動画配信サービス選びに迷っているなら

タイトルとURLをコピーしました