バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ吹き替えフル動画は無料で見れる?声優は?Dailymotionで見れる?

映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」吹き替えフル動画 洋画

カプコンが発売した世界的大ヒットゲームをより原作ゲームに忠実な形で実写映画化した作品。
アメリカ中西部の街・ラクーンシティを舞台に、製薬会社アンブレラ社の秘密実験の影響でゾンビ化した住民から逃れようと決死の脱出行を繰り広げる若者たちの姿を描く映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」

映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービス

映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」吹き替えフル動画は、U-NEXT、TELASA、music.jpは無料お試し登録時に支給されるポイントを使えば、追加でレンタル料金を支払わなくても見ることができます。

U-NEXTは見放題のタイトルが動画配信サービスの中で22万本以上と最も多く、毎月支給されるポイントで有料のレンタル作品や電子書籍の人気マンガなども楽しめるのでおすすめです。

U-NEXT(吹替版/字幕版)

U-NEXTの詳細はこちら

TELASA(吹替版/字幕版)

TELASAの詳細はこちら

music.jp(吹替版/字幕版)

映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」吹き替えフル動画を無料で見るならおすすめはU-NEXT

U-NEXTは数多くの動画配信サービスを上回る22万本という見放題コンテンツ数を誇り、そのうえ毎月支給される1,200円分のポイント(無料お試し登録時は600円分)を使って有料の最新作を楽しむことができる動画配信サービスです。

アプリによるダウンロードに対応していますので、自宅以外でもスマホやタブレットで映画を楽しむことができます。

加えて、月額料金内で150誌以上の雑誌が読み放題となるほか、ポイントを利用して人気コミックなど70万冊以上の電子書籍を楽しむことができます。
映画を観た後にその原作マンガを読むという楽しみ方もできてしまいます。

U-NEXTはクレジットカード以外に、「携帯キャリア決済」「U-NEXTカード/ギフトコード」で月額料金を支払うことができますので、クレジットカードを持っていなくても楽しめます。

そして、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、お試し期間内に解約すれば料金はまったくかかりません。
31日間あれば、映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」吹き替えフル動画以外にも数多くのコンテンツを無料で楽しむことができますよ。

U-NEXT公式サイトの「まずは31日間無料体験」のボタンをタップして、氏名、生年月日などの情報を入力して簡単な4ステップで無料お試し登録を完了させた後、PCなら右上の検索窓に、スマホならアプリをダウンロードしてアプリ下部の検索アイコンをタップすると移動する検索ページで「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」と入力して検索すれば、作品の個別ページから映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」吹き替えフル動画を見ることができますよ。
吹き替え版/字幕版は再生時に切り替えることができます。

本ページの情報は2022年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

見逃し配信バナー

U-NEXTの詳細はこちら

過去に一度、U-NEXTの無料お試しを利用したことがある方は

過去に一度、U-NEXTの無料お試しを利用したことがあると、残念ながら無料お試しをもう一度利用することはできません。
再登録をしても600円分のポイントはもらえませんし、1ヵ月利用した後でないと1,200円分のポイントはもらえません。

それでは、映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」吹き替えフル動画を無料で見る方法はないのかというと、実はあります。
music.jpには30日間の無料お試し期間があり、お試し登録時に1,600ポイントがもらえるのです。

music.jpは映画のほかに音楽や電子コミックなども楽しめますし、30日以内に解約すれば料金は発生しませんので、映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」吹き替えフル動画を無料で見たいという方はお試ししてみてはいかがでしょうか。

music.jp

映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」の作品情報・あらすじ

映画「バイオハザード・ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」は、カプコンによる大ヒットゲームシリーズ「バイオハザード」の第1作と第2作を基にした作品です。
「バイオハザード」の実写映画化作品としては7作目となり、アメリカでは2021年11月に、日本では2022年1月に劇場公開されました。

監督はヨハネス・ロバーツが務めています。
ロバーツ監督は原作ゲームのファンであることを以前から公言していました。

ヨハネス・ロバーツ監督は本作以前には海洋パニック映画「海底47m」を手がけています。

ヨハネス監督は「ゲームのファンだけのための映画にしたくなかったので、ストーリーとキャラクターを重視して作り上げた」と語り、また、「バイオハザードの世界に息を吹き込みたかった」とも語っています。

「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」のカヤ・スコデラーリオがクレアを、「レディ・プレイヤー1」のハナ・ジョンカーメンがジルを演じています。

本作はミラ・ジョヴォヴィッチが主演した2002年版に比べて、原作ゲームのサバイバル要素を中心とした展開となっています。

本作の登場人物であるクリス、ジル、クレア、レオン、ウェスカー、リサ・トレヴァーは、すべて原作ゲームに登場するキャラです。

クリスとクレアは原作ゲームにそっくりだという声が上がっています。
また、レオンについては原作ゲームでのカッコよさがなくなっており残念、という口コミも見られました。

リサ・トレヴァーは第1作のリメイク版から登場するキャラです。
絶対に倒すことができないトラウマキャラとして原作ゲームのプレイヤーに恐れられていました。

エンディングに登場するキャラであるエイダ・ウォンも原作ゲーム第2作から登場するキャラです。
原作ゲームでは後にレオンと恋愛関係となります。

本作の主な舞台となるスペンサー邸とラクーンシティ警察署は、原作ゲーム第1作・第2作の舞台です。本作の製作にあたり原作ゲームを作ったカプコンからゲーム制作時の資料を提供してもらい、ゲームに忠実なセットが建設されました。

スペンサー邸での暗闇でゾンビと戦うシーンは、原作ゲームにあった恐怖を思い出させてくれた、との声がありました。

ウェスカーがピアノを弾く、ヘリコプターの墜落、怪物と化したウィリアムとの戦いでロケットランチャーを使う、などはどれも原作ゲームにある要素であり、原作ゲームをプレイしたことがある人ならばニヤリとさせられること間違いなしです。

ロバーツ監督はゲーム「バイオハザードRE2」について「素晴らしい映画体験だ」と語っており、そのような世界を描いてみたい、と考えたそうです。

ロバーツ監督は本作の製作にあたり、「要塞警察」「ハロウィン」「ザ・フォッグ」などのジョン・カーペンター監督作品を参考にしたとのことです。

本作はミラ・ジョヴォヴィッチ主演版とは異なり群像劇となっていますが、そのため登場キャラの描き込みが弱い、という口コミも見られます。

本作の主要な撮影はカナダ・オンタリオ州グレーターサドバリーで行われました。

映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」のあらすじ

アメリカ中西部にある街・ラクーンシティ。

製薬会社であるアンブレラ社の関連施設が数多く存在したこの街は、かつてはアンブレラ社の多くの従業員が暮らし活気にあふれていた。

そんなラクーンシティにある”ラクーンシティ養護施設”にクリス・レッドフィールドとクレア・レッドフィールドの兄妹が暮らしていた。
ふたりは両親を失いこの施設に引き取られていた。

ある夜、いつものようにクリスと一緒に二段ベッドで寝ていたクレアは、ふと真夜中に目を覚ます。
寝つけないクレアはわずかに感じた人の気配を追って建物の中を歩き回る。

遊戯室に明かりがついているのを見つけたクレアは部屋の中に入り、明かりが見えたテントに近づいて話しかける。

クレアが名前を尋ねると、テントから腕だけが出てくる。
そこには「リサ・トレヴァー」と書かれていた。
「どこに住んでいるの?」とクレアが聞くと、テントの中の人物は紙に「下」と書いてクレアに見せるのだった。

1998年。
アンブレラ社の施設の大半が別の土地に移転してしまい、ラクーンシティはゴーストタウンのような状態になっていた。

激しい雨の中、ラクーンシティに向かって走るトレーラーの運転席にクレアはいた。
5年前に養護施設から逃亡していたクレアは、ヒッチハイクでトレーラーに乗せてもらい、ラクーンシティに戻ろうとしていた。

クレアに興味津々な運転手がよそ見をしていると、女が飛び出してきてトレーラーと衝突する。

警察に通報すべきというクレアと通報したくない運転手は口論となる。
様子を見ようとふたりが車を降りると、ぶつかったと思われる人物はどこにもおらず、ただ血だまりがあるだけだった。

運転手は「立ち去るくらいだからたいしたケガではないだろう」と言って、その場から車を出すことにし、仕方なくクレアも同乗してラクーンシティに向かう。

ラクーンシティのダイナーでは、ラクーンシティ警察のアルバート・ウェスカー、ジル・バレンタイン、クリス・レッドフィールドたちが休憩を取っていた。

ウェスカーとジルが新人のレオンにちょっかいを出していると、同僚のケヴィン・ドゥーリーとエンリコ・マリーニが店に入って来る。
ふたりは郊外にある大邸宅だが空き家のスペンサー邸で人が亡くなっているという通報を受けて、これから調査に行くところだという。

その後、ウェスカーとジルは署に戻り、クリスは家に帰ることにする。
会計の時、店主の目から血が出ていることにクリスは気付く。

一方、ラクーンシティに着いたクレアは、クリスの家に向かう。
クリスは留守で、クレアが家のドアをノックしていると、隣家の親子がクレアのことを見る。
その親子はどちらも頭髪が抜け、病気にかかっているようだった。

ドアを壊して家の中に入ったクレアが部屋の様子を見ていると、クリスが帰宅する。
クリスは、クレアが5年間、何の連絡もしなかったこととドアを壊して不法侵入したことを責める。

謝罪もそこそこにクレアは、ビデオテープを取り出して再生する。
それはパソコン通信でアンブレラ社の違法行為を告発しているベン・ベルトルッチが話している映像だった。

彼は「アンブレラ社は毒をたれ流し、そのせいでラクーンシティの住民は病気になっており、数日前には毒よりももっと危険なものが流出した」と語っていた。
クリスはその話をまったく信じず、「陰謀論だ」と切り捨てる。

その頃、アンブレラ社の研究員であるウィリアムの元に電話がある。
電話を切ったウィリアムは、妻子を車に乗せて走り出す。

そして、街には深夜にも関わらずサイレンが鳴り響き、「家から出るな」というアナウンスが流れる。
それを聞いたクリスは警察署に向かう。

クリスの家に残ったクレアだったが、さきほど見かけた隣家の母親が、突然、猛烈な勢いで家に侵入してきてクレアに襲いかかり…。

映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」のスタッフ

監督:ヨハネス・ロバーツ
製作:ロバート・クルツァー、ジェームズ・ハリス、ハートリー・ゴーレンスタイン
製作総指揮:マルティン・モスコヴィッツ、ヴィクター・ハディダ、ジェレミー・ボルト、ポール・W・S・アンダーソン
アソシエイトプロデューサー:小林裕幸
脚本:ヨハネス・ロバーツ
撮影:マキシム・アレクサンドル
プロダクションデザイン:ジェニファー・スペンス
編集:デヴ・シン
音楽:マーク・コーヴェン

映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」のキャスト※()内は日本語吹き替え版キャスト

クレア・レッドフィールド:カヤ・スコデラーリオ(ファイルーズあい)
ジル・バレンタイン:ハナ・ジョン=カーメン(沢城みゆき)
クリス・レッドフィールド:ロビー・アメル(木村昴)
アルバート・ウェスカー:トム・ホッパー(日野聡)
レオン・S・ケネディ:アヴァン・ジョーギア(梶裕貴)
ブライアン・アイアンズ:ドナル・ローグ(堀内賢雄)
ウィリアム・バーキン:ニール・マクドノー(平田広明)

映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで視聴することはできる?

Dailymotion ×
pandora ×
YouTube ×

調査した時点では映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」フル動画をDailymotion、pandora、YouTubeなどで見ることはできませんでした。

今後アップロードされることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。
それは、こういった無料動画サイトにアップロードされた動画は画質が悪い、画面サイズが小さい、本編がいくつかに分割されている、中国語字幕が全編に入って見づらいといった状態であることが多いからです。

また、違法ダウンロードサイトなどでダウンロードすると、コンピュータウイルスに感染したりスパイウエアをダウンロードさせられてしまったりします。

映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」フル動画を見るなら、高画質で危険のない動画配信サービスの利用をおすすめします。

映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」の関連作品

バイオハザード (2002)
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ミシェル・ロドリゲス、エリック・メビウス他

バイオハザード II アポカリプス (2004)
監督:アレクサンダー・ウィット
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、シエンナ・ギロリー、ジャレッド・ハリス他

バイオハザード III (2007)
監督:ラッセル・マルケイ
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、オデッド・フェール、アリ・ラーター他

バイオハザード IV アフターライフ (2010)
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、キム・コーツ他

バイオハザードV:リトリビューション (2012)
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ミシェル・ロドリゲス、シエンナ・ギロリー他

バイオハザード:ザ・ファイナル (2016)
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、ショーン・ロバーツ他
「バイオハザード」シリーズ第6作にして完結編となる作品。
すべての始まりの地・アンブレラ社の研究施設”ハイブ”を舞台に、アリスの人類を救うための闘いが始まる…。

映画 モンスターハンター (2020)
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、トニー・ジャー、ティップ・“T.I.”・ハリス他
「バイオハザード」シリーズと並ぶカプコンの世界的ヒットゲーム「モンスターハンター」を実写映画「バイオハザード」シリーズの監督・主演コンビで実写映画化した作品。

出演:カヤ・スコデラーリオのその他の作品

テッド・バンディ (2019)
監督:ジョー・バーリンジャー
出演:ザック・エフロン、リリー・コリンズ、カヤ・スコデラーリオ他
実在の連続殺人犯であるテッド・バンディの姿を描く作品。
1969年、シングルマザーのリズはハンサムなテッド・バンディと知り合い、リズの娘と共に幸せな日々を送っていたが…。

出演:ハナ・ジョン=カーメンのその他の作品

レディ・プレイヤー1 (2018)
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:タイ・シェリダン、オリヴィア・クック、ベン・メンデルソーン、ハナ・ジョン=カーメン他
アーネスト・クラインによる小説「ゲームウォーズ」を原作とする作品。
2045年。
人々は悲惨な現実から逃避するため、VRワールド”オアシス”に熱中していた。
少年・ウェイドは、オアシスで行われる一攫千金の宝探しゲームに挑戦し続けていたが…。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」吹き替えフル動画を無料で見れる動画配信サービスを調べてみたところ、U-NEXT、TELASA、music.jpという結果になりました。

なかでもU-NEXTは日本の動画配信サービスの中では一番見放題作品が多いですし、雑誌の読み放題や人気マンガなど電子書籍のサービスもあり、大変コスパの高い動画配信サービスです。
お試しして1ヵ月以内に解約すれば無料ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

見逃し配信バナー

U-NEXTの詳細はこちら

動画配信サービス選びに迷っているなら

タイトルとURLをコピーしました